心斎橋プレミアムベースのおすすめブランド!!

心斎橋プレミアムベースのおすすめ情報!!


心斎橋プレミアムベースの今月の下取買取強化ブランド!





配送料をプレミアムベースが負担する宅配買取もご利用ください!
先ずはお気軽にお問い合わせ下さい!
tel:06-6253-0061担当:ヤマモト
 

心斎橋プレミアムベースが提案する“今日の逸品”!

メキシコ製フェンダーの新シリーズ"Vintera"のムスタングベースをご紹介!このベースならではの魅力は当機でもしっかりお楽しみいただけます!
2/22(土)
『メキシコ製フェンダーの新シリーズ"Vintera"のムスタングベースをご紹介!このベースならではの魅力は当機でもしっかりお楽しみいただけます!』

プレミアムベース小村です。2が3つ並びでニャン・ニャン・ニャン…ということで猫の日だそうですね。この強引な語呂合わせ、なかなか好きです(笑)愛猫家の皆さん、今日は良い1日にしてください。

さて、ここ数日、佐々木が熱心にフェンダーをご紹介していましたので…本日は僕もフェンダーをご紹介します!こちらはムスタングベース。小振りなボディとショートスケールが由来する操作性の良さと可愛らしいルックス、そしてどこか柔らかさが感じられる独特のサウンドが根強い支持を集めていますね。そんなムスタングベースですが、ここ最近はフルサイズのベースのピックアップを用いた"PJレイアウト"のモデルが多かったのですが…メキシコ製フェンダーの新シリーズ"Vintera"にて、昔ながらのスタイルが登場しました。

当Vinteraシリーズは「VINTAGE STYLE FOR THE MODERN ERA(現代のヴィンテージスタイル)」というスローガンが掲げられており、1966年に産声を上げたムスタングベースがしっかりと再現されています。ボディ材にはトーンウッドの王道"アルダー"、指板は昔ながらの7.25Rにヴィンテージサイズのフレットを打ち込んだパーフェロー、ネックには60年代中期のグリップシェイプをプロファイリングしたメイプルを使用しています。ピックアップはもちろんムスタングベースならではの小振りなスプリットコイルPUを搭載しています。そうそう、この時期に誕生したモデルということで、オリジナルと同様、ペグは"ロリポップ"です。さすがオリジネイター。ファンの心を上手く突いてきますね(笑)そこから生まれるサウンドは、今も愛されるムスタングベースの音そのものです。ショートスケール特有のポコッとした柔らかさとフェンダーらしい音の塊感はこれだからこそ出せるのでしょうね。

僕も身近な人間にムスタングベースユーザーがいるのですが、たまに触らせてもらうと本人より夢中になってしまうことが多々有ります。そんな"どこか惹かれる"ところが根強い人気の所以なのかもしれませんね。当機でもその魅力は十二分にお楽しみ頂けます。是非、手に取ってみてください。

↓詳細はショッピングページにて!↓

Fender MEX
Vintera '60s Mustang Bass (Seafoam Green/Pau Ferro) [Made In Mexico]
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/666058
70年代中期のジャズベースを再現する、American Original '70 Jazz Bassのご紹介!締まる低音と抜ける高音、それをしっかり繋ぐ中音が気持ち良い逸品です!
2/21(金)
『70年代中期のジャズベースを再現する、American Original '70 Jazz Bassのご紹介!締まる低音と抜ける高音、それをしっかり繋ぐ中音が気持ち良い逸品です!』

いつもお世話になっております。
プレミアムベース佐々木です!

 

そろそろ花粉が飛んできているようで、また花粉症の方にはつらい季節になってきました。コロナウィルスが心配なのもありますが、マスクの確保に不安な状況はこちらとしてもつらいですね...泣。状況が早く改善すればいいのですが...。花粉にも負けず頑張ります...!

 

さて、本日はこちら!
【Fender USA / American Original '70s Jazz Bass】!

2日連続でAmerican Original!コチラは70年代の代表的な仕様で再現されるアッシュボディ、メイプル指板のジャズベース!70年代ではローズウッド指板からまたメイプル指板のものも多くなり、世界的ベーシストMM氏がこの年代のものでスラップしていたことで特に有名になりました。70年代のジャズベースは当時モディファイブームだったこともあり、オリジナル仕様が少なくなっていることもありますので、オリジナルの良さを再確認出来る1本でもありますね~。

 

70年代にはネックのジョイントが3点になったり、あとトラスロッドもボディ側ではなく、ヘッド側に変わったりしているので、このAmerican Original '70s JBはアッシュ材を使い始めかつネックジョイントやトラスロッドの仕様変更前、70年代前期のものを再現したモデルになりますね~。

 

サウンドはやはり締まった低音と抜ける高音が気持ち良いですね~。しかし中域もしっかりと含んでおり、圧感や太さも健在です!この70年代のベースは丁度ディスコサウンドやファンク、フュージョンなどの新しい音楽ジャンルが多く生まれた時代。そのジャンルをやるにはピッタリの逸品です!
ぜひご検討くださいませ!

 

↓詳細はショッピングページにて!↓

Fender USA
American Original '70s Jazz Bass
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/599955
プレシジョンベースといえば50年仕様も負けてはいません!57年以降の仕様を再現したAmerican Original '50s Precision Bassのご紹介!
2/20(木)
『プレシジョンベースといえば50年仕様も負けてはいません!57年以降の仕様を再現したAmerican Original '50s Precision Bassのご紹介!』

いつもお世話になっております。プレミアムベース佐々木です!

早速まいりましょう!今日はこちら!
【Fender USA / American Original ‘50s Precision Bass】!

American Originalシリーズのプレベ!プレシジョンベースと言えば60年代のアルダーボディにローズウッド指板のもののイメージが一般的かもしれませんが、実はメイプル指板が先に製作され、当時も主流はメイプル材でした。その後ローズウッド指板のものが製作されましたが、実はメイプル材の代替材というのは現在からすれば意外かもしれませんね~American Originalシリーズといえばその年代ごとの代表的な特徴を再現したシリーズですが、この50'sプレシジョンベースだけは少し特殊なモデル。というのも、1951年にエレキベースとして初めて登場したプレシジョンベースは、ボディシェイプも違えばピックアップもシングルコイル、ヘッドのシェイプもギターのテレキャスターのヘッドの様な形状でした。そこから1954年、1957年と2度の仕様変更があり、1957年以降のプレシジョンベースが私達の良く知るあの形になります。

なので正確には1957年以降のプレシジョンベースを再現したモデルというのが正しいですかね~(個人的には最初期の1951年頃のプレシジョンベースのOriginalシリーズ等もあるとテンションあがるのですがね...笑)ボディはアルダー材にネックはメイプル材の組み合わせ。ここは60年代でも変わらない仕様ですね~ピックアップはPure Vintage '58 Split Single-Coil PBを搭載。ボディも当時のシェイプを再現し、指板Rは当時の7.25Rでは無くフラットな9.5Rを採用することで、より弾き易く快適にベースをお楽しみいただけます。メイプル指板になるとローズウッド指板のものよりも倍音が抑えられ、程好いスッキリ感と直線的に飛ぶサウンド!アンサンブル内でしっかり支えボーカルやギター、シンセなどの帯域のスペースを確保してくれるので、バンド全体のサウンドをイメージすると重宝するのではないのでしょうか?当時はベース弦はフラットワウンド弦が主流ということもあり、現在主流のラウンドワウンド弦だけでなくフラットワウンド弦を張ってみるのもオススメです!

是非ご検討下さいませ!

↓詳細はショッピングページにて!↓

Fender USA
American Original ‘50s Precision Bass (2-Color Sunburst) [Made In USA]
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/659759
Aguilar製のハムピックアップを搭載したM#265/19P A Plus Natural/Mが入荷!少し上品に仕上がった広いジャンルにも使える1本です!
2/19(水)
『Aguilar製のハムピックアップを搭載したM#265/19P A Plus Natural/Mが入荷!少し上品に仕上がった広いジャンルにも使える1本です!』

いつもお世話になっております。プレミアムベース佐々木です!昨日実はプロのライブを観に行ったのですが、やはり音の塊の大きさが違いますね...ライブハウスでのライブに慣れてしまってるので大きい会場の音の飛ばし方をしっかり覚えておかないとですね...良い勉強になりましたし、楽しかったです...!

さてさて本日はこちら!
【ATELIER Z / M#265/19P A Plus Natural/M】!

AtelierZといえば国内国外問わず多くのプレイヤーから支持を集める国産ブランド!このメーカーの基礎でありフラッグシップモデルの「M#/MAGNITUDE」シリーズは70年代のJBサウンドを基に製作されており、質量豊富なアッシュ材を使用しパンチ力のあるサウンドが特徴的です!今回ご紹介の本機はそんなM#シリーズの5弦モデルMMタイプのハムバッカーピックアップを搭載という珍しいモデルになります!

MMタイプのハムピックアップを搭載することによってJJサウンドとMMサウンドを瞬時に切り替えることができ、楽曲中のベースソロや曲によってニュアンスの変化が容易に行えるようになっています。特にライブ等ではありがたい仕様ですね~プリアンプにはXTCTを搭載。MMタイプのピックアップはパワーが強いのでスペクトラムブーストは非搭載となりますが、代わりにEQスルー時の音量差が少なくなりますのでより積極的にEQスルーを活用できるようになっています。

重量豊富な材を使用することが特徴と説明させていただきましたが、本機は他の個体よりも若干軽めの4.6kgという重さに仕上がっており、レコーディングだけでなくライブでも扱いやすくなっております。その為サウンドも少し上品に仕上がっており、よりオールマイティーに様々なジャンルでお使いいただけるでしょう!

ぜひオススメの逸品です!ご検討下さいませ~!

↓詳細はショッピングページにて!↓

ATELIER Z
M#265/19P A Plus Natural/M【当店限定!ATELIER Z×Premium Bass コラボTシャツプレゼント!】
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/666826
アメリカンウルトラシリーズ、アッシュメイプル仕様の5弦ジャズベが入荷!プレイヤーによりフィットするシェイプと幅広いサウンド、オススメの逸品です!
2/18(火)
『アメリカンウルトラシリーズ、アッシュメイプル仕様の5弦ジャズベが入荷!プレイヤーによりフィットするシェイプと幅広いサウンド、オススメの逸品です!』

いつもお世話になっております。プレミアムベース佐々木です!

また寒い日となりましたね...
朝がつらい中、今日は通勤電車も遅延が発生し、踏んだりけったり...(泣)
少し残念なスタートでしたが、本日も頑張っていきます...!

今日はこちら!
【Fender USA / American Ultra Jazz Bass V Ash (Plasma Red Burst/Maple)】!

いまさらですが、このUltraシリーズのこのカラーカッコイイですよね... 新シリーズAmericanUltraの5弦ジャズベースがまたまた入荷し、今回はボディがアッシュ、指板がメイプル仕様のものになります。

はじめてウルトラシリーズを触ったときも思いましたが、モダンDシェイプネック...細いですね~ 個人的にはグリップ感は太いものが好きではありますが、モダンDシェイプで実際弾いてみたときの弾きやすさには驚きます...!
弾いているときは凄く手に馴染むような感覚...何もせずミュートしているときだけ変な違和感がありますが(笑)、非常にいいですね~

あとネックヒール部のコンターが新たに採用されており、Eliteの形から斜めにネックプレートが付く形に変わっています。コレが実に良い仕様で、ハイポジションで弾くときの左手のフィット感が気持ちいいんですよね~

本機は5弦仕様ということで、サウンドも4弦よりは少し落ち着いたような印象はあります。しかし4弦のものと鳴る周波数帯が変わったせいか、プリアンプの効き方がまた違った印象になりました!

Bassは最大まで上げても最小まで下げてもうるさくなくどの数値でもしっかりと欲しい低音部分は残っていますし、Trebleも程好い感じです!
Mid部分に関しては大きく動いた印象があったので、前にしっかり出たいときやアンサンブル的にスキマを空けたいときにガッツリ使えるように感じました!

搭載されているプリアンプ自体は変わらないはずですが、個人的にも面白い発見でした... 特に欲しい部分は残しつつ、でもしっかりとプリアンプが効いてくれるというのがなかなかのお気に入りです...笑

ぜひご検討下さいませ!

↓詳細はショッピングページにて!↓

Fender
American Ultra Jazz Bass V Ash (Plasma Red Burst/Maple)
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/667581
MoonのパッシブJBが入荷!カラッとしたサウンドは荒々しいプレイにも上品なフレーズにもしっかり対応してくれる逸品です!
2/17(月)
『MoonのパッシブJBが入荷!カラッとしたサウンドは荒々しいプレイにも上品なフレーズにもしっかり対応してくれる逸品です!』

いつもお世話になっております。プレミアムベース佐々木です!寒くなって暖かくなってまた寒くなってと、ここ数日はなかなか気温の変化が激しいですね~身体的にもキツイなか、コロナウィルスが国内でも流行るかもしれないという状況ですから、皆さんうがい手洗いや消毒などしっかり行っていきましょうね...!

さてさて本日はこちら!
【Moon / JB-4C SB/R CR】!

Moonと言えば90年代のJ-Fusionバンドのベーシストやスラッププレイで有名なファンクベーシスト、最近ではJ-popやJ-Rockベーシストも使用、幅広い層に人気のある国産コンポーネントブランドですね~アクティブJJスタイルが印象的なMoonですが、パッシブベースも忘れてはいけませんよ~

本機はアルダー2Pボディにメイプルネック、ローズウッド指板という構成で、この指板にはマダガスカルローズウッドという材を使用しています。ブラジリアンローズウッド、いわゆるハカランダと呼ばれる材と音響特性が近く、採用しているブランドも多いですね~ピックアップにはOXALISというMoonのオリジナルのピックアップを使用。ボディやネック塗装もラッカー塗装を採用し、パッシブ仕様のトラディショナルなJBモデルになります。

サウンドはカンッと木材が綺麗に鳴ってくれる、JBらしい良い意味での荒さもあり、安定した上品さもあるサウンドですね~以前はローミッドあたりにバランスがよっているイメージがありましたが、本機は全体的にフラットな印象。立ち上がりも早く、ネックの握り心地も丁度良い太さと柔らかさ、押さえやすく扱い易いです!

この程好い荒さが気持ちよく、弾いていてテンションが自然と上がるようなサウンドです!その上トラディショナル志向で有りながらトラスロッドの調整口がボディ側に作られていたり、ネックも非常に丈夫に製作されていたりと、仕事道具としての安定性もしっかりしています!プレイヤーライクなサウンドと安定したネック、仕様、個人的にもかなりオススメできる逸品!

ぜひご検討下さいませ!

↓詳細はショッピングページにて!↓

Moon
JB-4C SB/R CR
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/667452
バッカスの最高峰"Handmadeシリーズ"で愛される不動の看板モデル"WOODLINE"が入荷!キャンペーン中につき、お得尽くしですよ~!
2/16(日)
『バッカスの最高峰"Handmadeシリーズ"で愛される不動の看板モデル"WOODLINE"が入荷!キャンペーン中につき、お得尽くしですよ~!』

プレミアムベース小村です。陽気が心地良いと思いきや、ここ数日の大阪は微妙な天気が続いています…。冬の雨は何だか冷えますね~。体調管理にはしっかり気をつけようと思います。

さて、本日はこちら。…いやぁ、久々の入荷です。バッカスの最高峰"Handmadeシリーズ"で展開される不動の看板モデル"WOODLINE"です。JBタイプを基本としながらブランドの独自性はもちろん、国産ブランドならではの日本人に向けたアレンジが嬉しい1本。老若男女問わず、多くの人気を集めていますね。季節モノの限定モデルはちょくちょく入荷していましたが、今回届いたのはカタログスペックのシンプルな1本です。

一般的なJBタイプを少しだけシェイプアップさせたようなボディシェイプにはアッシュを採用。こちらも誕生当時から今日まで、ウッドラインのキャラクターを掌るポイントですね。このボディはもちろん、ブランドのお家芸とも言えるオイルフィニッシュにて仕上げられています。バッカスのオイルフィニッシュなのですが、他ブランドと比べて色味がしっかりしているのが特徴です。これは、色を塗ってからオイルを塗りこむのではなく"色が付いているオイル"で仕上げるのが秘訣だそうです。見た目も美しいですし、使い込むことで出てくる経年変化も楽しいポイントかと思います。

実は誕生から細かなマイナーチェンジが行われているウッドライン。オリジナルのセパレートブリッジからゴトー製ブリッジへの変更が行われた際には話題にもなりましたね。現行モデルではそれに加え、リアPUのマウント位置をブリッジ側へと変更しています。(所謂"70'sロケーション"です。)これにより、ウッドラインならではのクリアでシャープなサウンドは更に磨きが掛かっています。

当機は2ボリューム/1トーン、ターボスイッチが付いたシンプルなパッシブ仕様。言わば、ウッドラインが持つルックスとサウンドの魅力をストレートにお楽しみ頂ける仕様です。僕も久しぶりに触りましたが…どこか不思議な安心感があります(笑)これも、丁寧な仕上げが由来する"日本のクラフトマンシップ"があってこそでしょうね。そんなHandmadeシリーズのウッドラインですが、今なら期間限定の特別価格に加え…バッカスのフィンガーボードオイルをプレゼントしています!更に更に…メーカー企画でペダルチューナーのプレゼントキャンペーンも開催中です!この機会を是非、お見逃しなく!じっくりと使い込んで"風格"が出てきたら…格別ですよ~♪

↓詳細はショッピングページにて!↓

Bacchus
WOODLINE 417 (BLK-Oil/Ebony) [Passive Model]【期間限定特別価格】
【数量限定“ギター職人のフィンガーボードオイル”プレゼント!】
【ペダルチューナープレゼントキャンペーン】
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/667398
SUMO STOMPのNEWモデル"SUMO TRON"!フィルターフリークを笑顔にしてくれる…そんな1台です!
2/15(土)
『SUMO STOMPのNEWモデル"SUMO TRON"!フィルターフリークを笑顔にしてくれる…そんな1台です!』

プレミアムベース小村です。ご覧の通り、髪を切りました。こういう髪型もやってみたかったんですが、冬に刈上げツーブロック…寒波が突然やってこないことを祈るばかりです…。

さて、話もそこそこに…本日は今日から発売の新商品をご紹介!国産ハンドメイドエフェクターブランド"Inner Bamboo Bass Instruments"の竹内氏が手掛けるストンプボックスブランド"SUMO STOMP"からNEWモデルの登場です。SUMO STOMPのラインナップは"兄貴分"とも呼べるインナーバンブーのサウンドを継承しながら小さな筐体と手に取りやすい価格帯を実現させており、店頭でも多くの注目を集めています。そんなブランドから届いたのは…ベース用エンヴェロープフィルター"SUMO TRON"です。

"TRON"から察しがつくかと思いますが…こちらはフィルターペダルの名機としてヴィンテージ市場でも人気を集めている"MU-TRON III"のイメージを基に、ベースに特化させた1台となっています。フィルターフリークを唸らせる往年のサウンドはもちろん、当機ならではのうねるようなシンセ然としたトーンまで楽しめる仕上がりになっています。往年のサウンドをただ再現するだけでなく"+α"も取り入れる…実際にベースをプレイされる竹内氏ならではの発想でしょう。

綺麗な青い筐体には、3つのノブと2つのミニスイッチ、更にミニスイッチの間に小さなノブが1つ搭載されています。一見すると多くて迷いそうですが、それぞれのコントロールはシンプルで分かり易くなっています。まずは上段3つのノブから。左から順にGAIN、PEAK、LEVELとなっています。フィルターではお馴染み、サウンドを掌るコントロールですね。続いてミニスイッチ2つは、左側がフィルターの"方向"を決めるDown/Up、右側は全体的な周波数を切り替えるLow/Hiとなっています。特にLow/Hiは通常だと"Q"という形になっていてノブで搭載されていることが殆ど。あえて2種類に絞ることで、直感的なサウンドメイクを可能にしているのでしょう。こちらはGAINノブの加減でも変化が感じられます。

更に筐体内部にはドライ音の混ぜ具合を調整できるトリマーポットが搭載されています。出荷時は原音が最大限に出力される状態となっており、しっかりと厚みを持ったフィルターサウンドをアウトプットします。逆にウエット音を強めにして、エグイ音を楽しむのも良さそうですね。ここで混ぜ合わせた原音は、スイッチの間にある"Balance"で、高域と低域のバランスを調整することが出来ます。低音を思い切り強く出してドゥーミーな地を這うサウンドを得たり、高域重視にしてアタッキーなサウンドを楽しんだり…サウンドを"ニュアンス"を決める重要なコントロールだと思います。

竹内氏のSNS等でも話題を集めた当機。発売したてのHOTな新商品ですが…ありがたいことに当店の初回入荷分は予約で完売となりました!ありがとうございます!!現状の次回入荷が未定の為、ご予約が承れないのが残念ですが…これをきっかけに、相変わらずご好評の第一弾モデル"SUMO PRE"と"SUMO COMP"が改めて注目を集める予感も感じます。小さい筐体に秘める充実のサウンドは、きっとプレイヤーの皆さんを笑顔にしてくれるはずです。SUMO STOMP…要注目です!!

↓詳細はショッピングページにて!↓

SUMO STOMP
SUMO TRON(次回入荷までもう少々お待ち下さいませ。)

↓SUMO STOMP製品のストックリストはこちら!↓
https://www.ikebe-gakki.com/ec/srDispProductSolrSearchList.html?categoryCd1=11040000000&brandName=SUMO+STOMP&storeId=100&sortKey=1#jump_point
石川俊介/XENON ISIKAWAシグネイチャーモデルSI-345の入荷!拘りの詰まった仕様は広いジャンルに対応でき、豊かなサウンドの逸品です!
2/14(金)
『石川俊介/XENON ISIKAWAシグネイチャーモデルSI-345の入荷!拘りの詰まった仕様は広いジャンルに対応でき、豊かなサウンドの逸品です!』

いつもお世話になっております。
プレミアムベース佐々木です!

 

そういえば…本日はバレンタインデーですね~。
僕にも良いこと、あると良いなぁ~笑

 

本日も早速まいりましょう!
今日はこちら!
【ATELIER Z / SI-345 (OCAR/R) [SHUNSUKE ISHIKAWA Signature Model]】!
またまたまたAtelierZ!本日はbaby-Zではなく、ベーシスト石川俊介氏のシグネイチャーモデルになります!昨日の逸品で少し触れた1/24に開催した「ATELIER Z祭りVol.3 30thアニバーサリーライブ」にも出演されていたAtelierZ使いの一人です!

 

石川俊介氏は1986年から1999年まで聖飢魔Ⅱのメンバー「ゼノン石川」として活動され、それ以外でもレコーディングやライブなど様々な活動をされているベーシストです!ちなみに聖飢魔Ⅱは今年で地球デビュー35周年を記念し、期間限定で再結成されるそうですね。そんな氏の現在のメインベースが今回ご紹介のSI345というモデル。アッシュの2Pボディにメイプルネック、そしてローズウッド指板というなかなか見ないような組み合わせで製作されており、シャーラーのペグにゴトーの18mmピッチのブリッジ、5弦モデルですが4弦と同じようにスラップできるようにと20フレットの採用など、拘りぬかれたモデルとなっております!

 

弾いてみましたところ、M#の所謂アトリエZサウンドよりかは少し大人しいような印象ですが、欲しいところがしっかりあって扱いやすいですね~。Trebleはセンタークリックがありますが、Bassはブーストのみというコントロールになっており、実際触るとこの仕様に確かに納得です...。アトリエZサウンドはTreble/Bassが全開のイメージですが、個人的に本機はベースを少し削り、トレブルは上げても下げてもという使い方が良い感じがしましたね...。欲しい部分が良い具合に頭を出してくれるような感じです!

 

木材の組み合わせ自体触ったことがありませんでしたし、どんなものかと思いましたが、サウンドは締まりつつもローズウッドの程好い低音中音の散り方、大人しい高音のバランス、音が自然と耳に入ってくるような心地良いサウンドでした...!どんなジャンルにもしっかりと付いてきてくれる良いベースですね...。オススメの逸品です!
ぜひご検討下さいませ~

 

↓詳細はショッピングページにて!↓

ATELIER Z
SI-345 (OCAR/R) [SHUNSUKE ISHIKAWA Signature Model]【当店限定!ATELIER Z×Premium Bass コラボTシャツプレゼント!】

【10月27日石川俊介ベースクリニック映像を収めたスペシャルDVDをプレゼント!】

https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/667056

アトリエZのBaby-Zアニバーサリーモデルが入荷しました!スポルテッドメイプルの美しい杢が独特な雰囲気を醸しだす1本!
2/13(木)
『アトリエZのBaby-Zアニバーサリーモデルが入荷しました!スポルテッドメイプルの美しい杢が独特な雰囲気を醸しだす1本!』

いつもお世話になっております。プレミアムベース佐々木です!今日は暖かいお蔭か、スッキリ起きられました...ここ最近疲れが取れなかったのは単純に温度のせいなのかしら...?毎日これくらいの温度だとうれしいのですけれどね~笑

さてさてまいりましょう。本日はこちら!
【ATELIER Z / baby Z-4J 30th Anniversary Premium Model "Spalted Maple" (Marine Blue Burst Mat/R)】!

またまたAtelierZですね~ baby-Z、大人気でございます...!

AtelierZといえばハジけるスラップに弾きやすさ、多くのプレイヤーが愛用する楽器ブランドです!先月の1/24にはAtelierZを使用するミュージシャン31人を集めライブをされたそうで、個人的にも行きたかった...プロからの支持も厚いようです...!昨年2019年で30周年を迎え、本機はそれを記念して製作されたアニバーサリーモデルになります。今回のこちらはスポルテッドメイプルをトップ材に使用しマリンブルーマットにて仕上げられた1本!

このサイズ感からしっかりと再生される低音が素晴らしいベースですが、特に推したいのはこの杢の美しさ...!カラーリングも相まってクールで独特な雰囲気を醸し出しています...これだけでご飯3杯いけちゃうかもですね...本来であればトップ材のアップチャージでもっとお値段が高くなるところ、30周年ということもあり非常にお買い得な1本です!ぜひぜひご検討くださいませ!

↓詳細はショッピングページにて!↓

ATELIER Z
baby Z-4J 30th Anniversary Premium Model "Spalted Maple" (Marine Blue Burst Mat/R)
【数量限定baby Z 純正弦プレゼントキャンペーン!】
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/667199
TUNE/Phoenix流のTBモデル"PHB"が入荷!白×金のファンキーなルックスがイカした1本です!
2/12(水)
『TUNE/Phoenix流のTBモデル"PHB"が入荷!白×金のファンキーなルックスがイカした1本です!』

プレミアムベース小村です。どうやら節分~立春は暦だけではなかったようで、ここ最近は昼時の陽気が心地良いですね~。先日、お休みのときに自宅にいたのですが、エアコンを切りました(笑)とはいえ、夜はまだまだ寒い日が続いていますね。引き続き、体調に気をつける日々は続きそうです…。

さて、本日はこちら。小村回…またまたTUNE/Phoenixです!(笑)
もう10年以上も前、僕が高校生の頃になりますが…かつて地元の楽器屋さんで「何か変わったベースだなぁ」と興味をそそられて眺めていたのが、お店に並べられていたバックアイトップのTWXでした。そんなこともあり、個人的には当店で扱うブランドで、フェンダーやギブソンと同じくらい身近だったブランドなんです。こうしてTUNE/Phoenixのベースを皆さんにご案内するようになるとは…当時の僕が知ったら凄く驚くでしょうね。なんて小話もそこそこに、昨年秋に衝撃を与えたであろう"あのモデル"が仕様を変えて再びやってきました…TUNE流TBモデル"Phoenix/PHB-4"です!いやぁ、やっと僕の回で紹介出来ます(笑)

前回はフレイムメイプルをトップに配したシースルーの赤い1本でしたが、今回はシンプルに、マホガニーウィングにメイプルスルーネック/エボニー指板仕様。TBベースに熱心な方であれば、イメージもし易いウッドチョイスを採用しています。カラーもシンプルに塗りつぶしの白ですが…ちょっと遊び心を加え、ゴールドハードウェアにてオーダー。TBシェイプながらにファンキーな印象が感じられる仕上がりとなっています。電装周りは前回と同じく、コイルタップ可能なEMG/TB TWピックアップと、TUNEオリジナルの「CLE-1サーキット」の組み合わせを採用。ロックに奏でることはもちろん、ルックス通りのファンキープレイもしっかりこなしてくれるサウンドを生み出します。恐らくブランドファンの方であれば察していただけると思いますが…こちらは当店オープン5周年を記念して製作された"PHV"と同じく、変形ベースをこよなく愛する工房の名物リペア/組み込み担当の月森さんが監修されています!

TBタイプではなかなか実現が難しい"実用的"なサウンドを実現させながら"らしさ"もしっかり残っているところが何とも嬉しい1本。加えて…演奏性とボディバランスも良い!TBファンにとってはもちろん、このシェイプが気になりながらも「ヘッド落ちがなぁ…」と避けていた方にとってもこれほど嬉しいことはないかと思います。正直…僕もかなりグラッと来た1本です(笑)きっとあなたのアイコンになってくれること間違いナシな1本です。是非、手に取ってみてください!

↓詳細はショッピングページにて!↓

Phoenix
PHB-4 Mahogany WH
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/666596
Vinteraシリーズのムスタングも入荷!ピックアップ1基に1vol.1tone.と当時の仕様を忠実に再現した逸品です!
2/11(火)
『Vinteraシリーズのムスタングも入荷!ピックアップ1基に1vol.1tone.と当時の仕様を忠実に再現した逸品です!』

いつもお世話になっております。
プレミアムベース佐々木です!


前回のVinteraシリーズはは60年代のジャズベースを再現したモデルをご紹介しましたが、CDで聴いたことのあるようなサウンドの質感には非常に驚きました...。今回も再現度がかなり高いのではないでしょうか?

 

本日はこちら!
【Fender MEX / Vintera '60s Mustang Bass (Seafoam Green/Pau Ferro) [Made In Mexico] 】!

ムスタングベースと言えばレオ・フェンダー氏がFender社内で最後にデザインしたとされるエレキベースですね~。1966年に発売されてから長く愛され続けており、ショートスケールで弾き易くプレイアビリティと独特なサウンドが魅力的なモデルです!

 

そんなムスタングベースがVinteraシリーズから登場!Vinteraシリーズとは「VINTAGE STYLE FOR THE MODERN ERA」、つまりこの現代にヴィンテージのスタイルを再現するといったシリーズで、その当時の代表的な仕様やサウンドの質感を再現した新しいシリーズです!アルダーボディにメイプルネック、ローズウッド指板と、やはり王道の60年代の組み合わせ。指板Rは7.25Rという当時のRを、そしてフレットもヴィンテージスタイルの太いフレットを採用しています。

 

1966年に登場したムスタングベースを再現し、ペグもパドルペグ!66年製のジャズベースに使用されていたことは有名ですが、意外と知らない事実でした...。ピックアップはスプリットコイルの60'Mustang Bassピックアップを再現!
コントロールも1Vol,1Toneとなっています。

 

サウンドのほうですが、ムスタングらしい重心の中低音はやはりこのベースならではですね~。Fenderらしい中音の太さもあり、独特な広がり方をするあのサウンドです!現在当店にあるムスタングベースでもHybridのPJスタイルのものや、American Performerのムスタングピックアップ&Jスタイルのものがございますが、当時の1ピックアップのスタイルをそのまま再現しているものはこの1本のみ!
ぜひご検討下さいませ!

 

↓詳細はショッピングページにて!↓

Fender MEX
Vintera '60s Mustang Bass (Seafoam Green/Pau Ferro) [Made In Mexico]
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/666058
フレットレス仕様のUBASSが入荷!生産完了モデルに付きお買い得なアコースティックサウンドです!
2/10(月)
『フレットレス仕様のUBASSが入荷!生産完了モデルに付きお買い得なアコースティックサウンドです!』

いつもお世話になっております。プレミアムベース佐々木です!ここ最近寒すぎて朝が本当に起きられない...寒さのせいか起きても少し疲れが取りきれない気もして、良いベッドと良いマットレスを買ってしまおうか真剣に悩んでおります...朝スッと起きられる方が羨ましいですね...何か方法でもあるのでしょうか?あればぜひ教えていただきたいものです笑

なんの話やねんという感じですが、本日もまいりましょうか~今日はこちら!
【KALA / UBASS-RMBL-FL】!

KALAといえばアメリカのウクレレメーカーとして非常に有名ですね~なんでも2005年に創立という最近のメーカーでありながら、豊富なバリエーションの木材の採用しモデルは150種類近くものラインナップ!!現在アメリカ本土でのウクレレ販売シェアNo.1を誇るメーカーです!

今回ご紹介のU-BASSは近頃はアップライトベースの様なアコースティックな音色のベースを持ち運びたいという方に非常に人気で、野外でのライブやアコースティック系のアンサンブルなどで用いられ始めています。本機はマホガニーボディにマホガニーネック、ローズウッド指板を採用するスタンダードモデルで、フレットレス仕様のモデルになります。この見た目なのではじめは僕も低音がしっかりならないのではないかと思ったりもしましたが、意外とコレがしっかり鳴るんですよね...!専用弦とボディのお蔭か、丸くボワッと広がるようなサウンドで、toneを下げて弾けば非常にウッドベースの様な音色に近くなります...!それがこの小さなボディから鳴ると考えれば、弾いているだけでドンドン楽しくなってしまうんですよね...一度手に取ってみればベーシストなら欲しくなるのも分かっていただけると思います!価格もお手頃ですし、こちらの一本は生産完了品の為、特価価格となっております!息抜き感覚でも弾けますし、なんなら最近ではレコーディングにも使われ始めているような本格サウンド!

ぜひご検討下さいませ!

↓詳細はショッピングページにて!↓

KALA
UBASS-RMBL-FL
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/350812
フラッグシップモデルM#245の30周年記念モデル!バルトリーニ製ピックアップを搭載したカスタム仕様です!
2/9(日)
『フラッグシップモデルM#245の30周年記念モデル!バルトリーニ製ピックアップを搭載したカスタム仕様です!』

いつもお世話になっております。プレミアムベース佐々木です!

早速ですがまいりましょう!本日はこちら!
【ATELIER Z / M#245 B-Custom TP-BLU BURNER"30th Anniversary Model"】!

1989年に本橋弘吉氏がDAY’S CORPORATIONを設立し、ATELIER Zというブランドがスタート。昨年で30周年を向かえました!こちらはその30周年を記念し製作されたモデル、フラッグシップモデル「M#」をカスタムした拘りの一本です!このシリーズは70年代のJBサウンドをイメージして製作されており、重量豊富なアッシュボディにメイプル指板の組み合わせを基本的に採用。特にあの時代はアクティブベースにモディファイされたスラップサウンドが流行った時代で、正にアトリエZのイメージと一致します。

このベースにもあの時代に一世風靡したバルトリーニのXTCTのプリアンプを採用し、あの時代に流行ったブリッジを模した重量のあるオリジナルブリッジを搭載しています。M#といえばこの組み合わせですが、本機は更にバルトリーニの9J1L/Sピックアップを採用。ピックアップとプリアンプの組み合わせバツグンですね~!コントロールもMasterToneが追加され、より音作りが多彩!僕個人も普段パッシブのベースを使っているのでToneが追加されるのは非常にありがたいですね...

フラッグシップのM#の30周年記念モデルということもあって、ルックスや仕様、サウンド共により力の入ったモデルであることが感じられますね...ぜひぜひ気になる方は店頭もしくは当店の商品ページをご覧下さいませ!

↓詳細はショッピングページにて!↓

ATELIER Z
M#245 B-Custom TP-BLU BURNER "30th Anniversary Model"【当店限定!ATELIER Z×Premium Bass コラボTシャツプレゼント!】
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/666804
最新スペックを採用する
2/8(土)
『最新スペックを採用する"Warwick Thumb"のフレットレス仕様!現地オーダーによる極上材を使った良杢の1本です!』

プレミアムベース小村です。
節分が終わり、暦上は春になったのですが…ここにきての大寒波…屋内勤務とはいえ、その寒さは店内にも伝わって来るように感じます。本当にここから暖かくなるのでしょうか。信じて春を待ちます…。

 

さて、本日はこちら。
"Warwick"です。創立から40周年を迎えようとしている名門ブランド。ブランドスタートより、所謂"エキゾチックウッド"を使うことはもちろん、近年は新たなマテリアルを用いた楽器を製作していたり、細かなマイナーチェンジも年々行われる等、老舗ながらに挑戦を続けるその姿勢は一ファンとしても素直に凄いなぁと思います。また、今年は更なる挑戦として"サドウスキー"の一部ラインナップの製造を手掛けることも、既に話題を集めていますね。

 

そんなブランドからご紹介するのは、ブランド創立時よりラインナップされる"サムベース"です。ストリーマーと並ぶワーウィックの2大看板ということで、歌モノやロック、更にはゴリゴリのラウドミュージックまで…ジャンルの垣根を超えて愛されるベースですね。そんなサムベース…実はフレットレス仕様も大人気のスペックで、フレッテッドに匹敵する支持を集めています。

 

ということで…昨年のドイツ本国ファクトリー訪問時に、当店からオーダーしたのが当機です。あとからフレットを抜く方も多いですが、最初からフレットレスでオーダーする場合も実は多いんです。しかもこちらはフレットライン無し仕様。ジャック・ブルース氏の愛機を彷彿とさせますね。本国にてオーダーした1本ということで、業界屈指の良材ストックから選んだ厳選材を使用。ボディは炎のように揺らめく杢があるブビンガ、指板は黒く輝くエボニーを豊富なストック内からチョイスしています。なお、こちらは2019年製ということで、リチウムイオンバッテリーを採用するプリアンプに加え、シャーラー製ペグ、メタルのPUカバー搭載となります。

 

レギュラースペックに近い1本ということで、ワーウィックの"伝統と今"を十二分にお楽しみいただける当機。この仕様だからこそ、厳選材による風格タップリのルックスがより映えるのではないでしょうか。最新スペックのワーウィック、是非とも手に取ってみてください。

 

↓詳細はショッピングページにて!↓

Warwick
C/S Thumb Bass NT 4 Fretless[J163377-19]
【Factory Order Model 豪華特典!】
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/659365
コンパクトで軽量ながらしっかりと響く低音感!Phoenixからヘッドレスベース、HNB-4 Ash TWHが届きました!
2/7(金)
『コンパクトで軽量ながらしっかりと響く低音感!Phoenixからヘッドレスベース、HNB-4 Ash TWHが届きました!』

いつもお世話になっております。

プレミアムベース佐々木です!

 

昨日もめちゃくちゃ寒かったですね...。一瞬雪も降りましたし、ずっと外にいたら手足が痛くなってくるほど...。この頃コロナウィルスやインフルエンザなどが多く話題にも上がってくるほどですし、体調には気をつけていきましょうね...!

 

さてさて本日もまいります!
今日はこちら!
【Phoenix / HNB-4 Ash TWH】!

兵庫県尼崎市に工房をかまえる国産コンポーネントブランド「TUNE」。PLEKを導入していることでも有名でリペア業なども行っている工房ですね~。職人も高い技術を持ちPLEKで詰めきれない細かな部分をその職人達が仕上げきるという形で調整されるので、プロやアマチュア問わず多くのプレイヤーから高い支持を受ける老舗工房です!

 

そんなTUNEが手掛けるブランド「Phoenix」は1本1本仕様に拘り、オーダー品やプロミュージシャン用のベース製作等のカスタマイズ製作に特化したブランド。本機もその例外ではなく、こちらは当店でもお世話になっているベーシスト西尾"Bun"博文さんのアイディアから製作された1本になります。西尾"Bun"博文さんといえば例えば手数王とも呼ばれるドラマー菅沼孝三さんやこちらも当店でお世話になっている鳴瀬喜博さん等、多くのミュージシャンと共演するベーシストですね~。

 

軽量&コンパクトをコンセプトに製作されているようですが、正直入荷してきたときは驚きましたね...ヘッドレス仕様に軽量なアッシュボディ、重量はなんと2.8kgだそうです...。見た目もかわいらしく、実際持ってみても他のベースとさほど変わらない弾き心地...実際の音はどんなものかとアンプにつないでみますと、思ったよりもしっかり低音がしっかり鳴ってくれます!

 

軽量すぎるモデルは重心が高くなりすぎてしまうことも多いのですが、コチラは意外にもドッシリですね...。アタック感などはファンフレットで有名な某D社のようなパリンとなる感じ。でもしっかり芯と太さはあり、細かいフレーズからゆったりなフレーズまでしっかりと付いてくれます。弾いてて楽しくなりますねこのベース....笑。ノイズ等も非常に少なくクリアな音質。オリジナルのプリアンプも効きが良く、上品過ぎず粗すぎないいいサウンドです!そしてなによりこのエレキギターほどのサイズ感...。トラベルベースと言うのもちがいますが、このサイズにこのサウンドはなかなか魅力的です!
ぜひご検討下さいませ!

 

↓詳細はショッピングページにて!↓

Phoenix
HNB-4 Ash TWH
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/666599
MetrolineExpressシリーズの入荷!国産Sadowskyの見事なクオリティを誇る1本です!
2/6(木)
『MetrolineExpressシリーズの入荷!国産Sadowskyの見事なクオリティを誇る1本です!』

いつもお世話になっております。プレミアムベース佐々木です!店内の在庫も徐々に減りつつある国産のSadowskyベース...Warwick製になるという発表で嬉しくもあり悲しくもあります...

今回はMetroline Expressシリーズのご紹介です!本日はこちら!
【Sadowsky Guitars / Metroline Express Series RV4E SGG Sage Green Metallic/Parchment】!

まずMetrolineシリーズとは、Sadowskyの世界戦略モデルとして打ち出されたグローバルモデルで、クオリティも非常に高くNYCよりお手頃な価格帯のラインナップになります。若い方からベテランの方など広い層に人気で、プロのミュージシャン達も使われることが多いのもこのシリーズになります。Sadowsky NYCの基本的なモデルをラインナップし、ピックアップやブリッジ等のパーツもNYCと同じものを使用。コストパフォーマンスモデルなどと言われていたりしますが、非常にクオリティが高くそのまま現場に持っていっても即戦力となるモデルです!

そして今回ご紹介のMetrolineExpressとは、このMetrolineシリーズのクオリティを保ったまま工場生産にて製作されるシリーズ。工場生産と言っても検品体制、品質管理が徹底されており、クオリティはほぼほぼMetrolineと同等...!工場生産に切り替えることによりさらにコストを抑え、しかしクオリティは落とさない。ユーザーにとってもかなり嬉しいシリーズです!

本機はMetrolineシリーズのRV4モデルを踏襲する、RV4Eというモデル。アルダーボディにメイプルネック、パーフェロー指板にて製作されるトラディショナルなスタイルの1本です。ボディには軽量な材を使用し、通常のボディよりも一回り小さいディンキーシェイプを採用。ネックにはグラファイトバーが仕込まれ、ピックアップやプリアンプはMetrolineと同じ物を搭載。Sadowskyらしいクリアな音質とノイズの少なさは健在です!

このMetroline、MetrolineExpressシリーズの入荷はもう限られてきています。国産Sadowskyを手に入れられるのは今だけ!個人的にもこのシリーズのベースはいまのうちに買ってしまいたいくらいです...

ぜひご検討下さいませ!

↓詳細はショッピングページにて!↓

Sadowsky Guitars
Metroline Express Series RV4E SGG Sage Green Metallic/Parchment 【即納可能】
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/615669
話題を集めたバッカスのヘッドレスモデル!
2/5(水)
『話題を集めたバッカスのヘッドレスモデル!"冬桜"仕様がお買い得特価にて入荷!』

プレミアムベース小村です。"例の日"まで10日を切りました。行く先々でチョコレートを良く見かけますし、デパートの地下もチョコレート屋さんが大賑わい。様子を見ているのも何だか楽しいですね。…すいません、プレミアムベースは男性スタッフのみですので、ちょっとソワソワしちゃうんです(笑)

さて、本日はこちら。モデル誕生当時、大きな話題を集めた"バッカス"のヘッドレスベースです。ブランドを代表する看板モデルを大胆にもヘッドレス化…個人的にも「出るぞ!」となったときには凄く驚いたのを思い出しますね。そんな「バッカスの新たな挑戦」を具現化した当モデル。今回は人気の限定パッケージ"冬桜"仕様が届きました。

トップ材に実際に使用されるサクラ材に指板を彩る雪の結晶と桜をモチーフにしたインレイ、そして光りの当たり具合でピンク色が顔を見せる、珍しいパールのシースルーカラーが特徴的な当仕様。そのルックスは多くの方を惹き付け、当店でも大人気でした。そんな"冬桜"、しかもこちらはヘッドレスということで抜群の個性を放っています。

当機の要であるヘッドレスユニットには、ダブルボールエンド弦/一般的なベース弦共に使用可能なヒップショット製を採用。他ブランドでも実績十分のパーツを使用するところは当ブランドの、そしてハンドメイドシリーズのストロングポイントですね。電装周りはオリジナルのハムバッカーPUにアギュラーOBP-2サーキットを組み合わせ、シンプルながらも色々なサウンドをお楽しみいただけます。

気になるサウンドですが…アッシュバック/エボニー指板のウッドコンビネーションはウッドラインのスペックが継承されており、誕生から今日まで支持を集める、ヌケが良く輪郭がハッキリとした響きは健在です。ヘッドレススタイルということで、取り回しも良く軽量!ご自宅練習から実戦まで、アクティブに使って頂ける1本かと思います。そんなモデルが今回はお買い得特価にて入荷!しかも現在開催中のチューナープレゼントキャンペーンも対象となっております!個性タップリ、そして上質サウンドも持ち合わせるヘッドレスモデルを是非、手に取ってみてください!

↓詳細はショッピングページにて!↓

Bacchus
WOODLINE5-HL24/Fuyuzakura-MF’18 【特価】
【ペダルチューナープレゼントキャンペーン】
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/666308
国産Sadowskyのオイルフィニッシュ個体!MetrolineシリーズのMV5Limited Editionが入荷致しましたよ~!
2/4(火)
『国産Sadowskyのオイルフィニッシュ個体!MetrolineシリーズのMV5Limited Editionが入荷致しましたよ~!』

いつもお世話になっております。

プレミアムベース佐々木です!

本日もまいります!
今日はこちら!


【Sadowsky Guitars / Ikebe Original Metroline MV5LE Limited Edition "OIL Finish" (Ebony-Oil)】!

 

Sadowskyといえば木材本来の鳴りを追及し、素直でクリアな音質とプレイアビリティに特化した使いやすさで有名で、当店でもかなり人気のメーカーです!こちらはロジャー・サドウスキー氏監修の下、国内工房で製作されるメトロラインシリーズのMV5を基にした1本。なんとオイルフィニッシュにて限定生産されたイケベオリジナルモデルになります!ボディは少し小振りなディンキーシェイプのアッシュボディ、メイプルネックにメイプル指板という構成。70年代のトラディショナルな組み合わせですね。

 

サドウスキーのアコースティックギターの様に軽くてしっかり鳴るようにという考えに基き、軽めのボディ材を使用。ネックにはハの字型にグラファイトバーが仕込まれており、ネックが安定するという仕様も特徴ですね~。ハードウェアやプリアンプ類はNYCと同様のものを使用。特にプリアンプによってナチュラルでクリアなアクティブサウンドを得ることが可能で、アクティブが苦手な方にも一度弾いてみていただきたいオススメのプリアンプです!

 

FITという回路が組み込まれておりノイズを非常に少なくしてくれるので、大きな会場で大きな音を出す方ほどその恩恵を受けられるという仕様!サウンドに大きなクセもなく使い勝手の良いように製作されているので、プロの方がサドウスキーを良く使われる理由も納得ですね...!SadowskyがWarwick製になるという発表もあり、このMetrolineシリーズで尚且つオイルフィニッシュはほぼ再生産は不可能と思われます...!個人的にもなかなか良い木の質感だなぁ...と思いながら紹介させていただいたナカナカの逸品!
ぜひご検討下さいませ!

 

↓詳細はショッピングページにて!↓

Sadowsky Guitars
Ikebe Original Metroline MV5LE Limited Edition "OIL Finish" (Ebony-Oil)
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/665441
アトリエZの30周年を記念する限定製作のBabyZ!美しい杢が出たバールポプラをトップに使用する逸品です!
2/3(月)
『アトリエZの30周年を記念する限定製作のBabyZ!美しい杢が出たバールポプラをトップに使用する逸品です!』

いつもお世話になっております。プレミアムベース佐々木です!昨日中国の方で鳥インフルエンザが発生したとニュースが入ってきましたね。H5N1型という重い症状を引き起こすウィルスのようですが、幸いにも現在コロナウィルスで警戒が高まっていたので感染が広がらないように処理されたようです。いやいやホントに病気のニュースは怖いですね...普段から手洗いうがい、そしてマスクをしっかりつけて生活せねば...皆様もお気をつけ下さいませ...!

さて今日もまいります!本日はこちら!
【ATELIER Z /babyZ-4J Burl Poplar (Marine Blue Burst Mat/R)"30th Anniversary Premium Model"】!

国産ブランドの中でも多くのユーザーを抱え、その弾きやすさと特徴的なサウンドが非常に人気なATELIER Z!1989年に本橋弘吉氏がDAY’S CORPORATIONを設立し、ATELIER Zブランドがスタート。昨年2019年で30周年という節目を迎え、社名を新たに「ATELIER Zギターワークス」と変更し新たな楽器たちを製作し続けています。こちらはそんなATELIER Zの創設30周年を記念し製作されたBaby-Zの限定モデル。トップに綺麗な杢の出た材を使用し、材の杢をひきたてるマリンブルー・マットフィニッシュにて製作された豪華なルックスの一本になります!

本機はボディバックに3Pのアルダー材、ボディトップに杢の出たバールポプラを使用、メイプルネック、ローズウッド指板という組み合わせにて製作された一本。ショートスケールといえどしっかり太く再生され、トップ材にてタイトに仕上がったサウンドは流石アトリエZですね...!サウンドの傾向としてはJBやPBとはまたちょっと違った質感を持ち、ヨーロッパ楽器の様なウッディな質感も持ち合わせています。コントロールの2ボリュームの割合だけでなくtreble/bassとアンプ側のgainを上手く使えば様々な音色がお楽しみ頂けるでしょう。もちろんAtelierZらしいパワフルなドンシャリサウンドにもできますし、このベースにも弦高の低さと程好いバズののる「Z tuning system」が施されている為、スラップサウンドもお手の物!

ショートスケールの為ベーシストだけでなく、ギタリストの方にも弾き易いオススメの逸品です!
ぜひご検討下さいませ~!

↓詳細はショッピングページにて!↓

ATELIER Z
babyZ-4J Burl Poplar (Marine Blue Burst Mat/R)"30th Anniversary Premium Model"
【数量限定baby Z 純正弦プレゼントキャンペーン!】【当店限定!ATELIER Z×Premium Bass コラボTシャツプレゼント!】
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/666061
ヘビーレリック仕様の60'PB!限定製作のフェンダーカスタムショップが入荷いたしました!
2/2(日)
『ヘビーレリック仕様の60'PB!限定製作のフェンダーカスタムショップが入荷いたしました!』

いつもお世話になっております。プレミアムベース佐々木です!昨日KIRINJIが年内でバンド活動を終了と発表されましたね....少しショックでもありますが、皆さん忙しい方々ばかりですから仕方ない部分もあるのでしょうね...ただ、「以後は、堀込高樹を中心とする変動的で緩やかな繋がりの音楽集団として活動する。」との表明もあり、より広いジャンルを手掛けることが出来るという意味でもあるという事だと思えば、そんなに変わらないのかも知れませんね~今後も楽しみです...!

さてさて今日もまいりましょう。本日はこちら!
【Fender Custom Shop / Custom Built 1960 Precision Bass Heavy Relic, Faded aged lake placid blue" Limited Edition"】!

フェンダーカスタムショップのプレシジョンベース!60年代仕様を再現し大きくレリック加工が施された限定製作の1本になります!既に見た目が最高ですね...!Fenderの中でも熟練の職人が製作するカスタムショップの楽器は、厳選されたFenderのトーンウッドを使用し製作されています。本機も厳選された材を使用しており、現代でも王道の組み合わせであるアルダーボディ、メイプルネック、ローズウッド指板の組み合わせにて製作。60年代の指板、スラブボード期のものを再現しており、ネックは薄めのオーバルCシェイプ、の指板Rは緩やかな9.5R仕様を採用しています。指板Rはモダンなベースによく採用される弾きやすいRですね~

ネックの方もレリック加工が施されており、ベースを持って弾く時の左手の滑らかさはたまりませんね...笑 キャラクターとしてはすこし落ち着きのあるサウンドで、中音と低音が特にしっかり出る印象。この芯の太さ、音粒の大きさはフェンダーにしか出せない低音感ですね...サウンドと共にアンプから鳴る空気感、醸し出す雰囲気はカスタムショップならでは!約4.0kgと軽すぎず重すぎない重量、そしてドッシリとしたサウンドはアンサンブルを太く包んでくれることは間違いないでしょう...!

ぜひご検討下さい!

↓詳細はショッピングページにて!↓

Fender Custom Shop
C/S Custom Built 1960 Precision Bass Heavy Relic, Faded aged lake placid blue" Limited Edition"
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/665937
TUNEを代表するプレイヤー、瞬火(陰陽座)のシグネイチャーモデル
2/1(土)
『TUNEを代表するプレイヤー、瞬火(陰陽座)のシグネイチャーモデル"弁慶"が入荷!』

プレミアムベース小村です。いよいよ2月ですね。ここ数日で気温もドンドン下がってきて、かなり冬らしさが出てきた印象です。体調管理も気をつけなくては…ですね。

さて、本日はこちら。関西が誇る老舗工房"TUNE"です。(このところ、小村回ではTUNE率が高いですね。)昨年、創業より35周年を迎えた当ブランド。長い歴史の中でプロ/アマ問わず多くの支持を集めており、今も尚、多くのプレイヤーを魅了していますね。今回、そんなブランドから届いたのは…当ブランドを代表するエンドーザー"瞬火氏(陰陽座)"のシグネイチャーモデルです。

こちらは氏のシグネイチャーモデル、第2弾として手渡された"弁慶(Ben-K)"です。当工房ならではの見事な杢を持つトップ材や力強いサウンドは当機でも健在。独自の世界観で人々を魅了する陰陽座のアンサンブルを支えるマスターピースとなっている印象が感じられます。"弁慶"ではスポルテッドメイプルをトップに仕様し、手首が当る部分には梵字のモチーフが入れられています。ボディバックはマホガニーを使用していますが、バック部分のみシースルーブラックに塗り分けることで、個性を実現しています。

そして、"弁慶"の大きな特徴がピックアップ。TUNEのオリジナルPUのカバーの中には、実はEMGのピックアップが納められています。屈強なサウンドと共に、EMGならではのクリアで"良い塩梅のイナタさ"が感じられるトーンを生み出しています。ご自身初のシグネイチャーモデル"義経"と対を成すモデルとして生まれた当機ですが、現在の愛機と似通う仕様も何点かあり、瞬火モデルの"礎"ともいえるのでは無いかと思います。

バンドのファンの方にはもちろんですが、ちょっと違う顔色が垣間見えるTUNEベースということで、ブランドファンの方も一目置かれている当機。ロック/メタルのアンサンブルだけでなく、様々なジャンルでプレイヤーを支えてくれる1本ではないかと思います。こういうところは、実戦を見据えて製作されるアーティストモデルならではのストロングポイントですね。通常は受注生産モデルですが、今回はショップオーダー分として当店にやってきました、ということで…全国的にも貴重な即納可能個体です!是非、お見逃しなく!

↓詳細はショッピングページにて!↓

TUNE
TWB-4 Custom Matatabi Ben-K"瞬火/弁慶"
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/607367

店舗詳細ページはこちらから>>