プレミアムベース小村です。

さて、本日はこちら。
各所で話題を集めるKikuchi Guitarsです。ブランドが発表されてもうじき1年なんですね。
日本を代表するルシアー菊地嘉幸氏による新ブランドということで、かなり話題を集めましたし、今も話題となっているのは皆さんもご存知かと思います。
当初はカスタムモデルからスタート、それに続いてリリースされたのが、こちらのHermesシリーズ。
Customシリーズ、そして他ブランドで培ったノウハウを余すことなく投影し、広く様々なプレイヤーが手に取れる楽器。というテーマが掲げられるモデルです。

HermesシリーズとCustomシリーズの違いですが、基本の部分は共通していて…
ハードウェアはヒップショット製。
電装はディマジオのハムキャンセルJタイプとパッシブトーン+トレブル/ベースブーストという仕様のオリジナルアクティブサーキットを組み合わせています。

で、大きく違うのがボディ。

Customシリーズではソリッドとチェンバーの2つのボディ構造が存在。
モノによってはトップ材も貼られていますし、マホガニーやアユース等、ちょっとユニークな材も採用例があります。
一方、Hermesシリーズはアルダーとアッシュの2種類が用意され、ソリッドボディのみとなっています。

シンプルなスペック、かつエレキベースとしてはポピュラーなソリッドボディを採用することで、価格帯という点はもちろんの事…サウンドの方向性も親しみやすいのが魅力だと思います。
僕が実際に自分で使うってなったら…ジャンル柄もあるんでしょうけどコッチの方が好きだな~。
(もちろん、Customシリーズの魅力もある上で、という前置きは付け加えますよ。)

それと、Customシリーズもそうなんですけど…このブリッジを付けているからか、ちょっと鳴り方がしなやかな印象です。
手元のEQもフラットが基準となるのはわかってるんですけど、チョイブースト程度なら逆に「っぽい感じ」出るんじゃないかなぁ。
(適度なアクティブ感ってやつでしょうか。なかなか表現難しいですけど…。)
いつか機会があれば…比較もやってみたいですね。

まだまだ全国流通も少ないですが…今なら当店、アッシュ/メイプルも2本あって当機と比べられます!
こうして並ぶのも今の内?是非、お試しください。

OTHER REVIEWSこのスタッフの他のレビュー

  1. 小村 拓摩のレビュー画像
    小村 拓摩

    小村 拓摩

    プレミアムベース大阪

  2. 小村 拓摩のレビュー画像
    小村 拓摩

    小村 拓摩

    プレミアムベース大阪

  3. 小村 拓摩のレビュー画像
    小村 拓摩

    小村 拓摩

    プレミアムベース大阪

  4. 小村 拓摩のレビュー画像
    小村 拓摩

    小村 拓摩

    プレミアムベース大阪

  5. 小村 拓摩のレビュー画像
    小村 拓摩

    小村 拓摩

    プレミアムベース大阪