宮永

宮永

今回スポットを当てるのは「モニタースピーカー」

①音楽制作(作曲、レコーディング~仮ミックスあたりまで)
②音楽制作(ミックス、マスタリング)
③リスニング(完成した楽曲を聴く)

宅録派の宮永としては、モニターを選ぶ際のポイントは上記の3段階の工程に分けて、それぞれ
①「勝つのは…」バサッ 「俺だ!」
求めるのは自分に酔いしれ突き進む力
「アタシ、カッコイイんじゃない?ヒューヒュー!」と思える音

②「ほうら、凍れ」「スケスケだぜ!!」
求めるのは自分の弱点まで見透かすインサイト
フラット!ニュートラル!色付けなしの自然な音

③「やるじゃねーの」
求めるのは宿敵の魅力を正しく捉え、かつ楽しめる余裕
聴き疲れしない、高域があまり痛くない音、音量小さめでも自然なバランス

が大切!

主観による宮永調べではこんな感じ

ADAM Audio A7V
①⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎
②⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎
③⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

ADAM Audio A4V
①⭐︎⭐︎⭐︎
②⭐︎⭐︎⭐︎
③⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

EVE Audio SC203
①⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎
②⭐︎⭐︎
③⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

EVE Audio SC204
①⭐︎⭐︎⭐︎
②⭐︎⭐︎
③⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

EVE Audio SC205
①⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎
②⭐︎⭐︎⭐︎
③⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

アダムは前モデルA5X/A7Xより遥かに高音質となり、発売時A4Vが欲しい!と思ったが、ある日ウッドベースどーん なジャズで聴き比べて、その豊かな量感でA7Vに夢中に!
だがしかし、我が師カミュ、置き場所が…

イブのSC203はこの小ささでも強烈に良い音でコレも欲しい!

皆DSPで音質調整可能なので、それぞれの用途で追い込めば最適な音質で使えそう
あ、A4V/A7Vは遂にスピーカーキャリブレーションの定番Sonarworks対応のコントロールソフトがリリースされたので、更に追い込めそう

(余談)
・伊武くん推しのはずが跡部様に喰われてしまったでおじゃる
・SK∞ エスケーエイトのアダム(テラ子安!)と迷ったが、やはり長年愛し続けてるダム様に登場していただいた
・宮永語録「モニターに色付けあるのは"サングラスかけて水彩画を描く"のと一緒」
 自分の出す色味を見ながら塗れないから思い通りの絵にならない、の意

OTHER REVIEWSこのスタッフの他のレビュー

  1. 宮永のレビュー画像
    宮永

    宮永

  2. 宮永のレビュー画像
    宮永

    宮永

  3. 宮永のレビュー画像
    宮永

    宮永

  4. 宮永のレビュー画像
    宮永

    宮永

  5. 宮永のレビュー画像
    宮永

    宮永