心斎橋プレミアムベースのおすすめブランド!!

心斎橋プレミアムベースのおすすめ情報!!

最高峰(プレミアム)で鳴らそう!イケベ大阪プレミアム大阪進出10周年祭
Sadowsky Night 2017ご招待キャンペーン
Sadowskyを買ってスペシャルライブに行こう!
YAMAHA BB SERIES NEW MODEL
【Warwick Factory Order Bass Catalogue 2016】
大人気!コンパクトベースがリニューアル
心斎橋プレミアムベースオーダーXOTIC XJ Series
あの“Providence”から、エレキベースが登場!
【Fender社協力により完成した池部楽器店40周年記念モデル!!IKEBE 40th Anniversary MBS 1962 Precision Bass Heavy Relic 3CS Masterbuilt by Paul Waller】
当店限定!ATELIER Z×Premium Bass コラボTシャツプレゼント!
池部楽器店40周年記念モデル 亀田誠治×ROGER MAYER×イケベ楽器店による、奇跡のコラボモデル。
MOMOSE Custom Craft Guitars~伝統への挑戦とあくなき探究心~
刀音 HUMSTER "Premium Bass First Anniversary"
プレミアムベース ハイエンドベースはこちらから!
Premium Bass アンプ&エフェクター
Fenderカスタムショップセレクション


心斎橋プレミアムベースの今月の買取強化ブランド!



配送料をプレミアムベースが負担する宅配買取もご利用ください!
先ずはお気軽にお問い合わせ下さい!
tel:06-6253-0061担当:ヤマモト
 

心斎橋プレミアムベースが提案する“今日の逸品”!

ここ数年で「定番」の地位を築いた、Darkglass Electronicsの新製品!「ALPHA.OMEGA」と「Alpha Omicron」をご紹介!!
9/30(土)
『ここ数年で「定番」の地位を築いた、Darkglass Electronicsの新製品!「ALPHA.OMEGA」と「Alpha Omicron」をご紹介!!』

いつもご覧いただきましてありがとうございます。
プレミアムベース幡谷です。
あっと言う間に9月も末日。すっかり過ごし易い涼しさになりましたね。当店のある大阪ミナミ・アメリカ村では、来週末から「ミナミホイール」という毎年恒例のサーキットイベントが開催されます。その影響もあるのでしょうか、最近はエフェクターやD.I.等を試奏される、機材周りを強化したいバンドマンの方のご来店が目立ちます。そこで本日は、ここ数年で「定番」とも言える立場を築いた、Darkglass Electronicsの新製品をご紹介したいと思います!

幅広いラインナップを誇るダークグラスですが、ヘヴィ系ベーシストを中心に一番人気を誇るのが、ハイファイなサウンドのベースプリアンプ「B7K」です。また、B7Kと同様の機能性を持ちつつパッシブ4弦ベースにも最適な野太いサウンドが特徴の「Vintage Deluxe」というモデルもございます。そして、それら2つのプリアンプのサウンドを1台にまとめてしまったのが「ALPHA.OMEGA」なのです!MODツマミをα側にすればB7K的なレンジ感のあるサウンド、Ω側にすれはVintage Deluxe的な荒々しいサウンド、それらを連続可変でブレンドすることで、プリアンプのキャラクターそのものを自在に調整可能になっています。EQだけではむずかしい「音の派手さ」や「音のまとまり具合」を調整したい時、MODツマミは非常に有効ですよ!

そして今回新入荷となったAlpha Omicron“Beautifully Brutal”は、ALPHA.OMEGAの歪み部分にフォーカスしたモデルとなっています。既に別のプリアンプをお使いの方や、純粋に歪み感の調整がしたい方にはコチラがオススメです! ラインナップの拡大で、元々広かった守備範囲をさらに広げたDarkglass。ベースサウンドに迫力を加えたい方、ベースの音抜けにお悩みの方、サンズよりもタッチの出るプリアンプをお探しの方、是非一度Darkglassペダルをお試し下さいませ!!

↓詳細はショッピングページにて!↓

(写真左)
Darkglass Electronics
Alpha Omicron “Beautifully Brutal” 【初回分即納可能】
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/541237

(写真右)
Darkglass Electronics
ALPHA.OMEGA
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/541024

リニューアルでより使いやすくなりました!Hallstatt WBSE-850のイケベオリジナルカラーモデル!
9/29(金)
『リニューアルでより使いやすくなりました!Hallstatt WBSE-850のイケベオリジナルカラーモデル!』

プレミアムベース小村です。
いよいよ10月がすぐそこまで迫ってきました。
F1日本GPにLOUDPARK…10月は何かと個人的楽しみが集中しています(笑)なかなか現地には行けませんが…行かれる方は楽しんで来て下さい!

さて、本日はこちら。
久々にやって来たHallstatt WBSE-850のイケベオリジナルカラーです。入門用アップライトベースとして、当店では老若男女問わず根強い人気を集めている商品です。こういったスティック形状のアップライトというと、黒色のものが多いのですが、シースルーレッドの華やかなルックスはステージ映えも狙えますし、所有欲も満たしてくれますね。パッと見は今までと変わりがないように見えますが、実は1箇所リニューアルポイントがあります。

それは、胴当ての取り付け部分です。以前はゴムのブッシュに差し込む形となっていましたが、今回のリニューアルではアンカーが打ち込まれ、ネジを回して取り付ける形に変更されました。このゴムブッシュ…差し込むときや収納で引き抜くときに一緒に抜けてしまうことがしばしばあり、ちょっとした悩みの種だったのですが、今回変更されたことで、ブッシュが抜けてしまう心配も少なくなりましたし、構えた時の安定性もグッと向上した印象が感じられます。

ボリュームとベースEQのシンプルなコントロール、AUX INやヘッドフォン端子といった、練習にも役立つ装備、加えてお求め易い価格設定は、アップライトベースを身近に感じられるポイントとして、多くのご好評を集めており、「まず始める」という所の敷居をグッと下げてくれるのは、このモデルの大きな功績のようにも感じます。芸術の秋ということで…こういうベースを手にしてみるのもアリかと思います。個人的には…ヒップホップ系を弾きたい!是非、手に取ってみてください。

↓詳細はショッピングページにて!↓

Hallstatt
WBSE-850(STRD) [Electric Uplight Bass]【イケベオリジナルカラー】
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/539887

Fender Made in Japan Traditionalは、豊富なカラーバリエーションも魅力!!フェンダーのもの作りの精神がより濃く注入された新シリーズにご注目下さい!!
9/28(木)
『Fender Made in Japan Traditionalは、豊富なカラーバリエーションも魅力!!フェンダーのもの作りの精神がより濃く注入された新シリーズにご注目下さい!!』

いつもご覧いただきましてありがとうございます。プレミアムベース幡谷です。本日ご紹介しますのは、リニューアルしました「国産フェンダー」Made in Japan Traditionalです!!

数年前にフェンダーの国内代理店が変わったのを期に、「Fender Japan」から「Fender Japan Exclusive Series」と変遷。そして今回、Fender Custom Shopマスタービルダー、クリスフレミング氏を迎えて更なる進化を遂げたのがMade in Traditionalなのです。ヘッドデカールの貼り方の変更や、トラスロッドの仕込み方、指板の接着方法、更にはプラスチックパーツの変更等、細かい部分や目に見えない部分での変化ではありますが、フェンダーのもの作りの精神がより濃く注入されています。

今回のリニューアルで、カラーバリエーションが大幅に広がりました。写真でワタクシが手にしているのは、「フラミンゴピンク」カラーに身を包んだTraditional 60s Jazz Bassです。3カラーサンバーストやナチュラル、ブラックといった伝統的なカラーの他に、トリノレッドやカリフォルニアブルーといった鮮やかな色も加わることで、ルックスの選択肢が増えたのは嬉しいですね。プレイヤーのアイコンとなる部分ですので、楽器のルックスは非常に大事です!!

音楽の歴史を語る上で絶対に避けては通れないフェンダーベース。半世紀以上に渡って受け継がれてきたトラディショナルなスタイルをさらにブラッシュアップさせたFender Made in Japan Traditional。多くの名演を支えてきたフェンダーサウンドをより多くのプレイヤーに届けることの出来るシリーズです。ベース選びで迷ったら、とりあえず一度「本家」に触れてみるのもアリだと思いますよ!!

↓詳細はショッピングページにて!↓
Fender Made in Japan Traditional、プレミアムベースのストックリストはこちら>>
上質なバールカリンを採用するムーンMBC!琥珀色が何とも美しい!
9/27(水)
『上質なバールカリンを採用するムーンMBC!琥珀色が何とも美しい!』

プレミアムベース小村です。
昨日知ったのですが、日産の名車"シルビア"が復活するかもという情報が。スポーツカー好きとしては嬉しいニュースです!最終モデルの生産が終わって15年経ちますが、まだまだ世界中で活躍している名車ですので、復活を遂げた後の事も凄く楽しみですね!

さて、本日はこちら。およそ25年振りに復活を遂げたムーンのハイエンドモデル"MBC"。名立たるプレイヤーを支えてきた"国産多弦ベースのパイオニア的存在"だったこともあり、古くからベースに親しんでいる方や、長年のブランドファンの方はかなり注目されていたのではないかと思います。本日ご紹介するのは、先日ご紹介した5弦モデルと6弦モデルの画像内にチラッと写っていた(写していた)スポット製作的に生み出されたMBCです。

今回やってきたのは琥珀(こはく)色が美しい1本。実はこの色…材そのものの色なのです。この美しい材はバールカリン。ボディトップ&バックに使用しています。カリン材の中でも、こういったバール杢が現れるものは貴重な存在だそうですよ。ボディコアにはマホガニーを採用し、トップ/バックの間にレイヤー材としてウォルナットを採用しています。この多層ボディが生み出す濃密な鳴りと適度なコンプレッション感は、海外ハイエンドブランドのような色も感じられます。

更にこちらの1本、実は当店ストックの黒いMBC5弦やメーカー掲載のスペックとちょっと違うところがありまして…ネックが3pcメイプルになっています(通常仕様はウォルナット/マホガニーの5pc.かメイプル/ウォルナットの5pc.ネックとなります)。ウェンジのズシッとした濃密でハイファイなサウンドとはまた違い、オープンでマイルドなサウンド志向に仕上がっており、弾き手目線で「使い易い1本」という印象が感じられます。

完全ハンドメイド製作の為、市場流通も少ないMBCシリーズ。更にスポット製作機ということで、この仕様となるともっと貴重な存在となります。老舗ブランドということで古くからのファンも多く、お客さまからもアツいお話を沢山伺うムーンが、25年の時を経て復活させた渾身の1本。是非、手にしてみて下さい。

↓詳細はショッピングページにて!↓

Moon
MBC-5TN BKR/E GO "Burl Karin Top, Maple Neck"
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/540432
当店オーダーのFender Custom Shop TBC 1961 Jazz Bass Journeyman Relic!
9/26(火)
『当店オーダーのFender Custom Shop TBC 1961 Jazz Bass Journeyman Relic! "あのモデル"をカスタムショップクオリティで!』

いつもご覧いただきましてありがとうございます。
プレミアムベース幡谷です。

本日ご紹介しますのは、Fender Custom Shopに当店よりオーダーしましたTBC 1961 Jazz Bass Journeyman Relicです。「Fender MEXでシグネイチャーモデルとして発売されている"あのベース"をカスタムショップクオリティで!」というコンセプトでオーダー。初期ジャズベースのようなスタック2ノブ仕様のコントロール、絶妙な色味のシェルピンクが目を惹きます。クローゼットクラシックとレリックの中間とも言えるジャーニーマンレリックが施され、ボディに細かいクラックが入った、貫禄溢れるルックスに仕上がっています。ボディの継ぎ目を敢えてセンターからずらしたオフセットセンター2Pのアルダーボディや、グリップシェイプのみ60s P-Bass oval "C" に仕上げられたネックも特徴です。

アタック時から音の粘りが感じられる、野太いサウンドが心地良く感じられます。フェンダーベースでないと味わえない、低音から高音までが一塊になって飛んで来るような、所謂芯の太いサウンドです。ネックグリップの影響もあり、ファットで密度感のあるパワフルなトーンですね。

現代のベースシーンを牽引する"あのベーシスト"のファンならずとも、思わず手が伸びてしまうのではないでしょうか。誕生から半世紀を越えた今も尚、基本フォーマットを変えずにスタンダードとして君臨し続けているFender Jazz Bass。その魅力が存分に詰まった上に、アイコニックな個性も持ち併せた1本、是非お試し下さいませ!!

↓詳細はショッピングページにて!↓

Fender USA
Custom Shop TBC 1961 Jazz Bass Journeyman Relic (Faded Shell Pink)
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/540606
Freedom Dulake Flatが新入荷!!スタッフ全員がその芯の太いサウンドに惚れ込んでしまった逸品です!!
9/25(月)
『Freedom Dulake Flatが新入荷!!スタッフ全員がその芯の太いサウンドに惚れ込んでしまった逸品です!!』

いつもご覧いただきましてありがとうございます。
プレミアムベース幡谷です。

本日ご紹介しますのは、Freedom Dulake Flatです。複雑な木材構成とカーブドボディで濃密なサウンドを放つDulake STD、シンプルな木材構成でトラディショナルなベースにも近いストレートなフィーリングを持つDulake Libero、そしてDulake Flatは、その中間的なサウンドとも言えるモデルです。当機はボディバックにアッシュ材を採用し、揃ったフレイム杢が美しいメイプルトップ、その間にはウェンジのレイヤー材が使用されています。

パッシブで鳴らしても、中低域に太い芯がありつつ程好いエッジ感もあるので、プレイヤーのタッチ次第でサウンドニュアンスをいくらでも変化させていくことが可能です。また、スラップ時やヘヴィなサウンドを狙う場面等でハイ/ローが足りなく感じる時には、アクティブサーキットが有効に働いてくれます。これもサウンドの土台がしっかりとしているからこそですね。狙ったサウンドにまで最短距離でたどり着けるような自由自在さがあるベースです。

以前メーカー担当者さんにお持ちいただいた際、スタッフ全員そのサウンドに惚れ込んでしまった1本。ボディカラーのヴィンテージイエローナチュラルと指板のインディアンローズの色味のバランスも絶妙ですよね。ジャンルを選ばず、どんなシチュエーションで使っても高得点を叩き出してくれるようなポテンシャルを持った逸品、是非お試し下さいませ。

↓詳細はショッピングページにて!↓

Freedom Custom Guitar Research
Dulake Flat 5strings "Ash Body,Rosewood F.B./Vintage Yellow Natural"
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/539116
本日より発売開始!名機“AG500”の後継機“Aguilar AG700”が早速入荷!
9/24(日)
『本日より発売開始!名機“AG500”の後継機“Aguilar AG700”が早速入荷!』

プレミアムベース小村です。日中は程好く暖かい、夜は涼しい…秋分を過ぎてからかなり秋らしくなったように感じます(錯覚のような気が若干しますが…)。昨日、ニュースを見ていると秋刀魚の時期が近づいているみたいです。秋の味覚は毎年楽しみですね(笑)

さて、本日はこちら。ジャズやロック、歌モノのバックからヒップホップまで世界中の幅広いジャンルで愛されているアギュラーのアンプから久々にNEWモデルが登場しました。しかもそのNEWモデルというのが…今も尚、根強い支持を集めており、惜しまれながら廃番となった名機“AG500”の後継モデルなのです!本日より発売開始となったNEWモデル“AG700”…早速迫ってみましょう。

本国サイトや国内外の楽器フェアでその存在を知って、気になっていた方も多いであろう当モデル。先代モデル“AG500”は500W@4Ωのソリッドステートアンプでしたが、当機“AG700”は700W@4ΩのクラスDアンプに生まれ変わりました。しかしながら、AG500で好評だった線の明瞭なサウンドやレンジの広さは当機でも健在。充実のサウンドをアウトプットします。EQの効きもスムーズで、ジャンルやシチュエーションに合わせたサウンドメイクも的確に行える印象が感じられます。また、携行性の良さには更に磨きが掛かっており、何と重量はおよそ2.2キロ。ギグケースに入れても苦にならないところはバンドマンにとって凄く嬉しいポイントではないでしょうか。また、先代モデルのドライブチャンネルを想定して、同じくアギュラーのエフェクター“AGRO”と併用するのも、なかなか面白いと思います。当機を更に楽しむ、個人的なオススメポイントです(笑)

実は僕も、今年の春に大阪で開催された“サウンドメッセ2017”でAG700を触らせていただき、ベースを問わない使い勝手の良さとサウンドには凄く感動しました。また、個人的にも好きなジャンルでAG500を使っている方が多く、その後継モデルということで、かなり気になっていた1台なのです。先ほど改めて触ってみましたが、昨今の主流となっている“軽量でコンパクトなベースアンプ”の中でも存在感を発揮する1台ではないかと思います。多くの注目を集めていたモデルが満を持して発売…是非、そのサウンドをいち早く味わってみてください。

↓詳細はショッピングページにて!↓

Aguilar
AG 700 【即納可能】
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/540284

↓こちらとの併用もオススメです!↓
Aguilar
AGRO [Bass Overdrive Pedal]
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/491801
24フレット仕様のSadowsky MV5-24が久々入荷!テクニカルプレイにも対応する1本!
9/23(土)
『24フレット仕様のSadowsky MV5-24が久々入荷!テクニカルプレイにも対応する1本!』

プレミアムベース小村です。
本日は秋分の日。季節の分かれ目ということで、ここから秋に向かって涼しくなっていくみたいですね。コンビニやスーパーでも、秋の味覚を見掛けることが多くなってきました。秋、いいですね(笑)

さて、本日はこちら。
当店の人気ブランドの一つ"サドウスキー"です。数あるベースの中でも定番のスタイル"アクティブJBタイプ"をお探しの方だと必ず選択肢の一つに挙げられますし"道具"と考えた時にしっかりと使っていける1本としても人気を集めています。本日ご紹介するサドウスキーは、通好みながらも根強いファンを抱える"24フレット仕様"のJBスタイル"MV5-24"です。

その名の通り、MV5のスタイルをそのままに24フレット化した1本。特にテクニカル系プレイヤーから支持を集める24フレットのベースですが"JBスタイルのままに24フレットのベース"となると、貴重な存在だったりします。当店では"ルックス的な馴染みが欲しい"と、実はお求めの声も多いのです。基本的な仕様はMV5に準じており、アッシュボディ/メイプル指板のウッドコンビネーションと、ハムキャンセリングPU&オリジナルプリアンプは当機にも採用されています。また、24フレット化に伴い、カッタウェイを深く、ボディもやや小振りにデザインされています。ハイポジションの演奏性はもちろん、MV5よりも更に取り回しの良い形状になっています。また、ボディがやや小さくなったことにより、5弦ベースながらおよそ4.25キロの軽量さも魅力ですね。

根強い支持を集めている1本ですが、ラインナップ内でもレアモデルとして知られており、探されている方も多いかと思います。もちろん当機でも、サドウスキーらしいクリアなサウンドや明瞭な音の線は健在。24フレット化によって、テクニカルなリードプレイにも対応できるようになった1本となっております。全国的にも本数が少ないMV5-24…当店でも久々入荷です。お見逃しなく!

↓詳細はショッピングページにて!↓

Sadowsky Guitars
Metro Series MV5-24 (Natural)
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/540078
米米CLUB/BONさんと同仕様の1本!職人集団フリーダムが手掛けるカスタムPBモデルが入荷!
9/22(金)
『米米CLUB/BONさんと同仕様の1本!職人集団フリーダムが手掛けるカスタムPBモデルが入荷!』

プレミアムベース小村です。生憎の雨模様です…。ちょっと気温も低いみたいなので体調に気をつけたいですね。

さて、本日はこちら。日本が誇る職人集団"フリーダム"が手掛けるRetrospectiveシリーズのPBタイプです。工房が長きに渡って培ってきたノウハウをフルに投影して生み出される楽器は、プロ/アマ問わず多くの支持を集めていますね。楽器としての楽しさはもちろん"道具"と考えた時の使い勝手の良さも、支持を集めている理由ではないかと感じます。今回やってきた当機からも、そんなテイストが感じられます。と言いますのも、実はこのPB…米米CLUBのベーシスト"BON氏"と同仕様にて製作された1本なのです。

アルダーボディ/1ピースメイプルネックの、50年代後半のPBに見られたスペックを元にしている当機。このスペックを元に随所にBON氏のこだわりが取り入れられており、Dチューナーと2ミリ厚の"トーンシフト・プレート"、ロトサウンド弦でのセットアップという仕様面のこだわりと、車の色を元にしたカスタムブルーのマッチングヘッド、アバロンのインレイといったルックス面のこだわりが詰まっています。そして一番のポイントはネック。本家PBから採寸/製作されたネックが採用されています。ナット幅は、フリーダム製PBの通常スペックより太い44ミリ幅、ネックグリップは57PBを想起させるソフトVシェイプに近いグリップにて仕上げられており、根強いファンが多いこの年代のPBらしい、腰の据わったミドルと引き締まった骨太な鳴りを持ち合わせています。

実はツアーでの来阪に伴い、ちょうど昨日ご来店いただきました。言わば"兄弟機"との再会ということで、嬉しそうにされていたのが凄く印象に残っています。また、せっかくのご縁ということで、仕様書の裏面に直筆のサインもいただきました。(改めまして…ありがとうございます!)先日の野外イベントでデビューしたばかりのNEWベースということで、ファンの方も気になっていた1本ではないかと思いますし、長きに渡るPBファンの方にもしっかりとお楽しみいただける1本ではないかと思います。国内屈指の工房が手掛けるプレイヤーズギアとしての一面も秘める良質PB。必見です。

↓詳細はショッピングページにて!↓

Freedom Custom Guitar Research
Retrospective Series PB-4st "ALD2P/M1P/Custom Order Laquer Blue"
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/539485
貴重なプロトタイプモデルが緊急入荷!ムーンのハイエンドモデル
9/21(木)
『貴重なプロトタイプモデルが緊急入荷!ムーンのハイエンドモデル"MBC"の6弦仕様!』

プレミアムベース小村です。
9月も早いものであとわずか。涼しくなるかと思いきや、まだまだ日中の気温は高いように感じます。この時期、大阪では海外バンドの来日公演が多いので、凄くソワソワします。今日も近隣のライブハウスであるみたいです…行きたいっ!

昨日のスタッフ幡谷による"逸品"にてご紹介した、国産老舗ブランドMoonが手掛けるハイエンドモデル"MBC"。須藤満氏や今沢カゲロウ氏のご愛用で知られているモデルですね。そんなMBCがおよそ25年振りに復活…ブランドファンの間でも話題になったかと思います。本日ご紹介するのは、昨日の逸品でもチラッとお見せした、"6弦仕様のプロトタイプモデル"です。

多層ラミネートのボディとスルーネック構造という所は、復活後のMBCと同じ仕様で仕上げられている当モデル。5弦モデルと同様に、濃密で力強いサウンドを持ち合わせています。特に6弦ベースの高音域では、このサウンドが意外と強みになるのではないかと思います。なお、エキゾチックウッドを使用した風格溢れるルックスも、MBCシリーズの魅力の一つ。当機ではアクアティンバー社より提供された、揺らぐ水面の様な杢を持つメイプルをトップ/バック、更にヘッドツキ板に使用しています。トランスペアレント・ブラックを纏うことで、妖艶さも感じられますね。また、プロトタイプモデルということでコントロールも工夫が加えられており、トップにはフロント/リアのボリュームとトーンのシンプルなコントロール、3バンドEQはバックパネル内のトリマーポットで調整する形が採られています。

須藤氏や今沢氏のご愛用もあり、6弦仕様のイメージが強いMBC。復活時にも「あったらなぁ…」という声があったのではないでしょうか。その声にお応えするかのように先行製作された当機…プロトタイプということで、極少製作の貴重な存在です。じっくり使える6弦モデルをお探しの方はもちろん、往年のブランドファンの方にもオススメの1本ですよ!

↓詳細はショッピングページにて!↓

Moon
MBC-6TN PROTO "Aqua Timber Maple Top,Transparent Black"
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/539089

国産老舗ブランドMoonのスルーネックベース、25年ぶりに復活したMBCの5弦モデルをご紹介!!粒立ちの大きな野太いサウンド!
9/20(水)
『国産老舗ブランドMoonのスルーネックベース、25年ぶりに復活したMBCの5弦モデルをご紹介!!粒立ちの大きな野太いサウンド!』

いつもご覧いただきましてありがとうございます。
プレミアムベース幡谷です。

本日ご紹介しますのは、国産老舗ブランドMoonのスルーネックベース、MBCの5弦モデルです。25年ぶりに復活を遂げたモデルで、Moonユーザーの第一人者、須藤満氏が旧タイプのMBCの6弦モデルをお使いなことでも有名ですね。「ローBをしっかり鳴らす」というコンセプトの元、当時の完全再現ではなく、OXALISピックアップの搭載等、今のムーンならではのアップデートも盛り込まれています。

Moonのハイエンドモデル「CLIMB」がラミネートボディとボルトオンジョイントで、濃密かつタイトなサウンドなのに対し、MBCは野太く暖かみのあるサウンドが特徴です。少々強引ですが、音をボールに例えるなら、CLIMBがソフトボール、MBCがドッジボールといったイメージでしょうか・・・。

スルーネックならではのロングサスティンと、粘りの効いたコンプレッションが心地良く、それでいて音像がルーズにならない、非常に扱い易いサウンドに仕上がっています。歌モノバックはもちろんのこと、右手のタッチが強めのベーシストさんならヘヴィ系バンドで使っても格好良いと思いますよ!

須藤氏には、去年当店でイベントを開催した時にもMBC6弦をご持参いただきました。GKピックアップを組み合わせた多彩な音色を駆使しながらテクニカルなフレーズを聴かせる須藤氏のプレイは圧巻でしたよ! MBC6弦のプロトも入荷しておりますので、そちらもまた改めてご紹介出来ればと思います!

↓詳細はショッピングページにて!↓
Moon
MBC-5TN BPO/E GO "Burl Poplar Top, Transparent Black"
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/496645
ATELIER Zだけでなく、アクティブベースを代表するモデルM#245。ロングセラーを続ける定番モデルを改めてご紹介!!
9/19(火)
『ATELIER Zだけでなく、アクティブベースを代表するモデルM#245。ロングセラーを続ける定番モデルを改めてご紹介!!』

いつもご覧いただきましてありがとうございます。
プレミアムベース幡谷です。
本日は、定番モデルATELIER Z M#245を改めてご紹介したいと思います!M#245は、デイズコーポレーション代表の本橋氏が、故青木智仁氏と長年のリレーションを経て完成させたシグネイチャーモデルで、アトリエZというブランドを体現するモデルでもあります。

90年代のヒット曲を始め、多くのプロジェクトでその名演を残して来られた青木氏。切れ味鋭いグルービーなプレイは、青木氏のことを特に意識していなくても、多くの方が一度は耳にしていることでしょう。「海外のベーシスト達のようなパワフルなサウンドを身体能力で劣る日本人が鳴らすには!?」という命題に対して、様々な工夫が凝らされています。Z-TUNING SYSTEMと呼ばれる、全てのポジションで均等にバズが乗る独自のローアクションセッティング、重量感のあるアッシュボディの採用、オリジナルP.U.とBartolini XTCTプリアンプの搭載、バダスブリッジの様な構造のオリジナルブリッジ、等々。軽いタッチでも迫力のあるスラップサウンドが鳴らせるので、フロントP.U.フェンスに掌底を乗せ、コンパクトなフォームで弾くことで、粒立ちの良い安定感のあるプレイがし易くなっています。

ATELIER Zには様々な魅力的なモデルが展開されていますが、そのラインナップのど真ん中に鎮座し続けているのが、こちらのノーマル仕様のM#245です。スラップサウンドに拘りたい方、ジャンルレスに幅広く使える1本をお探しの方、定番モデルたり得る実力を持つATELIER Z M#245、是非一度お試し下さいませ。

↓詳細はショッピングページにて!↓

ATELIER Z
M#245 (Natural)【当店限定!ATELIER Z×Premium Bass コラボTシャツプレゼント!】
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/537259
名手Will Lee氏シグネチャー、Sadowsky MV4-WLの特価品!!コンパクトなボディから繰り出される、まとまりの良いサウンドが心地良い1本!
9/18(月)
『名手Will Lee氏シグネチャー、Sadowsky MV4-WLの特価品!!コンパクトなボディから繰り出される、まとまりの良いサウンドが心地良い1本!』

いつもご覧いただきましてありがとうございます。
プレミアムベース幡谷です。
本日ご紹介するのは、Sadowsky Metro Seriesのウィル・リー氏シグネチャーモデル、MV4-WLの特価品です!

Sadowskyベースは4弦ベースだけでもボディサイズが3種類もある、非常にユニークなラインナップが展開されています。その中でもホーン部分が細身で一番ボディサイズが小さいのがこちらのWill Leeモデルなのです。大きいボディのベースに比べると、本体のパワー感はやや控えめになるのですが、それ故のナチュラルなリミッター感が心地良く感じられる、まとまりの良いサウンドが特徴です。また、ボディサイズだけでなく、細身のネックシェイプや22フレット、ドロップDチューナー、純粋なシングルコイルピックアップ、ミッドブースターの搭載、と言ったシグネチャーモデルらしい様々な特別スペックが採用されています。

ウィルリー氏の様な歯切れの良いパーカッシブなプレイにはもちろんのこと、当店ではピック弾き主体のロックなベーシストにも気に入っていただくことの多いMV4-WL。ワタクシ個人的にも、音の芯が出し易く、Sadowskyベースの中で最も扱い易く感じられるのがMV4-WLです。この辺りはプレイスタイルやその人ベーシストのタイム感によって、心地良く感じられるモデルが変わってくるものです。西日本最大級のSadowskyベースストックを誇るプレミアムベースで、お気に入りの1本を見つけていただければと思います!!チョイキズ特価のお買い得品をお見逃しなく!!

↓詳細はショッピングページにて!↓

Sadowsky Guitars
Metro Series MV4-WL (Dark Cherry Burst)【特価】
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/538541
初期のジャズベースを再現したFender Custom Shopの限定モデル! プレベにも通じるゴリッと野太いサウンド、そして貫禄溢れるルックスをお楽しみ下さい!
9/17(日)
『初期のジャズベースを再現したFender Custom Shopの限定モデル! プレベにも通じるゴリッと野太いサウンド、そして貫禄溢れるルックスをお楽しみ下さい!』

いつもご覧いただきましてありがとうございます。
プレミアムベース幡谷です。

台風が近づいている中、大阪の午前中の出勤時間は嘘のように晴れ。当店は本日も元気に営業しておりますが、午後からは天気が崩れるそうですので、ご来店予定の方は、何卒お気をつけてお越し下さいませ。

さて、本日ご紹介しますのは、今年のNAMM SHOWで発表されました、Fender Custom Shopの限定モデル、'60 Jazz Bass Relicです。初期のジャズベースを再現し、ネックと指板の接着面がフラットなスラブボード仕様、コントロール部にはスタックノブ×2という構成が採用されています。プレシジョンベースに通じるような、アタック時から絶妙なコンプレッションの効いた野太いサウンドが特徴です。フロント単体ではさながらプレベの様なサウンドが、リア単体でも十分なボトム感のあるトーンが得られます。

ミックス時にも、ゴリッと野太いテイストがキープされ、タッチ次第でアンサンブル内での存在感を自在にコントロール可能です。スラップした時にも低音から高音までが一塊になって飛んで来るようなサウンドは、ジャンルを問わずどんなベーシストにも心地良く感じられることでしょう。

渋さとポップさが絶妙なオーシャンターコイズブルーのカラーリング、さらにはレリック加工によるこの貫禄! エレキベースの中でも最も王道スタイルであるジャズベースのフォーマットを外さず、それでいてサウンド・ルックス共に個性を発揮できる1本に仕上がっています。一生モノの相棒をお探しの方にも自信を持ってお奨め出来る1本です。是非お試し下さいませ。

↓詳細はショッピングページにて!↓

Fender USA
Custom Shop 2017 Limited Edition NAMM 1960 Jazz Bass Relic(Aged Ocean Turquoise)
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/538353
話題を集めるナルチョ氏のNEWシグネイチャー
9/16(土)
『話題を集めるナルチョ氏のNEWシグネイチャー"Bux Bunny"が遂に入荷!一足先に"逸品"にてご紹介します!』

プレミアムベース小村です。
徐々に台風が迫って来ていますね…。その影響もあってか、大阪は朝から雨。しかも…涼しいを通り越して肌寒さを感じる気温です。ロンT着てきてよかった…。こんな天気ですが、注目の新入荷商品も続々と集っております。是非、チェックしてみて下さい。

こちらもそんな1本。
関西が誇る老舗ブランド"TUNE"が送る1本です。当機はTUNEを代表するエンドーサーとして活躍されているナルチョこと鳴瀬喜博氏の最新シグネチャーモデル"Bux Bunny"。ファンの間でも話題を集めていたモデルが、遂に当店にもやってきました。

鳴瀬氏も在籍し、僅か3年の活動期間ながらも、70年代のジャパニーズロックを語る上では外せない伝説のバンド"金子マリ&バックスバニー"をモデル名に冠する当モデル。今年3月のアルバム・コンプリート・ボックス、それに伴う再結成ライブに向けてオーダーされた1本です。鳴瀬氏が愛用されるPhoenix製PBタイプ"TIM-cho Bass"に近い仕様が採用されている"フレットレスPBタイプ"に仕上げられています。アッシュ/メイプルのPBタイプ、しかもフレットレス…あまり馴染みがないかもしれませんが、70年代当時にこの仕様が流行していたそうで、今も根強いファンがいらっしゃるとお伺いしています。(鳴瀬氏も当時は愛用されていたそうです。)

当時、一世を風靡したあのサウンドと共に、サイドからトップ2~3弦間の赤いラインとドットマークや蓄光素材のサイドポジションマーク、2バンドアクティブEQと新開発のピックアップ"Phoenix BBC-2"といった、実際の現場での使い勝手を考慮した仕様や鳴瀬氏のサウンドに対するコダワリも詰め込まれた1本に仕上がっています。"今までにない抜けのいい 「ぶっとーい音作り」"とTUNEさんが謳っている通り、力強いサウンドを秘めており、ロックサウンドにも積極的に持ち込めるフレットレスとなっております。WEB掲載前につき、先行公開といった形となりますが、掲載準備も着々と進んでおります。気になった方はお早めに!

Phoenix
Bomberbass Bux Bunny [Narucho Model]
WEB掲載準備中につき、お楽しみにお待ち下さいませ!

↓当店のPhoenixベース・ストックリストはこちら!↓
https://www.ikebe-gakki.com/ec/srDispProductSolrSearchList.html?categoryCd1=11020000000&categoryCd2=&brandName=Phoenix&categoryCd4=&storeId=100&sortKey=1

話題に取り上げた直後の衝撃!ワーウィックからフローレンス副社長とニコラ次期社長が緊急来店!
9/15(金) 番外編
『話題に取り上げた直後の衝撃!ワーウィックからフローレンス副社長とニコラ次期社長が緊急来店!』

プレミアムベース小村です。
先ほど、ワーウィックをご紹介したところですが、なんとその直後にフローレンス副社長、ニコラ次期社長が突然のご来店!!

今回は先ほどの"逸品"でも話題に挙げた、ベースハウスイケベ池袋にて開催される"Warwick 35th Anniversary Special Event"に向けて来日。土日で大阪の各ディーラーを視察される…と伺っておりましたが、台風の接近を考慮し、大阪で完全オフだった今日にちょっと立ち寄られたそうです。あまりに衝撃的なご来店だったので、リアルに"目が点"状態になってしまいました…(笑)

"ちょっと立ち寄る"の予定が、実際にお会いするとなかなか話題が尽きず、時間がドンドン過ぎていってしまいますね(汗)当店ストックのワーウィックはもちろんですが、ファクトリーにてビルダーも担っているニコラ氏は他メーカーのベースもじっくりとご覧になられていたのが凄く印象的でした。そんな中、2017年のファクトリー・オーダーモデルに関する話題も。仕込んだモデルも徐々に完成し始めており、一足先に我々もお話を伺うことが出来ました。中には完成しているモデルもあるそうで、本国ギャラリーページにて早速見れるモデルもあるそうですよ!是非、チェックしてみて下さい!

そんなお二人から、ワーウィックに関するお話を余す事なくじっくりとお伺いできるのが、まさに今回のイベントではないかと思います。古くからのワーウィックファンやユーザーさんはもちろん、気になっている方や憧れを抱いている方にもしっかりと楽しんで頂けるイベントになることでしょう。滅多にないであろう機会ですので、関西の方にも是非、足を運んでいただきたいと思っています。この3連休はワーウィックがアツいですよ!2016年オーダーモデルの10%OFFキャンペーンと同じく、こちらも要チェックです!

↓池袋での"Warwick 35th Anniversary Special Event"特設ページはこちら!↓
http://www.basshouse.tokyo/event/170918_warwick-35th/index.html

Warwickの創業35周年を記念し、2016年までのイケベオーダーモデルが全品10%OFF!9/18の池袋イベントと共に、是非ご利用下さいませ!
9/15(金)
『Warwickの創業35周年を記念し、2016年までのイケベオーダーモデルが全品10%OFF!9/18の池袋イベントと共に、是非ご利用下さいませ!』

プレミアムベース小村です。
随分と涼しくなってきましたので、自宅の冷房をお休みさせました。今年の夏も多大に役立ってくれましたねぇ。今度の休みはフィルターをキレイにしてあげようと思います。

さて、本日はこちら。
今年で創業35周年を迎えたワーウィックです。ここ最近はプロ/アマ問わず、様々なジャンルでユーザーを増やしており、見掛ける機会もかなり増えたように感じます。システム・オブ・ア・ダウンのシャヴォとトゥールのジャスティンが使い始めたのは、個人的にもかなりビックリしました。名うてのベテランベーシストからも改めて注目を集めているのは、35年に渡る長い歴史の賜物なのかも知れませんね。

そんなワーウィックですが、実はこんなモデルもあります。ストリーマーやサムといった"看板モデル"が誕生する以前の1982年に作られた、ワーウィック社の記念すべき第一号モデルが、こちらのノビー・メイデルです。誕生当初のモデル、ならびに数年前に発売された復刻モデル共に"幻のモデル"として広く知られているかと思います。誕生当時に流行していたヘッドレススタイルが採用された当モデル。そんな1本を昨年のファクトリーオーダー・ツアー時に当店オーダーモデルとして復活させました。当機は復刻モデルのスペックを元にイエローハート材を採用しています。見た目の愛らしさはもちろんですが、重厚な材ならではの濃密なサウンドも持ち味となっております。こういったスタイルなので…ダブやレゲエによく似合う、ズーンっとした濃厚な低音をお楽しみいただけます。指板に仕込んだ黄色のLEDポジションマークも、オーダーモデルならではのポイントですね。

そんな幻のモデルをはじめとする、ワーウィックの"イケベオーダーモデル"が、なんと創業35周年を記念し、9/20まで全品10%OFFとなっております!更にこちらはオーダーモデルの豪華購入特典もそのままプレゼントとなっております。これからやってくるであろう2017年のオーダーツアーモデルはもちろんですが、2016年モデルも見逃せませんよ!是非、この機会に手にしてみてください。

また、ワーウィックに関してもう一つトピックスが。来たる9/18、新たに誕生した"ベースハウスイケベ池袋"にて、著名ユーザーの清さん、更にワーウィック本社からフローレンス副社長、ニコラ次期社長をお招きし"Warwick 35th Anniversary Special Event"を開催!!しかも無料イベントです!フローレンス副社長への公開インタビューや清さんのデモ演奏に加え、イケベプロデュースによるスペシャルモデルの発表も予定されていたりと、ブランドファンなら見逃せないイベントとなっております!せっかくの機会ということで、当店からパープルハート仕様のノビー・メイデルと、白/紫のコンビネーションカラーを採用したストリーマーLX4を今回のイベントに併せてベースハウスイケベ池袋に送りました!幻のモデルを関東でもお楽しみいただけますので、こちらも是非、お誘いあわせの上、ご参加下さいませ!

↓詳細はショッピングページにて!↓

Warwick Custom Shop
Nobby Meidel "Yellow Heart Top with Indian Control Knobs/Yellow LED"[#L162143-16]
【Warwick35周年記念 期間限定価格 IKEBE ORDER MODEL 全品10%OFF】
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/494558

 

↓こちらも要注目!池袋での"Warwick 35th Anniversary Special Event"特設ページはこちら!↓
http://www.basshouse.tokyo/event/170918_warwick-35th/index.html

装いも新たに登場しました
9/14(木)
『装いも新たに登場しました"日本製のフェンダー"、Fender Made in Japan Traditionalの
Jazz Bassをご紹介!!』

いつもご覧いただきましてありがとうございます。
プレミアムベース幡谷です。
本日ご紹介しますのは、装いも新たにリニューアルしました「日本製のフェンダー」、Fender Made in Japan TraditionalのJazz Bass 2モデルです!

35年前に生産が始まったFender Japan。数年前の代理店変更を機に、Fenderカスタムショップビルダーによるさらに密な技術指導が行われているそうです。今回のリニューアルで、ヘッドロゴのデカールの貼り方がよりヴィンテージを意識したものに変更されています。'62年製JBを忠実に再現したTraditional 60s Jazz Bassは、バスウッドボディにメイプルネック/ローズウッド指板のお馴染みの木材を使用。ミッドレンジに太い芯と弾力感のあるサウンドは、ジャンルを選ばずに使える王道ベースサウンドですね。また、'75年製JBを基にしたTraditional 70s Jazz Bassは、アッシュボディ、1Pメイプルネックを採用。ワイドレンジで歯切れが良く、ファンキーなスラッププレイやピック弾きとの相性も抜群です。

ロックの黎明期に登場して以来、多くのベーシストに愛されてきたFender Jazz Bass。誰もが一度は耳にしたことのある、慣れ親しんだ「ベースらしい音」が素直に出てくれるベースです。ミュージシャンライフの登竜門とも言えるFender Made in Japan Traditional、今後のラインナップ展開に当店スタッフも期待したいと思います!!

↓詳細はショッピングページにて!↓

Fender Made in Japan Traditional
Traditional 70s Jazz Bass (Natural) [Made in Japan]
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/537350

Fender Made in Japan Traditional
Traditional 60s Jazz Bass (Daphne Blue) [Made in Japan]
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/537346
今、注目のアンプ!TRICKFISH BULLHEAD1Kが再入荷!
9/13(水)
『"今、注目のアンプ"!
 TRICKFISH BULLHEAD1Kが再入荷!』

プレミアムベース小村です。
過ごしやすくなってきたなぁと思いきや、台風が接近していますね(汗)秋の恵みに対してお預けを喰らっているような気分になります…。

さて、本日はこちら。
ちょっと間が開きましたが再入荷です。2014年に誕生した新興アンプメーカー"TRICKFISH"が手掛けるヘッドアンプ"BULLHEAD1K"です。新興メーカーながらも、社主のリチャード・ルース氏は25年に渡る開発者としてのキャリアを持ち、SWRやJBLといった著名メーカーでも活躍された大ベテラン。そんな氏が手がけるアンプということで、ジミー・ハスリップ氏やティム・ランダース氏といった名立たるプレイヤーから支持を集めています。

当機"BULLHEAD1K"はおよそ2.8キロながらも1000w/8Ωのハイパワーを誇るクラスDアンプ。スペック上では"良く見かける軽量ハイパワーなクラスDアンプ"といった印象が感じられますが、そこはベテランエンジニアが手掛ける1台ということで一味違います。当機を含め、トリックフィッシュの製品は"プレーヤーの声"を反映した製品開発スタンスが採られており、演者だからこそ感じる音質や音量感、音のレンジ感や弾いたときのレスポンスを的確に具現化した"ベーシストの為"のアンプに仕上がっているのです。実際に演奏するときはもちろん、自分が道具として使う上でも嬉しいポイントですね。

各バンドに2パターンの帯域切替を持たせている4バンドのEQも、ベーシストなら分かる"絶妙かつ的確な効き"になっており、現場や楽器に合わせたコントロールが行いやすくなっています。最大1000Wの充実した出力は音量というところはもちろん、ベースが持ちあわせるキャラクターをスムーズに再生してくれます。関東の著名ライブレストランにて常設機器として採用されたこともあり、"今、注目のアンプ"という印象が感じられます。ここ関西ではちょっと貴重な存在の当ブランド。是非、その実力を体感してみて下さい。

↓詳細はショッピングページにて!↓

TRICKFISH
BULLHEAD1K [1000W/8Ω]
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/537787
Sadowsky TYOの当店オーダーモデル!上質なサウンドと華やかなルックスを持つ、長く付き合える1本!!
9/12(火)
『Sadowsky TYOの当店オーダーモデル!上質なサウンドと華やかなルックスを持つ、長く付き合える1本!!』

いつもご覧いただきましてありがとうございます。
プレミアムベース幡谷です。

本日ご紹介しますのは、Sadowsky TYO Modern Edgeの当店オーダーモデルです。Sadowsky TYOのチーフルシエ菊地嘉幸氏が、ロジャーサドウスキー氏の元で培ったノウハウで、Metro Seriesよりも自由度の高い製品を生み出しているシリーズです。当機は、AAAグレードのフレイムメイプルをボディトップに使用。ピックアップを70'sロケーションにし、フロントP.U.にはフェンスを追加。またプリアンプには、パッシブトーンを省略したシンプルな4コントロールを持つ旧仕様が採用されています。約4.0kgと軽量な重量も嬉しいですね。

サドウスキーらしい歯切れの良い軽快なサウンドを基本に、タッチ次第では図太く鳴らすことも可能な懐の広いベースです。ディンキーシェイプ(Metro SeriesだとMV5/RV5と同じシェイプです)のボディ採用もあり、プレイにリニアに追随する様なレスポンスの早さを実現しています。また、ビッシリと平行に走ったフレイム杢が、上質に仕上がったこのベースに何とも言えない華やかさを加えています。

トラディショナルに寄せた暖かみのあるトーンから、エッジの立ったドンシャリNYサウンドまで、幅広くかつ高い次元で対応可能な実力を持つ1本です。長く付き合える1本をお探しの方は、是非お試し下さいませ!!

↓詳細はショッピングページにて!↓

Sadowsky TYO
Modern Edge 5strings J Bass "AAA Flame Maple Top,70's P.U. location"(Caramel Burst)
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/537264
左利きベーシストの方々、お待たせしました! 左利き用アップライト、ARIA SWB-LITE2 LHが入荷!!
9/11(月)
『左利きベーシストの方々、お待たせしました! 左利き用アップライト、ARIA SWB-LITE2 LHが入荷!!』

いつもご覧いただきましてありがとうございます。
プレミアムベース幡谷です。日によって暑かったり肌寒かったり、正に季節の変わり目ですね。個人的にはTシャツ1枚で気軽に過ごせる夏が終わってしまうのが寂しかったりもするんですけどね。体調を崩しやすいこの時期は、ベースのネックコンディションにも変化が出てしまうことがありますので、愛器の状態が気になる方は、お早めにご相談下さいませ。

本日ご紹介しますのは、メーカーホームページに掲載されているにも関わらず、滅多にお目に掛かることのないレアアイテム、左利き用のアップライトベース、ARIA SWB-LITE2 LHです!ARIA SWB-LITEは、アップライトベースの中でもロングセラーとなっているモデルです。持ち運びにも便利なストレートな形状のアルダーボディに、FISHMANピエゾピックアップとマグネットピックアップを搭載。アコースティックな立体感のあるサウンドに、マグネットP.U.の押し出し感をブレンドすることが可能です。マグネットP.U.がノイズの少ないカバードタイプのものに変更されたのを機に、「ARIA SWB-LITE "2"」にモデルチェンジしています。プロアーティストの使用も多いARIAアップライトの中で、最もシンプルな構造とお求め易い価格設定で人気を集めているモデルですね。

左利き用のアップライトベースはなかなか手に入らないのが実情ではありましたが、今回当店では初めてARIA SWB-LITE2 LHの実機が入荷して参りました。アップライトベースに興味はあっても、ストックがなくて諦めていらしゃった方々、手に取っていただけるチャンスですよ! 入荷数の少ないレアモデル、どうぞお見逃しなく!!

↓詳細はショッピングページにて!↓

AP
SWB-LITE2 LH (OAK) 【専用スタンドプレゼント】
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1//537560
実は当店で人気を集めているATELIER Z Beta5!大定番のナチュラルカラーが入荷しました!
9/10(日)
『実は当店で人気を集めているATELIER Z Beta5!大定番のナチュラルカラーが入荷しました!』

プレミアムベース小村です。涼しくなったり暑くなったり、気温がコロコロ変わっているように感じます(汗)早いところ安定して、過ごしやすくなってくれたら良いんですけどねぇ。

さて、本日はこちら。アトリエZの看板モデルとして、M#245/M#265と共に人気を集めるBetaシリーズがやってきました。M#245のテイストを残しつつ、多彩なプレイに対応するべく24フレット仕様に仕立てられたBeta。当モデルならではのシャープなサウンドが、当店でも多くのご好評を集めています。(個人的なイメージですが、M#245の"ドンッ"という音が"銃"だとすると、Betaのシャープなサウンドは"手裏剣"という印象があります。)今回はそんなBetaの中でも、店頭にてお問い合わせの多い5弦仕様"Beta5"がやってきました。

アトリエZでも人気を2分するモデルということで、M#265と比較される方が多い当モデル。「265の音も好きだけどパワフルすぎて…」という方もいらっしゃいますし「マグニチュードを持ってて、違ったテイストのアトリエZも欲しい」という方からも人気を集めています。基本的なスタイルはどちらも同じなのですが…Betaのポイントは搭載されているサーキット。M#245/M#265がバルトリーニXTCTを搭載しているのに対し、当機ではブースト/カットがそれぞれ行えるオリジナル3バンドEQ"EQ-XII"が搭載されています。これにより、迫力溢れるサウンドも実現出来ますし、一歩引いた"守りのプレイ"に合わせることも可能になっています。フレット数で音域が広げられているだけでなく、搭載EQによって"ジャンルの幅"も広げられた1本となっています。

そういったポイントもあってか、特に5弦モデルのお問い合わせが多いのです。5弦ベースともなると多彩なジャンルに持ち込む方も多いので"道具"と捉えられる事も多々ありますからねぇ。入荷する度に、すぐ嫁いで行ってしまう人気モデルなのです。待望の入荷に加え、大定番にして不動の人気カラー"ナチュラル"の1本です。気になっていた方はお早めに!

↓詳細はショッピングページにて!↓

ATELIER Z
Beta5 (NAT)【当店限定!ATELIER Z×Premium Bass コラボTシャツプレゼント!】
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/537256
久々入荷のスティングレイ直系モデル
9/9(土)
『久々入荷のスティングレイ直系モデル"RAY34"!イケベプライスでお買い得になってますよ!』

プレミアムベース小村です。
せっかくの週末ですので、天気が安定して何よりです。9月に入って過ごしやすい気温になった気がするので、お出掛けにもピッタリかと思います。

さて、昨日のフジゲンに続いて、こちらも同じく久々入荷。エレキの父"レオ・フェンダー氏"が遺した功績の1つ"ミュージックマン"の直系ブランド"Sterling by Musicman"です。ベースのラインナップでは、本家スティングレイに限りなく近い仕様を採用しつつ、海外生産によって優れたコストパフォーマンスを実現する"RAY34シリーズ"が人気を集めており、当店でも最初の相棒やステップアップの1本としてだけでなく、ある程度ベースを弾いている人にも「音の1種類として手元に置いておきたい」と人気を集めています。

中でも個人的にオススメしたいのが、こちらの"ステルス・ブラック"です。厳選されたアッシュ材を使用するボディ、本家同様の6ボルトジョイントや3バンドEQ、オリジナルハムバッカーPUといった仕様はそのままに、艶消しブラックのボディカラーとブラックパーツを採用した1本です。なんと言っても見た目のカッコよさ!これがポイントです。どことなく漂うチョイワル感がいいですね(笑)。本家直系ということで"ブリンッ"と暴れるあのサウンドは、当機でもしっかりとお楽しみいただけます。

せっかくこういうルックスなので…個人的にはラウドに鳴らしたくなる1本に感じます。過激なダウンチューニングを用いる叙情系ハードコアやメタルコアだったり、ミクスチャー系のパワフルなボトムを支えるにはピッタリですし、スティングレイ誕生当初に倣い、ファンキーなプレイにもしっかりと対応してくれますよ。様々な世代から愛されたスティングレイの直系モデル。ベーシストはもちろん、他パートのプレイヤーさんにもオススメです!

↓詳細はショッピングページにて!↓

Sterling by MUSICMAN
RAY34 (Stealth Black)
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/536074

イケベオーダーによって実現した
9/8(金)
『イケベオーダーによって実現した"アクティブ仕様"のフジゲンNJB!!関西では当店のみの展開です!』

プレミアムベース小村です。
昨日は大阪で久々に結構な雨が降りました。せっかく涼しくなってきたのに湿気で台無しです(汗)こんな天気の後なので…自分自身/相棒の体調に気をつけたいところですね。

さて、本日は久々入荷のこちら。
日本が世界に誇る"FUJIGEN"です。ここ最近ではラウド系ユーザーを多く抱えており、その評判は海を越えて広まっていますね。つい最近知ったのですが、親日バンドとしても知られるZebraheadのベーシストもフジゲンを使っているそうです。何だか嬉しい(笑)。こちらは、そんなフジゲンのJBタイプ"NJBシリーズ"を元にした、イケベオリジナルモデルです。

アッシュボディ/メイプル指板という70'sスタイルのウッドコンビネーションが採用される当モデル。通常ではパッシブモデルのみが展開されているのですが、当機はイケベオーダーにて、基本仕様はそのままにアギュラーOBP-2プリアンプを搭載…なんと"アクティブ化"しました。こういうスタイルのベースなので、アクティブになるとサウンドイメージもつけ易いかと思います。また、パッシブへの切替も可能、更にトーンも搭載していますので、それぞれを"音の1種類"として使い分けていただけるところも、プレイヤーによっては嬉しいかと思います。

長きに渡って"国産楽器"を手掛けてきたブランドだからこその作りの良さはもちろん、サークル・フレッティング・システムをはじめとする独自の工夫は、プロ/アマ問わずアツい支持を頂いていますね。長らく店頭で姿を消しておりましたが、今回久々にカムバック!店頭でも徐々に注目を集め始めています。前回展開時にも多くのご好評を集めた当機。イケベオーダーということで、関西では当店のみの展開です。是非、そのサウンドに触れてみて下さい。

↓詳細はショッピングページにて!↓

FUJIGEN
Neo Classic Series Ikebe Original NJB101/ACT (VNT)
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/537069

キラーが誇る名ベース
9/7(木)
『キラーが誇る名ベース"インパルス"の旧仕様が生産完了特価にて緊急入荷!』

プレミアムベース小村です。
先日、岡山へ弾丸帰省を行いました。今回は地元民だとなかなか行かない、後楽園や美観地区といった"観光地"に行ってみましたが、意外と良いものですね。ちょこちょこ町並みが変わっているところもあり、寂しさもありつつ、発展していく故郷が嬉しかったりもします。ちょっとの間でしたが、良いリフレッシュになりました。

さて、本日はこちら。
キラーを代表するベース"インパルス"です。故TAIJI氏の活動初期を象徴する1本として広い世代で支持を集めているモデルですね。今回はなんと、そんなインパルスの旧仕様モデルが特価にて緊急入荷致しました。

過激なボディシェイプとPJレイアウト、ボディ/ネック共にメイプルで仕上げられたお馴染みの仕様は当機でも採用されています。また、キラーではベース/ギター共にお馴染みの"ディープ・インサート・ジョイント"もしっかり採用されています。一番変わるところは、フレット数と搭載PUです。旧仕様では22フレットのネックが採用されており、スラップ時のプレイアビリティが現行モデルと比べて良いように感じます。搭載PUもクォーター・パウンド・ポールピースを採用していないものが搭載されており、やや出音も落ち着いた傾向が見られます。しかしながら、跳ね返ってくるかのような高域とズンッと深く響く低域はしっかりと持ちあわせており、インパルスならではのサウンドは当機でもしっかりとお楽しみいただけます。

先日実家に帰った際に「そういえばBlue Bloodのバンドスコア持ってたなぁ」と、引き出しから引っ張り出して弾いていたのですが、テクニカルなフレーズと高速ナンバーが多かったあの頃のXでは、インパルスの仕様やサウンドがキーポイントとなっていることを改めて実感しました。こちらの旧仕様モデルは生産完了モデルとなっており、1本限りの特価プライスにてご案内となっております。TAIJI氏に憧れるヤング世代はもちろんですし、当時から氏に憧れ、キラーを使い続けるベテランさんやブランドファンの方には見逃せない1本かと思います。(インパルスに拘る方には、スラップ用の1本としてもオススメですよ。)数々の伝説を作った名モデル。是非、この機会に手に取ってみて下さい。

↓詳細はショッピングページにて!↓

Killer
KB-IMPULSS (3Tone Sunburst/PJ)【生産完了特価】
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/537019

先日のバーゲンにも出品していたTUNEのお買い得中古品!
9/6(水)
『先日のバーゲンにも出品していた
 TUNEのお買い得中古品!』

プレミアムベース小村です。
先日の1Dayバーゲンは多くのお客様にご好評をいただき、バーゲン品も沢山旅立って行きました。大阪プレミアム10周年という節目に、良い恩返しが出来たのではないかと思っています。改めまして、誠にありがとうございました。

さて、一部商品は継続して販売を行っております。こちらもバーゲン明けから徐々に旅立っており、目が離せない状態が続いております。そんなバーゲン出品商品より、本日はこちらをご紹介。当店でも大人気のTUNEベースです。創業から今日まで、長きに渡って愛されている"関西が誇る"老舗ブランドですね。中でもこちらのTWBシリーズは、今も尚、多くの支持を集めているモデルですね。

そんなTWBのお買い得中古品をバーゲン時にご用意していました。しかも…懐かしの「TUNE GUITAR TECHNOLOGY」期の1本です。こちらはパドゥークトップ/マホガニーバックの1本。個人的には色んなブランドの古いベースで採用されていた仕様という印象が強く、ハイエンド然とした佇まいが何とも堪りません。使い込まれたことによって材の色も濃くなっており、風格もしっかりと感じられますね。古い頃の1本ということで、現行のTWBとも仕様が異なる部分が見られ、また違ったサウンドをお楽しみいただける1本ではないかと思います。

傷やパーツのくすみといった、年代相応の使用感こそ見られますが、電装周りやネック周り、トラスロッド残とフレット残も問題が見られず、まだまだ現役でしっかりと活躍できるコンディションを保っています。お買い得プライスということで、ベーシストの方はもちろん、他パートプレイヤーさんにもオススメしたい1本です。今も尚、多くの支持を集める旧年式モデル。見逃し注意の1本ですよ!

↓詳細はショッピングページにて!↓

TUNE
TWB-4 PD【USED】
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/536860

シカゴ発ハイエンドブランドElrickのe-volution 5バールトップモデルがUSED入荷! この機会をお見逃しなく!!
9/5(火)
『シカゴ発ハイエンドブランド
Elrickのe-volution 5バールトップモデルがUSED入荷! この機会をお見逃しなく!!』

いつもご覧いただきましてありがとうございます。
プレミアムベース幡谷です。
本日ご紹介するのは、先日の1Dayバーゲンの残り福、Elrick e-volution 5です! ベーシストでもあるロバートエルリック氏によってシカゴの工房にてハンドメイドにて製作されるエルリックベース。エキゾチックウッドの使用が目を惹くベースではありますが、その人気の秘訣はベーシスト好みの芯の太い分厚いサウンドにあります。

当機は、ウェンジネック/ウェンジ指板を採用したネックに、エキゾチックバール/アッシュの軽量なボディという組み合わせが採用されています。豊かなローエンドのレンジ感を確保しつつ、上質なリミッターが掛かるような音のまとまり感が得られるのは、Dingawall ABZでも採られている手法ですね。Bartoliniピックアップとプリアンプで自由自在なトーンシェイピングが可能ですので、音楽ジャンルを選ばずに使える1本です。

つい先日当店向いのBIG CATにも出演されていた人気アーティストの使用により、ハイエンドベース好きなお客様に限らず注目を集めているエルリック。コンディションの良いUSEDベースがお求め易いチャンスとなっています。どうぞこの機会をお見逃しなく!!

↓詳細はショッピングページにて!↓

Elrick
Gold Series / e-volution 5 Bolt-on 35inch"Burl Top, Wenge Neck&F.B."【USED】
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/536798

故TAIJI氏がX時代に愛用した、Killer KB-CRIMINAL BASS Signature
9/4(月)
『故TAIJI氏がX時代に愛用した、Killer KB-CRIMINAL BASS Signature "Phoenix Vision"!! 受注生産モデルが店頭入荷!!』

いつもご覧いただきましてありがとうございます。
プレミアムベース幡谷です。昨日の1Dayバーゲン、朝早くからのご来店ありがとうございました! おかげ様で大盛況でございました。バーゲン出展商品の一部は、価格据え置きで継続して販売させていただいておりますので、バーゲン当日に買えなかった方にもチャンスがあるかも知れませんよ!?

さて、本日ご紹介しますのは、Killer KB-CRIMINAL BASS Signature "Phoenix Vision"です!! 故TAIJI氏がX時代から使用していたことで有名で、ワタクシを含め「その世代の方」には、憧れの存在となっている方も多いでしょう。受注生産モデルではありますが、当店ではお問合せも多く根強い人気モデルとなっています。このベースの前にTAIJI氏がMUSICMANのベースを使っていたこともあってか、重量感のあるボディとナット幅が広い太めのネックグリップが特徴です。アッシュトップ/メイプルバックという個性的な木材構成には、IMPULSSとSting Rayのサウンドを融合させようという意図も垣間見えますね。
ミッドレンジに太い芯が1本通ったサウンドは、どんなラウドなアンサンブルでも埋もれることのない力強さを持っています。また、TAIJI氏のテクニカルなプレイをサポートする軽快な弾き心地も嬉しいポイントですね。

ブラックのボディに映えるフェニックスのホログラムは、ステージでも抜群の存在感を発揮することでしょう! なかなか店頭ではお目に掛かれない受注生産モデルを手に取っていただけるチャンスです。多くのベーシストにも影響を与えたカリスマベーシストを支えたモデル、その実力を是非お試し下さいませ!

↓詳細はショッピングページにて!↓

Killer
KB-CRIMINAL BASS Signature "Phoenix Vision"
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/536275

↓大阪進出10周年祭の特集ページはこちら!↓
https://www.ikebe-gakki.com/premium-g/2017_10th-anniversary/index.html
ムーンより久々にトラッドなJBスタイルが入荷!いい時期にやって来たペパーミント・グリーンの1本!
9/3(日)
『ムーンより久々にトラッドなJBスタイルが入荷!いい時期にやって来たペパーミント・グリーンの1本!』

プレミアムベース小村です。さて、本日は1Dayバーゲン当日です!朝からご好評をいただいており、用意したバーゲン品も徐々に旅立っております。全て1点限りのお買い得商品…見逃し厳禁ですよ! また、大阪進出10周年を記念したプレゼント品や、ポイント10倍還元キャンペーンもご好評をいただいております。特にポイント10倍還元は…今日が最終日!!セール品は対象外となっておりますが、通常のお買い物でも大変お買い得となっております。 是非、こちらもご利用くださいませ!!

さて、セール品と並行して、新入荷商品もご用意しております。こちらは老舗国産工房"ムーン"が手掛けるトラディショナルなJBタイプが久々に入荷しました。こちらの"JB-4 Classic"シリーズですが、当店では若手さんのステップアップに向けた1本としてだったり、現役復帰されるベテランさんや現役バンドマンの相棒として広く支持を集めているモデルです。 細かな仕様の違いや色の違いはあれども、本当に多くのお客さまに選んでいただきましたねぇ。

今回入荷したのは、アルダーボディ/マダガスカルローズ指板(もちろんツバ出しの21F仕様!)、オールラッカー塗装の定番仕様を採用するシンプル仕様の1本です。今回はこの時期らしい、爽やかな印象が感じられるペパーミント・グリーンにてオーダーしました。 写真で色が上手く伝わっているか微妙ですが、実機をみるとなかなか愛らしい印象や、逆にシブい印象が感じられますよ。

サウンドの方は定番仕様ということで、最早"安心感"すら感じられます。こういったシンプルな仕様だからこそ、ムーンの目指すサウンドや響かせ方、ムーンだからこそのメリットをストレートに楽しめる1本に仕上がっています。 多くのエンドーザーを抱えるブランドということで、即戦力の1本として、ベーシストをしっかりとサポートしてくれるように感じます。久々入荷ということで、店頭でも早くも注目を集めております。バーゲン品と同じく、こちらも必見ですよ!

↓詳細はショッピングページにて!↓

Moon
JB-4C PG/R CR "Peppermint Green"
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/536433

↓本日開催中!プレミアムベース1Dayバーゲンはこちら!↓
https://www.ikebe-gakki.com/web-ikebe/170903_PB-1day-bargain/index.html

↓大阪進出10周年祭の特集ページはこちら!↓
https://www.ikebe-gakki.com/premium-g/2017_10th-anniversary/index.html
プレミアムベース1Dayバーゲンは、いよいよ明日9月3日開催!!その中からオススメの1本は、現代ハイエンドベースの原点とも言える、MTD535!!
9/2(土)
『プレミアムベース1Dayバーゲンは、いよいよ明日9月3日開催!!その中からオススメの1本は、現代ハイエンドベースの原点とも言える、MTD535!!』

いつもご覧いただきましてありがとうございます。プレミアムベース幡谷です。

昨日9月1日は、池袋に新たなベース専門店「ベースハウス」が誕生!!ベースシーンを益々盛り上げるため、当店も切磋琢磨しながら頑張って行きたいと思います。 そして遡ること10年、2007年の9月1日にイケベ楽器が大阪に進出して参りました。10周年を記念しまして、直近の日曜日である9月3日に、プレミアムベースでは1Dayバーゲンを開催します!そうです、明日バーゲンです!

本日ご紹介するのは、そんなバーゲン出展商品の中からMTD535をご紹介したいと思います。アッシュボディ、メイプルネック、ローズウッド指板と、MTDベースの中では最もスタンダードな仕様となっています。 スラップした時にズドンと深く響くパワフルなサウンドとタッチニュアンスにリニアに反応する繊細な表現力を持ち合わせています。ダンスミュージックに欠かせない、バスドラムよりも低く沈み込むような低域のレンジ感をお求めの方には、とても心強い相棒となってくれることでしょう。 現代のハイエンドベースの原点とも言える、マイケルトバイアス氏が手掛ける逸品が、お求め易いチャンスをどうぞお見逃しなく!!

お手軽なベースから充実のハイエンドベースまで、さらにはベースアンプやエフェクターも、バーゲンならではの思い切った値段設定で多数ご用意しております!! ベーシストの方も、「少しベースに興味があるなぁ」という方も、明日9月3日のプレミアムベース1Dayバーゲンは要チェックですよ!!

↓詳細はショッピングページにて!↓

MTD (Michael Tobias Design)
535 #691

プレミアムベース1Dayバーゲン
https://www.ikebe-gakki.com/web-ikebe/170903_PB-1day-bargain/index.html
実はバーゲンネタの裏で新商品も入荷中!
こちらはPJBが送るNEWモデル
9/1(金) その2
『実はバーゲンネタの裏で新商品も入荷中!
 こちらはPJBが送るNEWモデル"D-1000"!』

プレミアムベース小村です。
本日"二品目"ですが"逸品"です(笑)さて、9月と言えば"大阪進出10周年祭"キャンペーンの第2弾がスタートとなりました。店頭にて商品をご購入いただいたお客様には、僕が手にしている"10周年記念ステッカー"を必ずプレゼント。更に¥10,000以上お買い上げのお客様にはピックケース(10周年記念ピック2枚入り)or 10周年記念マフラータオルをプレゼント!記念アイテムということで、それぞれ数量限定となっておりますので、この機会に是非、ご利用くださいませ!

さて、このところバーゲンネタが多かったですが、実はその裏で注目の新商品も続々と入荷しております。こちらのベースアンプもそんな1台。当店でも多くの人気を集めている"PJB(Phil Jones Bass)"。小型のコンボアンプが広く知られているかと思いますが、実はヘッドアンプも製造されており、コンボアンプと同様に多くのご好評をいただいております。こちらはA4サイズとほぼ同等で、およそ2.4キロの軽量さながらも、1000W/4Ωのハイパワーを誇るNEWモデル"D-1000"です。

先発の小型ヘッドアンプ"D-400"のハイパワー版とも言える当モデル。小型モデルと同様に、5バンドEQとゲインレベル、ハイ/ロー切替スイッチによる、ジャンルやベースに合わせた細やかなサウンドメイクが可能となっております。更にリミッターも内蔵している等、演奏をしっかりとサポートしてくれる1台に仕上がっています。もちろん、お馴染みのピュアサウンドは当機にもしっかりと備わっております。そのサウンドを同社のNEWキャビネット"C9"との組み合わせて更に突き詰めるのもいいかと思いますし、他ブランドのキャビネットもオススメですよ。"上質でクリアなサウンド、かつパワーもある"…意外とお求めの声も多かったりします。機械モノの新商品、しかも初回ロットとなると…貴重な存在かと思います。是非、この機会に話題の"ピュアサウンドをご体感下さいませ。"

↓詳細はショッピングページにて!↓
PJB(Phil Jones Bass)
D-1000 [1000W@4Ω,500W@8Ω]
https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/536405

プレミアムベース1Dayバーゲン 特設ページはこちら!

いよいよ開催まであと2日!
9/1(金) その1
『いよいよ開催まであと2日!
"プレミアムベース1Dayバーゲン"より
エルリックをご紹介します!』

プレミアムベース小村です。
9月がやってきましたね。本日より大阪では"10周年祭"の第2弾として、店頭限定の"ポイント還元10倍キャンペーン"と"記念品プレゼントキャンペーン"がスタートします。早速、店頭の方でもご利用頂いたお客様がいらっしゃいまして、喜んでいただけました。この週末はキャンペーン尽くしのお買い得期間となっておりますので、是非ともご利用くださいませ。

さて、お買い得と言えばこちらも要チェック。
9/3に開催を控える"プレミアムベース1Dayバーゲン"です。出品商品のメンテナンスも着々と進んでおります。ベース本体やアンプ&エフェクター等、個人的にも見逃せない商品が多数出展されております。本日ご紹介するエルリックのベースも、そんな1本です。

自身もベーシストとして活躍されるブランド代表"ロバート・エルリック氏"が手掛けるベースは、ここ最近のメジャーアーティストでも手にされる方が多いですし、当店でもご好評をいただいております。こちらはハイエンド然とした佇まいが美しい2007年製の1本。ウェンジネックによる濃密なサウンドが持ち味となっています。

実は今年の年始に行ったバーゲンでもエルリックのベースは出品していたのですが、その際にも多くの注目を集め、すぐにご成約をいただきました。ここ最近はブランドの注目度も高い為、今回も足が早そうです。気になっている方は是非、この機会にエルリックを手にしてみてください。

Elrick
e-volution 5-String '07 “Wenge Neck/35inch“

プレミアムベース1Dayバーゲン 特設ページはこちら!

店舗詳細ページはこちらから>>