#ドラステ松山の比べてみました「コスパ最強のメイプルスネアドラム」 |Ikebe MUSIC
会員情報 {@ member.last_name @} {@ member.first_name @}様 ({@ member.stage_name @}ランク)
有効ポイント {@ member.active_points @}pt

ロゴ画像

list 詳細検索

ドラムステーション大阪プレミアム 松山です!今回は、コスパ最強のメイプルスネアドラム2台を徹底比較していきます!!

CANOPUS MO-1455DH:Smoky Violet Oil【Die Cast Hoops仕様】(写真左)
GRETSCH S1-0514-MPL【Full Range Snare Drums / Maple 14 x 5】(写真右)
 
一言でメイプルスネアと言っても、数えきれないほどの種類がありますが、今回はシェルの厚みがメイプル10プライ、そしてダイキャストフープが装着されているモデルをピックアップしてみました!

深さが0.5インチ違いますが、どちらも標準的な口径ですので、初めての一台を探されている方も是非参考にしてみてくださいね^^


まず、CANOPUSの方は、シェルの鳴りを最大限に引き出すために、オイルフィニッシュは極薄に仕上げられ、90度のベアリングエッジが施されています。メイプルの持つパワーが直に反映される作りです。

反対に、GRETSCHの方は、非常に温かみのあるサウンドが特徴で、ベアリングエッジは30度に施されており、レスポンスは若干劣りますがグレッチらしいルーズな音色が心地良いサウンドを演出します。

実際にできるだけチューニングを近付けて叩いてみました!動画をご覧ください↓
 

 
二台とも、根底にあるメイプルらしい明るいサウンドに、それぞれメーカーの特性がプラスされていることがよくわかりました!

抜けの良いタイトなアタック感を求める方にはCANOPUS、繊細なタッチで落ち着いた響きを求める方にはGRETSCHがおすすめです!CANOPUSはピッチが高くトーンも明るい一方で、GRETSCHはピッチが低くトーンも暗めであることが際立ちますね。

CANOPUSの音色は存在感がありドラムセットやシンバルにも埋もれにくく、何より抜けの良い出音がとっても気持ち良いんです、、スカッとします!(笑)音量感もあり、特にロックやポップス等に最適です!

GRETSCHはまさにジャズ等で求める繊細な音色が表現でき、浅胴ながら深く上品なサウンドは格別です。。グレートグレッチサウンドですね!

同じ木材が使われた同じ厚みのシェルでも、こんなにも音が違うということ、伝わりましたでしょうか!?私自身も驚いています。二台とも、木目が見える木材らしいルックスがとってもかわいいです^^

ジャンル問わずドラムセットや楽曲に馴染みやすい、スネアドラムのシェルに使用される木材としては最もスタンダードな “メイプル”。今回ご紹介した二台とも、素材の魅力が詰まった、良い意味でクセのない扱いやすいモデルです。初心者の方から上級者の方までおすすめです!以上、今回は、

CANOPUS MO-1455DH:Smoky Violet Oil【Die Cast Hoops仕様】
GRETSCH S1-0514-MPL【Full Range Snare Drums / Maple 14 x 5】
この2台を徹底比較しました!スネア選びの参考にしていただけると幸いです(^^♪

商品についてのご質問等はお電話またはメールでも承っておりますので、お気軽にご連絡下さいませ!

ドラムステーション大阪プレミアム
〒542-0086 大阪府大阪市中央区西心斎橋1-9-17 田万ビル 4F
営業時間 11:00~20:00
Tel : 06-6210-3969 / Mail : ds_osaka@ikebe.co.jp
Twitter : https://twitter.com/drumstation_osk
Instagram : https://www.instagram.com/ikebe_osakapremium/

  関連カテゴリから記事を探す