”Alembic” / アレンビック

社名の由来となったAlembic(蒸留器)とは、本来、精製や蒸留のために用いられる器具のことで、楽器のサウンドから不必要な”濁り”や”歪み”を取り除き、レコーディングにおいても生演奏に近いハイクオリティーでピュアなサウンドを実現するといった意味が込められている。 ちなみにこのビルの中二階には、アレンビックのロゴをデザインしたアーティストのボブ・トーマスも住んでおり、皆でキッチンや休憩スペースを共有していた。ボブ・トーマスは、デッドのアルバムカバー等のデザインを数々手掛けており、有名な”LIVE/DEAD”のジャケットのイラストや、”ダンシング・ベア”のキャラクターをデザインしたことで有名。アレンビックの現在のオフィスにも彼の絵画が飾られている。