心斎橋プレミアムベースのおすすめブランド!!

心斎橋プレミアムベースのおすすめ情報!!


心斎橋プレミアムベースの今月の買取強化ブランド!



配送料をプレミアムベースが負担する宅配買取もご利用ください!
先ずはお気軽にお問い合わせ下さい!
tel:06-6253-0061担当:ヤマモト
 

心斎橋プレミアムベースが提案する“今日の逸品”!

上質なスポルテッドメイプルをトップに使用したFender Custom Shop 2018 Artisan Spalted Maple Postmodern Bassのご紹介!ネック、ボディ共にローステッド加工されており、新品ながら程よくこなれたサウンドが特徴です。
3/18(月)
『上質なスポルテッドメイプルをトップに使用したFender Custom Shop 2018 Artisan Spalted Maple Postmodern Bassのご紹介!ネック、ボディ共にローステッド加工されており、新品ながら程よくこなれたサウンドが特徴です。』

いつもお世話になっております、プレミアムベース土師です。
もうすぐお花見の季節ですね~。去年は完全に時期を逃してしまい、お花見が出来ずじまいだったので、今年はばっちりお花見の予定を立てました。京都の満開予想に合わせてお花見に行きますので、楽しみです。

さて、本日ご紹介するのはこちら。
【Fender Custom Shop / Custom Shop 2018 Artisan Spalted Maple Postmodern Bass"Roasted body&neck"】です。 昨日に引き続きFenderです。実はこちらのベース、2月に入荷していた商品なのですが、ご紹介が遅くなってしまいました。最近新入荷商品が多く、ご紹介が追いついていません...。気長に頑張ります。(笑)

当機はボディ形状はプレシジョンベースながら、ネックにジャズベースタイプのものを採用、ヒールカットが施されたジョイント部やブリッジ、チューナー等のハードウエアに最新フェンダーのアッシーを搭載しており、伝統的なフェンダートーンを踏襲しつつも更に扱いやすく上質に仕立てられており、加えて演奏性も確保した、現代のプレイヤーにオススメな仕様が盛り込まれた1本となっています。

マテリアルにはスポルテッドメイプルトップ/アルダーボディ、クオーターソーンメイプルネック、ローズウッド指板を採用。トップのスポルトメイプルの杢目の美しさに加え、ボディ、ネック共にローステッド加工が施されていることもあり、スポルトトップと茶褐色のローストボディ&ネックのコントラストが美しい、目を惹く1本となっています。そしてネックは60s Jazz Bass Uシェイプ、1.48inchナット幅とトラッドなジャズベース仕様。9.5-16.0inchコンパウンドラジアスを採用しており、非常に高い演奏性を誇ります。

当機はジャズベースシェイプのネックを採用していますので、通常のPBに比べ少々音が軽くなるのでは?と少し思いましたが、実際音を聴いてみると、PBらしさを存分に含んだハイクオリティなサウンド。ロースト材を使用していることもあり、伝統的なフェンダーPBらしいサウンドが程よくこなれた質感となっており、新品でありながら、すっと耳に馴染んだPBサウンドをお楽しみ頂けます。ブリッジに採用されているRSD Designed Hi-Massの影響か、非常に倍音豊かになっており、音抜けもよく、しっかりとフェンダーらしいバウンス感のある低音が心地良いですね。モダンなスペックを採用したネックのフィーリングもよく、プレイアビリティも文句なしの1本です。

見た目、音、演奏性どれも文句なし!しかもスペックの割りに、お値段がお買い得。おすすめですよ。
是非ご検討くださいませ。

↓詳細はショッピングページにて!↓

Fender Custom Shop
2018 Artisan Spalted Maple Postmodern Bass"Roasted body&neck"
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/618389
Fenderから新モデルのベースヘッドアンプ、Rumble 800 HDが登場!軽量、大出力、高音質の使い勝手の良いヘッドアンプです。
3/17(日)
『Fenderから新モデルのベースヘッドアンプ、Rumble 800 HDが登場!軽量、大出力、高音質の使い勝手の良いヘッドアンプです。』

いつもお世話になっております、プレミアムベース土師です。
最近、眠りが浅いのが悩みです。夜12時頃に寝ても、4時頃に一回目がさめたりというのがしょっちゅうで...。もっとぐっすり眠りにつきたいものです。ホットアイマスクでも買って使ってみようかと画策中です。(笑)

さて、本日ご紹介するのはこちら。
【Fender USA / Rumble 800 HD】です。
最近、何かと新製品が話題のFender。そんなFenderの人気ベースヘッドアンプ、Rumbleシリーズから新モデルRumble 800 HDが登場!早速、当店にも入荷しております。こちらのRumble 800 HDは、これまでのRumbleシリーズとは基本的な機能は同じですが、よりハイパワーになったモデルです。

一般的なアンプと同じ、ゲイン、4Band EQ、マスターボリュームに加え、オンオフの切り替えが可能なオーバードライブ回路と、Bright、Contour、Vintageの3つのトーンボイシングスイッチを搭載。非常に幅広い音作りが可能となっています。また、XLRラインアウト、ステレオAUX入力、ステレオヘッドフォンアウトなども搭載していますので、ご自宅での録音・練習用としてもオススメのヘッドアンプです。

ソリッドステートのクラスDアンプということもあり、クリアー且つワイドレンジなサウンドで、低音域から高音域までバランスよく鳴ってくれる印象です。特に高音域がきらびやかに抜けてくれますので、MTDなどのアメリカンな豪快なサウンドのベースとの相性が良さそうです。Bright、Contour、Vintageの3つのトーンボイシングスイッチもしっかりと効いてくれますので、求める音像へ簡単に近づけることができますよ。高音域をより強調したい時はBrightを、スラップがタイトにキマるサウンドにするならContour、イナたい音にしたい時はVintageをオンにすると良いでしょう。

800Wという大出力ながら2.63kgという軽量さ!持ち運びに便利なキャリングケースも付属していますし、移動の多いバンドマンベーシストに大変おすすめです!
ぜひご検討くださいませ。

↓詳細はショッピングページにて!↓

Fender USA
Rumble 800 HD
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/619485
Fodera NYC Emperor J Standard Classic VSが美品中古品にて入荷!Foderaならではのハイクオリティパッシブベースです。
3/16(土)
『Fodera NYC Emperor J Standard Classic VSが美品中古品にて入荷!Foderaならではのハイクオリティパッシブベースです。』

いつもお世話になっております、プレミアムベース土師です。
先日、和歌山の白浜に旅行に行ってまいりました。やはり、白浜と言えば...とれとれ市場。海鮮丼と白魚の踊り食いを堪能してきました。踊り食いは初体験でしたが、なんだか不思議というか、とても口内がこそばゆいですね。しかし、噛む時に少し罪悪感が...ちょっとだけブルーな気持ちになりましたが(笑) とても美味しかったです。また足を運びたいですね。

さて、本日ご紹介するのはこちら。
【Fodera / NYC Emperor J Standard Classic VS '17 [USED] 】です。
ハイエンドベースブランドとして確固たる地位を築き上げているFoderaのパッシブスタイルベースが、こちらのNYC Emperor J Standardシリーズ。一見、ルックスはヴィンテージスタイルのそれですが、ボディシェイプやヘッドの形状はFoderaのEmperorと同じ形状を採用。トラッドなサウンドフィールを持ちながらも、Foderaらしいプレイアビリティを両立した、Foderaならではのモデルとなっています。

当機は2pc.アルダーボディ、3pc.メイプルネック、インドローズ指板を採用。所謂、60sのジャズベースと同様の仕様ですね。もちろん、スケールは34インチスケールです。左右非対称のボディシェイプで、座奏時、立奏時どちらもバランスが良く、また、22フレットとフレットも多めになっていますが、非常に滑らかなヒールカット加工が施されていることもあり、ハイポジションの演奏性も確保されていたりと、高いプレイアビリティを持っています。コントロールは通常の2-Volume、1-Toneで、ピックアップにはSeymour Duncan製Antiquity Single Coilsを搭載しています。

アルダーらしいパンチのあるミドルと柔らかいアタック感が心地良く、フィンガー、スラップどちらも太く抜けてくれる印象で、60's Jazz Bassに通ずるものを感じます。ネックが3pcメイプルとラミネートされてはいますが、ラミネートネック特有のコンプ感は少なく、オープンな質感に仕上がっています。それぞれのピックアップポジションの音が非常に実用的で、どのようなセッティングにしても使える音をアウトプットするサウンドクオリティは流石Fodera、ですね。ネックは薄すぎず分厚すぎず、丁度良い塩梅の太さのUシェイプで、加えて弦高が低めに設定されており、演奏性もバッチリ確保されています。もちろん、弦高を上げて使用するのもオススメですよ。

非常に美品の良コンディションを保つお買い得USED品!上質なJBスタイルベースをお探しの方にオススメです。
是非ご検討くださいませ。

↓詳細はショッピングページにて!↓

Fodera
NYC Emperor J Standard Classic VS '17【USED】
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/620035
登場20周年を記念したアニバーサリーモデル! Ibanez が送る、名手ゲイリー・ウィリス氏のシグネイチャーモデル!
3/15(金)
『登場20周年を記念したアニバーサリーモデル! Ibanez が送る、名手"ゲイリー・ウィリス氏"のシグネイチャーモデル!』

プレミアムベース小村です。いよいよ今日からF1が開幕です。ちょうど今頃、練習走行2回目の真っ最中でしょうかね、早くも結果が気になっています。ずっと贔屓にしている"跳ね馬"はもちろん"ジャパンパワー"の活躍も気になります。シーズン初戦…良い結果が出せればと!!

さて、本日はこちら。Ibanezの2019年モデルから1本ご紹介します。NAMMショー閉幕からしばらく経ち、市場でも見かける機会が増えてきたかと思います。最近では当店でも試奏のリクエストが増えており、その評判も徐々に浸透している印象が感じられます。レギュラーモデルはもちろん、新たなシグネイチャーモデルも発表されました。それがこちら…名手"ゲイリー・ウィリス氏"のシグネイチャーモデルです。何と今年、発売から20周年を迎えたそうでして、当機はアニバーサリー仕様となっています。

SRシリーズを彷彿させる小振りなボディはそのままに、随所にレギュラー仕様と異なるポイントが散りばめられる当機。まずはボディ材なのですが、アッシュトップ/バスウッドバックのラミネートボディになっています。フラットな音響特性と共に味わえる適度な厚みが持ち味となっています。また、ナチュラルカラーや初期に展開されていた黒がお馴染みかと思いますが、当機は艶消しのサンバーストカラーを採用。フレットレスということで…イメージも沸きやすいかと思います(笑)トップに貼られるアッシュの導管を塞いでいないところもポイントです。更に電装周りもガラッと変わり、バルトリーニPUとプリアンプをアギュラー製のPUとプリアンプに変更しています。アギュラーならではのどこか柔らかさが感じられるキャラクターは、当機だとより一層力を発揮する印象が感じられますね。

GWBではお馴染みの"フィンガーランプ"や独自形状のツマミを採用したペグは当機でも健在。誕生から20年、我々ユーザーはもちろんご本人も愛したポイントはしっかりと備わっていますし"フレットレスの名機"として、今も尚多くのプレイヤーを魅了するサウンドやプレイアビリティもしっかりと引き継がれています。実は店頭でもお問合せをいただくことが多く、ショップオーダーとして仕込んだモデルも早々に嫁いでいったりと密かに人気を集めていました。氏のファンという方はもちろん"モデルのファン"も多いであろう当機。しっかり使えるフレットレスとして、オススメですよ。

↓詳細はショッピングページにて!↓

Ibanez
GWB20TH-TQF [Gary Willis Signature Model] 【数量限定!アイバニーズ・ロゴ入りヘッドホン・プレゼント!】
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/617873
Warwick TeamBuiltシリーズのStreamer Stage I!優れたコストパフォーマンスと共に本家に迫る仕様を実現する人気シリーズです!
3/14(木)
『Warwick TeamBuiltシリーズのStreamer Stage I!優れたコストパフォーマンスと共に本家に迫る仕様を実現する人気シリーズです!』

ホワイトデーですね。お返しは用意されましたか?(僕も先日、大急ぎで用意しました…。)物の形は様々ですが、込めた気持ちはきっと伝わると信じることにしました(笑)男性の皆さん、今日は皆で頑張りましょう(笑)

さて、本日はこちら。
店頭でも多くの注目を集めているWarwickです。個人的にも好きなブランドでして、いつもメーカー公式SNSをチェックしているのですが、日々取り上げられるカスタムショップモデル達には惚れ惚れしてしまいます。中には当店でオーダーしたモデルも掲載されており、スタッフ間やお客様との話の中でもしばしば話題となります。豪華絢爛なカスタムショップモデルも魅力的ですが、こちらのシリーズも魅力タップリ…"Team Built"シリーズです。

ジャーマン・プロシリーズとも呼ばれる当シリーズ。カスタムショップと同じく本国ドイツ製として展開しながら、高いコストパフォーマンスを実現しています。また、往年の本家ドイツ製モデルに肉薄する仕様を取り入れるモデルも用意されており、ブランドに憧れる若手プレイヤーはもちろん、古くからのワーウィックファンやプロミュージシャンからも絶大な支持を集めています。本日はそんなTeam Builtシリーズから、ブランドを通しての看板モデルとして愛される"Streamer Stage I"をご紹介します。

人間工学に基いてデザインされるコンパクトなカーブドボディ、PJレイアウトのピックアップとスルーネック構造というお馴染みの仕様は当機でもしっかりと継承されています。また、当機は日本限定仕様モデル。通常はUSチェリーが採用されるウィング材をフレイムメイプルに変更しています。サウンドもより一層"本家"の仕様に近づくだけでなく、ルックスの面でも、本家に迫る良杢で弾き手を楽しませてくれます。また、ネックは3pcメイプル…古くからワーウィックをご存知の方であれば、ウェンジネックに変わる前のStreamer Stage Iを思い出されるかと思います。あの頃のハリがあるディープな低音は、当機でもしっかりとお楽しみ頂けます。

本格的な仕様と共に実現する優れたコストパフォーマンスは、ワーウィックを身近に感じさせるだけでなく"ワーウィックのサウンド"もしっかりと楽しめる仕上がりとなっています。特に積極的なツアー活動を行うバンドマンさんや、昔からずっと大事に使っている古いワーウィックをお持ちの方にとっては凄く嬉しいモデルではないかと思います。本家と同じく魅力タップリなTeam Builtシリーズ。是非、そのサウンドをお楽しみ下さいませ。

↓詳細はショッピングページにて!↓

Warwick
Teambuilt GPS Streamer StageI 4 "Flame Maple Body"(Colored Transparent Satin Ocean Blue)
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/619908
Citron AE5の買い得中古品が入荷。Citronだからこそ成し得る、究極のアコースティック&エレクトリックのハイブリッドベース!
3/13(水)
『Citron AE5の買い得中古品が入荷。Citronだからこそ成し得る、究極のアコースティック&エレクトリックのハイブリッドベース!』

いつもお世話になっております、プレミアムベース土師です。
昨日に引き続き、今日も風が強く吹いており、非常に肌寒いですね。服装のチョイスが難しい時期です...。そういえば、最近平日にも関わらずやたらとアメ村が人で賑わっているな~、と思ったら、なるほど、卒業して受験の終わった元(?)高校生や、春休みに入った大学生の方々が多いんですね。進学・進級目前ですし、是非、楽器の買い替えや新しく始めようとお考えの方がいらっしゃいましたら、当店へ足を運んでいただければと思います。誠心誠意、ご案内いたしますよ!

さて、本日ご紹介するのはこちら。
【Citron / AE5 35"/19mm Space, 2pickup '99 [USED] 】です。
Harvey Citron氏による完全にハンドメイドにて製作されるCitron。Steve Swallow氏の使用で有名ですね。アコースティックベースとエレクトリックベースを融合したAEシリーズは、まさに究極のエレアコベースと言って差し支えないでしょう。

当機は35インチスケール、19mm弦間ピッチにて製作されたAE5。スプルーストップ/2pc.マホバニーバックボディ、3pc.マホガニー/メイプルネック、モラド指板を採用。ボディに使用されているマホガニーは、アコースティック楽器のように、木板を折り曲げてボディの形に加工したものではなく、マホガニーの分厚い1枚板からくり抜かれて製作されています。ブリッジ部にEMGカスタムピエゾピックアップ、そしてマグネティックピックアップを2基搭載したオプション仕様で、アコースティックらしいサウンドは勿論、エレキベースらしいサウンドも難なく出力する、非常に高い汎用性を持っています。

コントロールも非常に多彩で、マスターVol、マグネティック&ピエゾのブレンド、マグネティックPUのバランサー、ミドル、ミドルフリーケンシー、マグネティックとピエゾそれぞれのトレブル&ベース、ピエゾON/OFF Mini SWとなっており、多彩なサウンドメイクが可能となっています。

厚みが2.5インチ(約6.3cm)あるボディ、35インチスケール、19ミリピッチなど、スペックだけ見ると中々サイズ感があるベースに思えますが、実際手にとってみると、驚くほど違和感なく、ストレスフリーに演奏が可能となっており、当機のバランスの良さ、考え抜かれたデザインの恩恵を感じることができます。

音自体はアコースティックらしい、暖かみのあるリッチな低音を感じさせつつも、非常に太くクリアーな音像を持っているにも関わらず、明瞭さや立ち上がりの良さはエレクトリックのそれを彷彿とさせるもので、実際にお試しいただければ、Citronがアコースティック楽器とエレクトリック楽器の融合の完成型と謳われる理由が一瞬で理解していただけるかと思います。ピエゾ、マグネティックそれぞれに妥協が一切なく、どっちつかずなサウンドではなく、マグネティックではしっかりとエレキベースのサウンドを、ピエゾではアコースティックなサウンドが味わえますし、それぞれをブレンドすることも可能ですから、場面によってより良い結果を得られるサウンドへの調整が用意に行えるのも、Citronの素晴らしい点ですね。

99年製ということもあり、全体的に使用感はございますが、ネック、フレット、トラスロッドなどの状態は問題なく、今後も永くお使いいただけるコンディションを維持しています。年産10本と、希少性も高いCitron。
是非ご検討くださいませ。

↓詳細はショッピングページにて!↓

Citron
AE5 35"/19mm Space, 2pickup '99【USED】
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/619986
Sadowksyより24フレット仕様のRV5、RV5-24が入荷!バランスの良い24フレットアクティブジャズベースです。
3/12(火)
『Sadowksyより24フレット仕様のRV5、RV5-24が入荷!バランスの良い24フレットアクティブジャズベースです。』

いつもお世話になっております、プレミアムベース土師です。
最近アメ村は雨続きでしたが、今日は良い晴れ模様。しかし、その分風が強く、中々に肌寒い...。晴れているからという理由で薄着で出てきたのが失敗でした。お昼には何か身体の温まるものでも食べに行こうと思います。(笑)

さて、本日ご紹介するのはこちら。
【Sadowsky Guitars / Metro SeriesRV5-24 (Dark Cherry Metallic) 】です。
Sadowsky MetrolineシリーズのRV5-24、こちらの仕様のRVは久々の入荷です。ボディのDark Cherry Metallicカラーとべっ甲ピックガードのコントラストが渋い1本ですね。

当機は基本的な仕様はそのままに、ボディシェイプを工夫することで、 通常の21フレット仕様から持ち替えても違和感なく演奏ができる24フレット仕様のRV5。アルダーソリッドボディ、メイプルネック、ローズウッド指板を採用。通常のRVシリーズと比べて、24フレットということと、それに伴いジョイント位置とボディシェイプが変更されている、という点以外では相違点はありません。

アルダーらしい芳醇な中低音とローズ指板らしい甘いトーンは、60sジャズベーステイストを持ったサウンドになりますね。60sジャズベースのようなトーンにSadowskyのテイストが加わることで、ワイドレンジ且つノイズレスな安定感のあるサウンドに仕上がっています。24フレット仕様ということもあり、通常の21フレット仕様のRV5とはボディ自体の体積が変わりますので、少々サウンドに違いが出てきます。通常のモデルに比べ、RV5-24は中低域が少々スッキリとしており、スラップのサムピングなども指板の上を叩く形になりますので、21フレットモデルに比べると軽やかなサウンドになっている印象です。

工夫されたボディシェイプのおかげで、座奏、立奏どちらにおいてもボディバランスが良く、尚且つハイポジションのアクセスも良いので、24フレット仕様でしっかりとしたジャズベースサウンドを持つベースをお探しの方にオススメですよ。是非ご検討下さいませ。

↓詳細はショッピングページにて!↓

Sadowsky Guitars
Metro SeriesRV5-24 (Dark Cherry Metallic)
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/617513
MTD 535-24の良質中古品のご紹介。フレイムレッドウッドトップが美しい、使えるフレットレスベース!
3/11(月)
『MTD 535-24の良質中古品のご紹介。フレイムレッドウッドトップが美しい、使えるフレットレスベース!』

いつもお世話になっております、プレミアムベース土師です。
最近雨が多いですね~。今はもう晴れていますが、今朝も雨が降っていました。明日からは晴れ模様が続くようで何よりですが、その分花粉が飛散しそうです。この時期はやはり花粉がとにかく辛い!鼻水もくしゃみもとんでもないことになります。おすすめの花粉症の薬などあれば、是非お教え下さい...。

さて、本日ご紹介するのはこちら。
【MTD / 535-24 Fretless"Flamed Redwood Top" '05 [USED] 】です。
現代ハイエンドベースの礎を作り上げたブランド、Michael Tobias Desigh。様々なジャンルのベーシストから高い支持を得ており、国内でもMTDを愛用しているベーシストも多いですね。今回ご紹介するのは人気の高い35インチスケール、24フレット、5弦仕様のフレットレスです。

当機はフレイム・レッドウッドトップ/マホガニーボディ、1pc.メイプルネック、エボニー指板を採用。ピックアップ、プリアンプにはお馴染みのMTD用にカスタムメイドされたBartoliniを採用しています。

マホガニーボディから成る太く滑らかな低音に、エボニー指板らしい非常にワイドレンジで、瑞々しく透明感のある高域が心地良く、立ち上がりの早さなども含め、非常にディープなフレットレスベースサウンドがお楽しみいただけます。右手のタッチニュアンスや、左手でのヴィブラートなども細かく如実に再生してくれる、音に対する反応の良さも当機の良さのひとつ。プレイヤー側の表現力が要となるフレットレスベースでは反応の良さはとても重要な要素ですが、流石MTD、何のストレスも感じさせません。比較的薄めの非対称ネックによるプレイアビリティの高さも相まって、音、演奏性、共にパーフェクトな1本といえるベースとなっています。

指板面に弦跡があるものの、ネックコンディション・トラスロッドも良好、目立つような傷もなく、大変良質な中古品です!お見逃し無く。
是非ご検討下さいませ。

↓詳細はショッピングページにて!↓

MTD
535-24 Fretless"Flamed Redwood Top" '05【USED】
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/619008
Fender アンプのNEWモデル、Rumble LT25が入荷!!
3/9(土)
『Fender アンプのNEWモデル、Rumble LT25が入荷!!』

プレミアムベース小村です。
卒業式シーズンということで、学生さんをよくお見掛けするこの頃。大学の卒業式後なのか、振袖姿(で、あっているのでしょうか…?)の女性が多く、夜になっても心斎橋の駅は賑やかでした。卒業式…自分に置き換えると随分前に感じます。久々に地元の友人にも会いたくなりますねぇ…。

さて、本日はこちら。
フェンダーから登場した新たなベースアンプです。ギター/ベースはもちろん、アンプも世界中にファンを抱えるフェンダー。古いモデルから最新モデルまで、多くの支持を集めていますね。本日ご紹介するのは…フェンダーの伝統を踏襲しつつも随所に革新的な技術を取り入れたコンボアンプ"Rumble LT25"です。パッと見ると、シンプルな練習アンプに見えますが…かなり多機能な1台です。

モデル名の通り、25ワットの出力を持っている当機。8インチのスピーカーを組み合わせており、自宅での練習はもちろん、小規模なライブもしっかりとこなせる音量も出せる1台となっています。木製キャビネットを採用しており、重量はおよそ8.7キロ。持ち運びもしやすいかと思います。そして1番のポイントが…コントロール。こちらはデジタルアンプを採用しており、エフェクターを内臓していることはもちろん、何とサウンドプリセットが50個も用意されています!更にUSBを用いてパソコンと繋げば…より綿密なサウンドメイクも行えるようになっています。呑み屋さんでかる~く…という形のライブやちょっとした練習の時間も、革新的な技術が生み出す充実のサウンドでより楽しく行っていただけるかと思います。

もちろん、ヘッドフォンアウトやAUX INも完備。ベーシストをしっかりとサポートしてくれるアンプとなっています。ここ最近のフェンダーらしく、革新的な技術や近代的な仕様を盛り込みながら、伝統のサウンドは健在という仕上がり…古くからのファンはもちろん、若い世代の方にも親しみやすい印象を与えてくれるのではないかと思います。僕もそうなのですが…ここ最近、練習に関してはヘッドフォンアンプに頼りがちです。しかしながら、アンプだからこそ楽しめる音も、やっぱり魅力的だと思います。そんな一面も思い出させてくれるモデルがまさに当機。是非、ご体感下さいませ。

↓詳細はショッピングページにて!↓

Fender
Rumble LT25
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/619480
大阪発!アメ村の
3/8(金)
『大阪発!アメ村の"音楽人"から絶大な信頼を得ている工房 #八弦小唄 が手掛けるフレットレスPBタイプ!』

プレミアムベース小村です。
3月も中旬が近づいてきて、暖かくなりましたねぇ。店頭で開梱や梱包を行っていると、じわりと汗をかいてしまいます。そろそろ春休みに入っているのか、若い学生さんのご来店が多く見られます。初めてのベースを見ている方も多いようですので、じっくりと"相棒"を吟味していただければと思います。

さて、本日はこちら。
ここアメ村に居を構えるリペア工房"八弦小唄(ハチゲンコウタ)"が手掛けるPBタイプです。当工房は精力的な活動を行うバンドマンはもちろん、当店を含めた近隣楽器店のリペアも手掛けており、アメ村の"音楽人"から絶大な信頼を寄せられています。そんな工房なのですが、ここ最近は自ブランドの楽器も手掛けており、こちらも多くのご好評を集めています。当店では昨年夏にJBタイプが入荷しましたが、若手バンドマンや通なベーシストさんの多くを唸らせるサウンドを持ち合わせています。そんなJBタイプに続く当ベースはPBタイプ、しかも…ピンッとくる人には嬉しいフレットレス仕様です。

アルダーボディ/ローズウッド指板で3トーン・サンバーストという王道スペックをフレットレスにて。しかもこちらはヴィンテージ文献等でも目にすることがある"指板ラインなし"の仕様を採用しています。通なPBファンであればおおっと声が上がるかと思います。僕も一度だけ"実機"を見かけたことがあるのですが、その佇まいには本当に感動しました。(音が出せれば良かったのですが、なかなかそうもいかないので…(汗))PBタイプらしいサウンドはそのままに、伸びやかなフレットレスサウンドが楽しめる当機。弦もフラットワウンドにてセットアップしていただきました。…ウッド弾きの方であれば、このサウンドはたまらないかと思います。先発のJBタイプと同じく当機もまた、ヴィンテージを思わせるサウンドを持ち合わせていながら、実際に現場へ持ち込んだ際のプレイアビリティも考慮された"弾きやすさ"も兼ね備える仕上がりとなっています。

また、当ブランドはセンス溢れるアンティーク仕上げもご好評ポイント。さすが多くの修理を手掛けてきた工房だけあって…そのリアリティ溢れる仕上がりには驚きます。多くの戦歴を重ねてきたかのようなルックスは風格たっぷりです。オシャレな付属ハードケースも同じくポイントです。(紺色の唐草模様!可愛い!)ハンドメイドでじっくり製作される為、まだまだ市場でも貴重な存在。その評判を耳にした方だけでなく、日頃から工房でお世話になっていて気になっている方もいらっしゃるかと思います。大阪発のハンドメイド・レリックベース…是非、そのサウンドをお楽しみ下さいませ。

↓詳細はショッピングページにて!↓

八弦小唄(8gen-kouta) / '60 PrecisionBass Style Fretless 3Tone Sunburst
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/619411
MTDではレアなスルーネック仕様のTN535-24が美品中古にて入荷!
3/7(木)
『MTDではレアなスルーネック仕様のTN535-24が美品中古にて入荷!』

いつもお世話になっております、プレミアムベース土師です。
今日はぼちぼちなお天気ですね。予報では曇りのち晴れとのことで、お昼すぎには程よくお出掛け日和になるのではないでしょうか。是非、ご来店いただければと思います。さて、話は変わりますが私、最近SF映画にハマっておりまして。最近見た中だと、インターステラーなど、クリストファー・ノーラン氏の監督作品が大好きです。特に宇宙とかが出てないとダメ!ってことはなく、インセプションのような映画も好きでして。何かオススメがあれば、是非教えていただければと思います。映画ってやっぱりいいですね。

さて、本日ご紹介するのはこちら。
【MTD / TN535-24"Bubinga Top" '07 [USED] 】です。
春のMTD祭り開催中な当店のMTDラインナップの中でも、一際珍しい1本がこちら。スルーネック構造を採用したTN535-24です。

当機はブビンガトップ/ウェンジミドルレイヤー/アルダーボディ、5pc.メイプル/ブビンガネック、インディアンローズウッド指板を採用。ピックアップ、プリアンプにはお馴染みのMTD用にカスタムメイドされたBartoliniを採用。コントロールもMaster Volume、PU Balancer、3BandEQ、Mid-Freq SW(1kHz,500Hz,250Hz)といつもの仕様となっています。

スルーネック特有の深みのあるロングサステインを持ちながらも、立ち上がりが遅いという印象は全くなく、芳醇な倍音がドッシリと乗った太く抜けるサウンドが特徴となっており、MTDらしい透き通るような抜け感を持ったアタックと、ボトムの効いた低音が心地良い1本となっています。通常の535などと比べ、ネックが5ピース構造になっていることもあり、少々コンプ感のある出音にはなっていますが、そのおかげで1音1音の圧は増しており、ミドルにコシのあるパンチが強いサウンドを持ったMTDをお探しの方にはピッタリではないでしょうか。アルダーボディ、ローズ指板とMTDの中では比較的トラディショナルな木材構成でありながらも、しっかりとMTDらしさを感じさせてくれるサウンドは流石の一言。実際、いなたい雰囲気も持ち合わせており、ルックスもさることながらTobias期を彷彿とさせる1本です。

ネックコンディション・トラスロッドも良好、目立つような傷もなく、大変良質な中古品!お見逃し無く。
是非ご検討下さいませ。

↓詳細はショッピングページにて!↓

MTD
TN535-24"Bubinga Top" '07【USED】
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/619221
Sadowsky NYCよりSatin Series 5/21F Vintage Jが入荷!NYCクオリティを維持しつつも価格を抑えたコストパフォーマンスモデル!
3/6(水)
『Sadowsky NYCよりSatin Series 5/21F Vintage Jが入荷!NYCクオリティを維持しつつも価格を抑えたコストパフォーマンスモデル!』

いつもお世話になっております、プレミアムベース土師です。
最近、髪の毛が長すぎて鬱陶しくて仕方がない(笑)。意図して伸ばしているので文句を言うのも何ともなんですが...ロングって大変なんですねぇ。乾かすのも、お手入れもセットも伸びれば伸びるほど大変です。いやはや、ロングを維持している女性の方々、凄いですねぇ。尊敬します。とりあえず、自分の髪の毛の心配をしなくては...(笑)。バッサリいくか、伸ばし続けるか悩み中です。

さて、本日ご紹介するのはこちら。
【Sadowsky Guitars / NYC Satin Series 5/21F Vintage J (Black Pearl)】です。
NYCクオリティを維持したまま、高いコストパフォーマンスを実現したサテン・シリーズが入荷いたしました。サテン・シリーズでは、オプション数を限定することで生産効率を高め、加えて使用材のコスト面も統制することで、通常のNYC製品と同レベルの品質を実現しながらも、大幅にコストをカットしたモデル。

当機はアッシュボディ、メイプルネック/メイプル指板を採用。チェンバー構造を採用したボディ、グラファイトバーが仕込まれたネック、ハムキャンセル仕様のシングルピックアップなどなど、Sadowskyお馴染みの仕様にて製作されています。

アッシュメイプルのベースらしいパンチのあるサウンドでありながらも、Sadowsky NYCならではの煌びやかに抜けるサウンドは当機でも健在。芳醇な圧のある低音、ファットなボトムを感じさせてくれるミドル、倍音がタップリと乗った高音など、どの帯域も文句のつけようが無いクオリティのサウンドに仕上がっています。どんな奏法、ジャンルにでも通用するレベルのサウンドクオリティは、コストパフォーマンスモデルであるサテン・シリーズとはいえ、Sadowsky NYCならではですね。約3.95kgという軽量さも、プレイヤーにとって嬉しいポイントです。

ブラックパールカラーが美しい、NYCベースを是非ご堪能いただければと思います。
是非ご検討下さいませ。

↓詳細はショッピングページにて!↓

Sadowsky Guitars
NYC Satin Series 5/21F Vintage J (Black Pearl)
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/619011
春のMTD祭りからレアな1本をご紹介!貴重な4弦仕様435です!
3/5(火)
『"春のMTD祭り"からレアな1本をご紹介!貴重な4弦仕様"435"です!』

プレミアムベース小村です。まだ夜は寒いですが、日中は春の陽気が心地良いですね。天気も回復しましたし、春休みのお出掛けの足も軽くなるのではないでしょうか?(笑)当店の近隣では、新しいタピオカ屋さんが出来たそうで凄く賑やかです。是非、お立ち寄りの際には当店にもご来店下さいませ。

さて、本日はこちら。今、プレミアムベースではMTDがアツい!"春のMTD祭り"と題しまして、お買い得な中古品やNAMMショーで注目を集めたモデルが集合しています。若手からベテランさんまで多くの支持を集める当ブランド。当店でもお世話になっているKASHさん(NEIGHBORS COMPLAIN)が愛用されていることもあり、MTDに関する話題は店頭でも尽きません。ハイエンドブランドの代表格と言っても過言ではない当ブランドが当店に集まっている中、ちょっと珍しい1本がいまして…市場でもかなりレアな"4弦のMTD"です。

多弦のイメージが強いMTDに於いてはある種の"個性"を発揮している当機"435"。35インチのネックでボルトオン構造、バルトリーニの電装周りはしっかりと採用されています。そしてMTDのもう1つのポイントとなる"木材(トーンウッド)"には、フィギャードメイプルをトップに貼ったアッシュボディ、ウェンジネック/ウェンジ指板のコンビネーションを採用。MTDらしい瑞々しく迫力溢れるサウンドをしっかりと生み出します。当機は21フレット仕様ということで、スラップ時の力強いサウンドもしっかりとお楽しみいただけますよ。以前にKASHさんからお伺いした"オススメセッティング"で試してみましたが、とにかく気持ち良い!!特に当機は4弦ということで、E弦の叩いた時のオープンな鳴りが最高です。Fender等に代表されるトラッドなベースのニュアンスのまま、MTDのサウンドテイストが楽しめる…嬉しく感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

2003年製ということで、ボディの打痕やPUカバーの傷等の使用感こそ見られますが、電装周りやネック周り、トラスロッド残/フレット残は良コンディションを保っており、まだまだ現役でしっかりと活躍できる1本です。スラップでバジバシ叩いても凄く気持ち良い1本ですが…4弦で35インチネックということで、ダウンチューニングでピック弾きという、通常のMTDとはまた違った楽しみ方も持ち合わせています。(このパワフルなサウンドキャラクターは…ラウドなジャンルで心強い武器となるでしょう。)多弦のイメージが強いかと思いますが、4弦のMTDも魅力タップリ。特に往年の"トバイアス"をご存知の方であればピンッと来るのでは?貴重な4弦仕様をお見逃し無く!!

↓詳細はショッピングページにて!↓

MTD
435 "Figured Maple Top" '03【USED】
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/619230
入荷が多くてご紹介が追いついてませんので...近日入荷のSadowskyを一挙ご紹介!
3/4(月)
『入荷が多くてご紹介が追いついてませんので...近日入荷のSadowskyを一挙ご紹介!』

いつもお世話になっております、プレミアムベース土師です。
今日も雨ですねぇ...。雨の日は気分も暗く落ち込んじゃいます。靴も服も濡れちゃいますからね。洗濯物も干せませんし。外に出る気もなくなっちゃいます。明日は晴れだそうなので、お休みを頂いていますし、バッチリ洗濯掃除お買い物をしに行こうと思います。

さて、今日は先日入荷したSadowskyベースを一挙ご紹介。
最近、店頭で売れているということもあり入れ替わりが激しくてですね...ご紹介が追いついてません。これは由々しき事態です。ということで、Sadowsky GuitarsのMetroline MV4シリーズを3本ご紹介致します。

MVシリーズは当機はアッシュボディ、メイプルネック/メイプル指板のネックを採用。NYC同様、ネックにグラファイトバー、パーツ類、電装系などなど、木材以外のパーツはほぼ全てNYCと同様のものを使用しています。なお、NYCはボディにチェンバー構造を採用していますが、Metroはソリッド構造にて製作されていますので、しっかりしたタッチで弾き込みたい、という方にはMetrolineの方がオススメだったりしますよ。

今回入荷したMV4はアッシュの木目が透けて見えるトランスレッドカラー、大定番かつ人気の高いナチュラル、そして新色トランスパープルカラーの三本。う~む、どの個体も良い感じにSadowskyらしいサウンドとプレイアビリティを持っていて、お勧めです。アッシュメイプルらしいコシのある引き締まった低域と、シャープで明瞭なアタックはスラップはもちろん、指弾きなどでもしっかりと抜けるサウンドをアウトプットしてくれます。個人的に思うSadowskyの好きなポイントは、1~2弦にもしっかりとローが乗っていることと、ポジションによる音色の変化が少ないので高音弦のローポジなども積極的に使えることですね。このポジションによる音のバラつきが少ないというのは、結構大事なことだと思います。

Sadowskyは見た目だけで選んでしまっても大丈夫と言えるほど、クオリティが高いブランドと言っても過言ではないのではないでしょう。ボディの重量もほぼ同じですので、是非店頭にて弾き比べ頂ければと思います。ご来店お待ちしております~!

↓詳細はショッピングページにて!↓

Sadowsky Guitars
Metro Series MV4 (Trans Red)
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/619064

Metro Series MV4 (Natural)
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/619060

Metro Series MV4 (Trans Purple)
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/619072
Fenderより新シリーズ、American PerformeのJazz Bassが入荷!サテンサーフグリーンカラーのハイコストパフォーマンスジャズベースです!
3/3(日)
『Fenderより新シリーズ、American PerformeのJazz Bassが入荷!サテンサーフグリーンカラーのハイコストパフォーマンスジャズベースです!』

いつもお世話になっております、プレミアムベース土師です。
本日は雛祭りですね~。雛祭りと言えばひな壇ですが、かれこれ、十数年は見ていないような...。小さい頃はよく実家で見かけたものですが、今となっては雛人形自体、保管すらしていません。というのも、実家では猫5~6匹と一緒に暮らしておりまして、ひな壇を飾るとまぁ間違いなく乗ったりして危険ですから...(笑) それに、実家にいる人間は皆成人してますから、飾る理由も無いという。なんだか、寂しい話みたいになってしまいましたが...是非、ひな人形をお持ちの方は久々にひな壇を飾ってみてはいかがでしょうか。

さて、今日ご紹介するのはこちら。
【Fender USA / American Performer Jazz Bass (Satin Surf Green/Maple) 】です。
2019年、Fenderより新たにラインナップに追加されることが発表されたAmerican Performer。USA製フェンダーらしい伝統的なサウンド、演奏性を持ちながらも、10万円半ばというお手頃な価格を実現したハイコストパフォーマンスモデルです。

当機はアルダーボディ、メイプルネック、メイプル指板を採用。ピックアップには新開発の全てのピックアップポジションで均一な出力が得られるよう、調整されたYosemiteピックアップを搭載。また、トーンを絞った際に高域だけでなく低域も適度に同時にカットするGreasebucket Tone Systemを採用。モダンな仕様も取り入れています。ネックシェイプも細く薄めなModern Cシェイプ、且つ9.5インチラジアスを採用したフラットめな指板を採用していることもあり、そういったプレイアビリティに関わる部分も現代のニーズに合わせて設計されています。

アルダーボディということもあり、低域に柔らかさとパンチのある、ジャズベースらしいトーンを持っていますが、メイプル指板を採用していることもあり通常のローズ指板のジャズベースに比べ、明るいサウンドに仕上がっています。Yosemiteピックアップの恩恵か、非常にダイナミックなサウンドで、強く弾いた際のアタックの出方が心地よく、歪みペダルを使ったりしても音が潰れずに抜けてくれそうです。また、Greasebucket Tone Systemの効果により、トーンを絞りきっても音が籠もりすぎることがなく、しっかりハイをカットしつつも、濁りのないウォームなサウンドがお楽しみいただけます。

サテンサーフグリーンカラーがかわいらしい1本。おすすめですよ。
是非ご検討下さいませ。

↓詳細はショッピングページにて!↓

Fender USA
American Performer Jazz Bass (Satin Surf Green/Maple)
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/619033
2019 Winter NAMMショーモデルのMTD 535-24 Super5が入荷!トップのメイプルバールが美しい、25周年アニバーサリーモデル!
3/2(土)
『2019 Winter NAMMショーモデルのMTD 535-24 Super5が入荷!トップのメイプルバールが美しい、25周年アニバーサリーモデル!』

いつもお世話になっております、プレミアムベース土師です。
3月に入り...ポカポカとした気候になりつつありますね~。大変過ごし易くて最高です。こういう日は芝生の生えている公園にでも行って、お昼寝がしたいものです。そういえば、昨日卒業式の学校が多かったようで...お休みをいただいておりましたので、出掛けていたのですが、街中や電車に花束を持った高校生達が多くいらっしゃいました。いやはや、ああいうのを見ると春を感じますね~。出会いと別れの季節といいますし...なんだか、しんみりとしてしまいます。戻れるものなら、あの頃に戻りたい...。

さて、今日ご紹介するのはこちら。
【MTD / 535-24 Super5"Maple burl top,Special 25th anniversary"[2019NAMM] 】です。
絶賛、春のMTD祭り開催中な当店ですが...今回ご紹介するのは今年のWinter NAMM Showのショーモデル。MTDブランド25周年アニバーサリーを飾る1本です。

当機は日本のシンガー、AI氏などのバックでも演奏を務める実力派のベーシスト、Robert "Bubby" Lewis氏のシグネイチャーモデルであるSUPER5というモデル。リア寄りに配置された2つのBartoliniカスタムメイドピックアップと、PUのSeries/Parallel/Singleを切り替えが可能なミニSWが搭載されており、通常の535モデルなどと比べ、より粒立ちと音抜けの良いサウンドが特徴となっているモデルとなります。

メイプルネック、エボニー指板、メイプルバールトップ/ブラックリンバボディを採用。
ショーモデルらしい、美しいエキゾチックウッドが随所に使用されています。得にトップの非常に細かく立体的な杢を持ったメイプルバールは、こういったショーモデルならではの醍醐味ですね。

MTDの中では少々独特なコントロールになっており、基本的なツマミのレイアウトなどは同じですが、ボリュームにてアクティブとパッシブの切り替えをプッシュプルにて行えるようになっていたり、ミドルのフリーケンシーの切り替えがミニSWではなくポットのプッシュプルの2段階になっていたり。また、それに伴ってか、ミドルの周波数もBubby Lewis氏の好みに合わせてか、400Hzと800Hzにチューニングされています。

ブラックリンバらしいコシと粘りのあるローミドルとコリコリとしたアタックが特徴のハイミドルに加え、エボニーらしいスピーディな圧のあるサウンドが合わさり、尚且つリア寄りに配置されたPUレイアウトということもあり、指弾きで高速パッセージを弾いてもモタつくことのない、反応の良いサウンド。フロント寄りにして弾いてやるとどこかジャズベースのBoth Pickup時の様なサウンドになりますし、リア寄りにした際のプクプクとした抜けるサウンドも心地良く、個性的なPUレイアウトでありながらも、高い汎用性を感じさせてくれます。

35インチスケールでありながらもストレスなく弾けるバランスの良さはMTDならではですね。左右非対称ネックも非常に握りやすく、プレイを阻害しません。プレイアビリティの高さも、MTDの魅力のひとつと言えるでしょう。

これぞショーモデル!という醍醐味が詰まった1本。
是非ご検討下さいませ。

↓詳細はショッピングページにて!↓

MTD
535-24 Super5"Maple burl top,Special 25th anniversary"【2019NAMM】
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/618890
この小ささに秘める本格サウンドは必見! #GUILD が手掛けるミニアコベが再入荷!
3/1(金)
『この小ささに秘める本格サウンドは必見! #GUILD が手掛けるミニアコベが再入荷!』

プレミアムベース小村です。3月と共に春もやってきたのか、随分と暖かくなった印象があります。ちょっと陽気が気持ちよかったので、出勤時の音楽はレゲエロックを聴いていました。(季節先取りな気はしますけどね…。)お出掛けの足も少し軽くなるかと思います。アメ村にお立ち寄りの際には是非、当店に足を運んでみてください。

さて、本日はこちら。…いい時期に入荷しました、GUILDが手掛けるパーラーサイズのアコースティックベース"JUMBO JUNIOR BASS"です!エレキベースも含めて、通常のショートスケールよりも更に短いスケールを採用する当機。(全長はなんと940ミリ!)気軽に使える大きさから、多くの支持を得ている印象が感じられます。しかしながら大きさだけでなく、しっかりと持ち合わせる本格的なサウンドも、ご好評の所以ではないかと思います。

まず、使用する材ですが、トップはシトカスプルース、バックとサイドはフレームメイプルと、アコースティック楽器では定番のウッドチョイスを採用しています。そして、ギルドファンに嬉しいポイントがありまして…しっかりとアーチバックで仕上げられています。指板とブリッジはエボニー材。ナットとサドルも骨材が使われており、価格帯からは想像もつかない程、本格的なスペックを採用しています。ピエゾPUにはギルドオリジナルの物を採用。アンプに繋いでもしっかりと当機のサウンドをお楽しみいただけます。

気兼ねなく使える1本に留めるには勿体無い程、本格的なサウンドを持ち合わせており、"普通のアコースティックベース"としてもしっかりお使いいただける1本となっています。アンプラグド編成のバンドやハワイアン系の音楽等、持ち込むシチュエーションによってはかなり力を発揮しそうな予感がします。また、この大きさですので…お出掛けのお供にもピッタリ!ちょうど暖かくなってきたので…"外で楽しむ"のにもオススメですよ!春の陽気と共に…ミニアコベ、いかがでしょうか?!

↓詳細はショッピングページにて!↓

GUILD
JUMBO JUNIOR BASS FMx
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/595089

店舗詳細ページはこちらから>>