プレミアムベース小村です。

さぁ、いよいよ届きましたよ。Ibanezの2024年モデル。
既に海外サイトでは年明け早々にお披露目がされていましたが、いったいどれが日本に…と、心躍らせてました。
(自分が使ってるっていうのを抜きにしても、販売員としても毎年楽しみにしてます。)

第一弾として、待望ラインナップとなったエレアコフレットレスの解禁から約2か月…第二弾モデルも解禁となりました。
今回はベースが多めなので嬉しいですね~。

フロントPUまで伸びた指板とボディに開いた3つの穴が特徴的なSRです。
その名もSRD。Bass Workshopでラインナップされる、フレットレスベースです。
"D"は…意志や公道最速伝説ではなく、"Duo"という意味です。
今もご好評のSRFシリーズとSRHシリーズの要素を合体させたのが当モデルです。
(SRFとSRHのデュオということで…SRD。なるほどな~ってなるでしょ?)

ということで各部に迫ってみましょう。
まずはボディですが、正面から見て左側はガッツリと内部がくり抜かれています。
(ちなみに根強いSRファンなら…このホール形状もグッと来るんじゃないかと。もはや懐かしいですね。)
このボディはエキゾチックメイプルトップ/オクメバックを採用。
半艶の赤系バーストカラーで華やかな仕上がりです。

電送周りに目を向けると…マグネットPUとピエゾPUを組み合わせた仕様です。
このあたりはSRFの色が濃い印象を感じますね。
ちなみにそれぞれパーツはグレードアップされていて、マグネットPUはNordstrand、ピエゾPUは自社製ですが、ブリッジが各弦独立タイプとなっています。

続いてネック周りは6点留めのボルトオン構造となっています。
ネック材はメイプル/ウォルナットを組み合わせる5ピース材、指板は最早当ブランドではお馴染み、パンガパンガ材を使用しています。
(これ、ウェンジとかに近い材だそうです。)

そしてここからはフレットレス的仕様をクローズアップ。
指板上のフレットラインは黒色で指板の両端に跨る形で、インレイはオーバルインレイが各ポジションに入れられています。
そして指板サイドのドットはフレットラインの真上に。
ここはプレイヤーによって本当に好みが分かれる部分になりますが…SRFとSRHの要素を上手く組み合わせて対応しています。

使う場面はさておき、フレットレスっていつか個人的に持ってみたいな~って思ってるんですよね。
書くにあたって触ってみましたけど…良いな、もうコレにしよかな(笑)
コレと"コムベース"があったら十分な気がしてます(笑)

そうそう…実は今年、Bass Workshopが誕生10周年なんです。
そしてこのシリーズをあっという間に浸透させ、今まで続かせたのはやはりSRFの存在が大きいかと思います。
シリーズ10周年に華を添える、本当に良いモデルだなぁと思います。
是非、手に取ってみて下さい。

OTHER REVIEWSこのスタッフの他のレビュー

  1. 小村 拓摩のレビュー画像
    小村 拓摩

    小村 拓摩

    プレミアムベース大阪

  2. 小村 拓摩のレビュー画像
    小村 拓摩

    小村 拓摩

    プレミアムベース大阪

  3. 小村 拓摩のレビュー画像
    小村 拓摩

    小村 拓摩

    プレミアムベース大阪

  4. 小村 拓摩のレビュー画像
    再生ボタン
    小村 拓摩

    小村 拓摩

    プレミアムベース大阪

  5. 小村 拓摩のレビュー画像
    小村 拓摩

    小村 拓摩

    プレミアムベース大阪