世界で活躍するShinsMusic による究極ワウをご紹介します!

名は体を表すと言っても過言ではないDelicious Vintage Wahは、耳障りな高域成分は抑えつつも中低域の過度な膨らみも無い、ギタープレイを歌うように表現する滑らかな効き具合とシルキーでヴィンテージフィール溢れるトーンがとにかく秀逸で、踏み心地もワウペダルにありがちなガクガクとした感じでは無く、適度な粘り(表現が難しいですが…)があって微妙なコントロールをペダルに伝えやすいのも素敵な、正にデリシャスなワウと言えるでしょう!

パーツセレクトにおいても一切の抜かりは無く、インダークターからポットに至るまで、現場直系のShin's Musicならではの拘りから産み出されるワウトーンは、ヴィンテージフィールをふんだんに感じながらも、バンドアンサンブルの中でも使い易い帯域を持ち、バッキングからソロトーンまで貴方の思い描く感情を表現するのに唯一無二と言える相棒となり得るはずです!

更に特筆すべきは、ワウとしては電池内蔵でも850gを切る、比較的軽量の筐体!
一般的なワウペダルは、1,500g程度となる物も多く、もちろん踏むためのペダルとしての安定感としては有利かもしれませんが、ワウは使いたいけど、ズシリとするその重みに持ち込みを悩んでしまう方も少なくは無いと思います。。
そんな悩みを解消するかの如くの軽量ボディーは。機動性抜群で本機の優位な点と言えるでしょう。
そのオリジナル筐体を使用する利点としてもう一つ上げられるのは、エフェクトオン時のインジケーターがつま先部分と、フロントのブランドエンブレムの両方に搭載されている事。
ワウは踏み込むペダルとなるので、ご利用になる靴の大きさによってはつま先で隠れてしまったりと視認性が確保できない場合もありますが、筐体前面のブランドプレート部分も発光するので、暗転した際にはつま先側の広い範囲で発光確認出来、何かを設置していればその反射でON/OFFが視認出来るのもステージパフォーマンスでの強い味方になりますね!

音は持ちろん、細部に渡って現場直系のノウハウが詰め込まれたDelicuiou Vintage Wahの実力を是非!

OTHER REVIEWSこのスタッフの他のレビュー

  1. 佐藤 勝彦のレビュー画像
    佐藤 勝彦

    佐藤 勝彦

    ギターズステーション

  2. 佐藤 勝彦のレビュー画像
    佐藤 勝彦

    佐藤 勝彦

    ギターズステーション

  3. 佐藤 勝彦のレビュー画像
    佐藤 勝彦

    佐藤 勝彦

    ギターズステーション

  4. 佐藤 勝彦のレビュー画像
    再生ボタン
    佐藤 勝彦

    佐藤 勝彦

    ギターズステーション

  5. 佐藤 勝彦のレビュー画像
    佐藤 勝彦

    佐藤 勝彦

    ギターズステーション