Two-Rock TS-1 100/50W HEAD

サウンドメッセ出展品のシルバーシャーシ&ブロンドトーレックスがギタステに、同じくシルバーシャーシのブラックパネルがプレミアムギターズに入荷しましたので是非!

ブティックアンプのトップブランドに位置すると言っても過言ではないTwo-Rock!
国内外問わず、多くのアーティスト達のサウンドを支え、近年の作品の中でも耳にする機会も増えている事と思いますが、そのTwo-Rockブランドの中にも各モデル毎にコンセプトは異なります。
今回紹介させていただくTS-1は、故タクサカシタ氏がToneSecretと呼んだ理想のサウンドを体現したと言えるモデル!
芯となるサウンドはもちろんTwo-Rockと言えますが、多くのフォロワーあ求めるJohnMayerに象徴されるようなシルキータッチのサウンドと比較すると、よりタイトでハリのある生々しいサウンドキャラクターが特徴と言えるでしょう。
代名詞となったCustom Reverbの様なリバーブ回路は持たずに、よりピュアなアンプのサウンドを色濃く残したいとされたTS-1は、プロダクト中でもよりダイレクトなピッキングニュアンスを求めるプレイヤー向きとも言えます。

初期モデルでは、入力ジャックによりFET回路を介ししてプリアンプセクションに入力するかを選択するデュアルインプットを採用していました、現在はミニスイッチによるON/OFF(Foot SWでも可能)とブーストレベルを任意に調整可能なFET GAINも搭載し、より幅広いサウンドメイクを可能にします。

更に特筆は背面に介されたループセクション。
Two-Rockのプロダクトは、Send&Returnはサウンドを優先する為に基本パッシブループを採用しますが、アンプのドライブを使用する際には、インピーダンスマッチとセンドレベルの調整を行う為に、Effect Loop Interfaceを使用する事が必要でした。
このNEW TS-1は、そのEffect Loop Interfaceの機能をアンプ内に搭載し、各ミニスイッチでのON/OFFまで可能にし、エフェクトを使用しない方はOFFでのダイレクトサウンドを、ディレイ等を使用する方にはONにする事で、レベル&インピーダンスマッチを行う事が出来る正にオールインワン!更にマスターボリュームとしても使用出来ますので、より幅広いステージでの使用を可能にする至高の一台となりました!
もっと詳しく知りたい方は、店頭までお問い合わせ下さい!

OTHER REVIEWSこのスタッフの他のレビュー

  1. 鈴木 健太郎のレビュー画像
    鈴木 健太郎

    鈴木 健太郎

    ギターズステーション

  2. 鈴木 健太郎のレビュー画像
    鈴木 健太郎

    鈴木 健太郎

    ギターズステーション

  3. 鈴木 健太郎のレビュー画像
    鈴木 健太郎

    鈴木 健太郎

    ギターズステーション

  4. 鈴木 健太郎のレビュー画像
    再生ボタン
    鈴木 健太郎

    鈴木 健太郎

    ギターズステーション

  5. 鈴木 健太郎のレビュー画像
    鈴木 健太郎

    鈴木 健太郎

    ギターズステーション