Two-Rockファミリーの最新アンプにして、ブランドが考える伝統への強いこだわり、ヴィンテージのトーンと感触へのこだわり、そしてモダンなデザインへの愛情の結晶と言う言葉を体現する、The Vintage Deluxe!

The Vintage Deluxeは、同じサイズとコントロールながら、6L6 GZ34整流管バージョンの35Wと、6V6x4 ソリッド整流回路の20&40W切替バージョンの2つのラインナップからなります。
敢えてこのパワー部を用意する事にはもちろん意味があり、各モデル毎ならではのトーンがある事は間違いありません!
6L6のウォームでナチュラルなコンプレッション感とTwo-Rockならではともいえる抜群のレスポンス良いサウンドももちろんですが、他機種ではあまりプロダクトに連ねない6V6を敢えて4本使用し、40Wを持ち合わせるこのコンセプトは、あの22Wスタイルの持つレスポンスとアタックでありながらも、40Wのフルパワーで使用すれば、豊かなパワーヘッドルームによる余裕感からも、この音の意味を直感出来るはずです。
もちろんハーフパワーモードを使用すれば、適度な音量でパワーチューブサチュレーションを得る事も可能にし、一台で6V6の持つ極上サウンドを余す事無く味わい尽くす事が出来るでしょう。

搭載されるコントロールもとてもユニークで、新たなTone Stack Switchは、フロントのトーンセクションをバイパスしながらも、背面に搭載されるTone Stack Adjustがシングルトーンとして機能し、全く異なるトーンキャラクターを瞬時に呼び出す事が出来ます。更に新たに搭載されたTexture Switchは、ノーマルのソフトタッチのキャラクターから、繊細で倍音感豊かな手触りを体現するサウンドに変化させる事で、同じアンプとは思えないほどの表情豊かなサウンドまでを弾き出し、このアンプの持つ高いポテンシャルと奥深さを感じさせる事でしょう!

このネーミングの名を冠し、バイアストレモロとチューブリバーブの搭載は、至極のアンプを産み出すTwo-Rockが求めたMid 60s Vintageへの回答を是非!
今回ご紹介の写真の本機は、プレミアムギターに入荷した6V6仕様の40Wバージョンでスエードカバーリング&ブラウンパネルとオシャレな一台!こちらも是非!

OTHER REVIEWSこのスタッフの他のレビュー

  1. 鈴木 健太郎のレビュー画像
    鈴木 健太郎

    鈴木 健太郎

    ギターズステーション

  2. 鈴木 健太郎のレビュー画像
    再生ボタン
    鈴木 健太郎

    鈴木 健太郎

    ギターズステーション

  3. 鈴木 健太郎のレビュー画像
    鈴木 健太郎

    鈴木 健太郎

    ギターズステーション

  4. 鈴木 健太郎のレビュー画像
    鈴木 健太郎

    鈴木 健太郎

    ギターズステーション

  5. 鈴木 健太郎のレビュー画像
    鈴木 健太郎

    鈴木 健太郎

    ギターズステーション