WAVES

REDD(オンライン納品)(代引不可)

ポイント
1% 還元
  • 新品
  • 店舗受取不可
  • 送料無料

商品番号 500260

JAN : 4533940050928

メーカー希望小売価格 ¥ (税込)

販売価格 ¥39,710 (税込) 10%OFF

獲得予定ポイント:
361pt(1%)

注文数:

販売価格 ¥39,710 (税込)

カートに入れる

決済利用不可: 代金引換

配送日目安:1~3営業日以内にメール納品予定
  • 商品説明
  • 仕様詳細
■オンライン納品製品に関する注意事項
※こちらの製品は全てオンライン納品専用となっています。

・製品シリアルナンバー及びダウンロード手順説明PDFは当店よりEメールにてお知らせ致します。
・プラグイン本体及びマニュアルはメーカーサイトよりダウンロードして頂く必要があります。
・シリアルナンバーは、オンラインで納品され、品物はご自宅に配送されません。
・オンライン納品製品という性質上、一切の返品・返金はお受け付け致しかねます。
・支払方法は代金引換決済はご利用頂けません。
・メーカーサイトのメンテナンス時など、シリアル発行まで数日かかる場合がございます。平常時はご決済完了後、1~3日以内に発行させていただきます。

以上、予めご了承の上ご注文下さい。
-----

※最新の動作環境はメーカーサイトにてご確認の上、お求めください。


★60年代アビーロード・スタジオに常設され無数の名盤を刻んだコンソールREED17、現在L.クラビッツ所有のREDD37サウンドを再現

ロンドンのAbbey Road Studioは、1960年代のポップ・カルチャーの新たな潮流、ロック・ミュージックの震源地でした。The Beatles, The Hollies, Pink Floydをはじめ数々の光輝く先駆者が音楽の歴史を刻み、今日まで続くレボリューションが生まれた場所がAbbey Road Studioです。

そのAbby Road Studioで名盤を刻んだコンソール・デスクの持つカラー、キャラクター、複雑なトーン構造をWavesが緻密に再現しました。

Abbey Road REDD Consolesでは、今もAbby Road StudioにあるREDD.17コンソールと、Lenny Kravitzが現在所有しているREDD.37コンソールを再現しています。印象深いクラシック・コンソールの豊かな深み、奥行きを最新のDAW上でも再現可能です。

■特徴
・伝説のREDD.17, REDD.37, REDD.51コンソールを再現
・1960年代のクラシック・ブリティッシュ・サウンド
・コンティニュアス・EQコントロール
・Abbey Road Studioによる開発協力

■コントロール
・Amp Type:アンプのタイプを選択(REDD .37-.51のみ)
・Channel Select:チャンネル・コンフィギュレーションの設定
・Bass Lift:双指向性コンデンサー・マイク使用時の低域のロスを補正する9dB ローシェルビング・コントロール
・EQ Select:EQタイプ(Classic、Pop)の選択。ClassicトレブルEQ10kHzをシェルフでブースト・カット。Pop EQは約5kHzをセンター周波数にピーク・ブースト、10kHzをセンター周波数にシェルビングでカット。両EQともにセンター周波数100 Hzで10dBブースト・カット(REDD .37-.51のみ)
・Tone High:高域のシェルビングEQをコントロール
・Tone Low:低域のシェルビングEQをコントロール
・Monitor:モニター出力のソースを設定
・Spread:ステレオ処理のモード選択(ステレオ信号のみ)
・Drive:信号に付加するドライブ量をコントロール。値の上昇に伴い歪み量が増加。
・Analog:モデリングしたノイズ、ハムの量をコントロール
・Output:出力レベルをコントロール
・VU Meters:出力レベル(VU)を表示

※動作条件につきましては、メーカーの最新情報をご確認の上ご購入下さい。

●REDDコンソールとは

1931年のスタジオ開設以来、Abby Road Studioは世界でトップクラスのレコーディング・クオリティーにこだわり続け、革新的な技術を発信する存在でもありました。EMIのREDD (Recording Engineer Development Department: レコーディング・エンジニア開発部)は1955年、後に急成長するステレオ・フォーマットに対応するため、Abby Roadの技術エンジニア Lenn Pageによって設立されました。REDDの尽力により、1年足らずのうちにREDD.1コンソールが誕生しました。

REDD.1はAbby Road Studioの最初のステレオ・ミキシング・システムで、REDD.8ミキサーとアンプや他のコンポーネンツが収められたラックで構成されていました。1957年、後継機種となるREDD.17がEMIのドイツ関連会社であるPeter Burkowitzによって設計されました。REDD.17は8チャンネルある各チャンネルに、今日、私達がミキシング・コンソールにあって当然と考えるEQを初めて搭載したコンソール・デスクでした。

翌年の終わりには、4トラック録音の人気の高まりを受け、シリーズ3機種目となるREDD.37がリリースされました。REDD.17、 REDD.37ともに伝説的なSiemens V72真空管アンプを備えていました。REDD.37では少なくとも31台のV72が使用されていました。REDD.37に続き、V72よりヘッドルームが大きく歪が少ないREDD.47アンプ搭載のREDD.51が誕生しました。

このモデルは1959年に誕生したものの、1963年まではAbby Road Studioでの活躍の機会は無く、1968年に4台の.51デスクが製造され、以降EMIの次世代ソリッド・ステート・8/16トラック・コンソール、TGシリーズにゆっくりと移行していきました。

  • ※説明文中の価格・スペック等は掲載時点の情報であり、現状とは異なる場合がございます。
  • ※商品は店頭及び外部ECでも併売しておりますため、ご注文のタイミングによっては完売となっている場合がございます。
  • ※在庫は遠隔倉庫に保管している場合もございますので、表示されている取扱店舗にご用意が無い場合がございます。

CUSTOMER
REVIEWSお客様の声

レビューはログイン後、ご入力いただけます。

REVIEWSこの商品をおすすめしているスタッフの投稿

YOU MAY ALSO LIKEこちらもオススメ

URLをコピーしました。