■渋谷ベースコレクション/岡崎によるベース中心の濃密2011NAMMレポート!
Contents




■関連リンク 2011NAMM速報フォトアルバム ローランドGR-55 エリッククラプトン1960LP入荷開始! ベースコレクション

■各画像クリックで拡大画像をご覧いただけます。

ゴダンのブースにやってきました。 最近はジョン・マクラフリンの使用でソリッドのE.ギターのモデルも好調のようですが、ベースでは、マグネティックPUとピエゾを搭載したアコースティック・エレクトリック・スタイルの“A4 Ultra Fretless”をマーカスが入手したようです。
  あえてトラッドなスタイルで勝負してきたニューモデル“Shifter”ベース。
 
  HR/HM系を中心に、国内外問わず数々の有名アーティストが使用しているESP。
 
6弦アップライト! 8弦ヴァイオリン!!
世界は広し。
ロックの歴史と共にピックアップの名器を数々生みだしてきた老舗ダンカン。  
 
彼がセイモア・ダンカン氏。
彼らの存在なしに伝説のギター/ベース・サウンドは語れません。
リック・ターナー氏とタッグを組んだD-TARのプリアンプと、世界中のベーシストに好評のBASSLINESシリーズ。
 
最近はピックアップだけでなく、そのノウハウを活かしたブースターやエフェクターも充実。 グラファイトネックで有名な“Moses”。 合成素材なら塗装なしでこんなラメラメのネック/指板も可能です。 ラメ入りのフレットレス指板! 以前に当店に一度だけ入荷したことがある“Warrior”のブース。
 
エキゾチックウッド系のモデルを中心にベースが多数展示されていました。 ソニックマキシマイザーで有名なBBE。
ドイツのパーツメーカー、
シャーラー。

様々なメーカーのパーツを一手に引き受け供給する“All Parts”。最近ではかなりマニアックなパーツも取り扱っており、日本でもシェアを伸ばしています。
 
 
  昨年は、ついにバーチャル・ストロボのクリップ式チューナーを発売し、話題になった“Peterson”のブースにやってきました。 これがストロボ・チューナーの初代でしょうか。
60年前の製品だそうです。
そして、そのデザインをモチーフにしたストンプボックス型の新製品“Stomp Classic”が登場! こちらは、複数台の同期が可能になった振動型のメトロノーム“Body Beat”のニューバージョン、”Body Beat Sync”。
デザインも可愛くてナイスですね。
 
専用ピックアップを使用せず、ギターからプラグインするだけでシンセ音源を操作出来るMIDIコンバーターG2M。デモンストレーションが聞こえてきて、その音質と反応の良さに思わず足を止めてしまいました。 エフェクター感覚でシンセやヴァイオリン、ベースの音がリアルに出ていため、スタッフさんに聞いたところ、何の細工もされていない通常のエレキギターだというから驚きでした。  
音源のほうはヤマハのMOTIF RACKだったようです。 ベース用も有り!しかも7弦まで対応! これは要チェックですね。  
 
  高音質のスイッチャーを提供するLehle(リール)の社長さん。
 


ベース的にはこちらが本命でした。 Ruppert Musical Instrumenstから発売されたベース用プリアンプ/DI、“BASSWITCH”。
“ベースプレイヤーのスイスナイフ”と謳われる多機能プリを、社長のルパート氏自ら丁寧に解説していただきました。
ただのA/Bスイッチャー機能付きプリアンプではありません。
インプットAのほうは、入力インピーダンスを1MΩから10MΩに切り替え可能となっており、ピエゾの入力にも対応。4バンドEQ、エフェクトループ、レベルブースト、XLRアウトを装備し、Lehle社製のアイソレーション・トランスを搭載したベース用高品位プリアンプでございます!
 
 
小型ヘッド用に4Ω/300Wに設定された12インチ・キャビ“EX112”。
お次はエデン。 エデンからもこんな新製品が! “WTDI”なるプリアンプ/DI。エデンらしいリッチなサウンドが手軽にライン直で味わえるようになりました。
 

アメリカのショープロレス、WWEのスーパースター、クリス・ジェリコ氏!
番組でも登場したことがありますが、彼はFozzyという自身のバンドでもフロントマンとして活動しており、今回はアーティストとしてサイン会に登場。テレビで見るより男前でした。しかし腕の太さはジョージ・リンチも負けていません。
当店でも好評の電源ケーブルのメーカー、“Essential Sound Products”。 ブースではアンプでケーブルの弾き比べが行われていました。
すっごい大きなエアギタリスト
を発見。
   
 
 
再びZONのブースの前を通ると、超絶ベーシストのマイケル・マンリング氏が。 にこやかに撮影に応じて下さいました。 年々使用アーティストを増やし、シェアを伸ばしている注目のアンプブランド、Aguilar。 ベースアンプはもちろん、オンボードプリアンプやエフェクターも好評。  
 
  その名も“TONE HAMMER 500”!
ネオジウム・マグネットを採用した、同じく軽量なSLシリーズのキャビネットとセットで展示されており、一足早くチェック。 ヘッドは、シンプルなコントロールながら、ドライブやミッドのフリケンシーまで付いており、軽さを感じさせない重厚なサウンドで、大変好印象でした。 近年目まぐるしい進化を続ける小型/軽量系ベースアンプ。今年のWINNERはアギュラーで決まりかもしれません。
  昨年は遂にピックアップも発表し、サウンドをトータルでサポート。 そして、2011年は遂に軽量/小型シリーズを発表!!
 
   
 
70年代より、現在のハイエンドベースの礎を築いてきた老舗ブランドであり、言わずと知れた有名ブランド“Spector”。 ネッド・スタインバーガーによってデザインされ、ロックベースの代名詞にまでなった名機“NS-2”を筆頭に、ハイエンドなボルトオンモデルやサンダーバード型のモデルまでラインナップ。 今年はついに5弦が登場。 昨年はジャズベタイプのモデルまで登場して話題になりました。
 
 
見て下さい、この2ショット! スチュアート・スペクター氏とEMGの創始者ロブ・ターナー氏。 こんなレアなショットもNAMMショーでしかありえません。 先程のNS-2をデザインした“NS”はこちらの分野でも活躍。 ヴァイオリンとチェロの試奏が行われていましたが、良い音してました。 “Bass Cello”のフレッテッド・バージョンも出ていました。
 
チューブDIが好評のマンレー。 アナログとデジタルの調和といった感じのこんな製品も。 デジタルの時代からこそ、アナログの魅力が再認識できるのですね。 DEANからは、ジョン・エントウィッスルのシグニチャーモデルが登場。
真ん中のスパイダーはどう見ても・・・
 
 

さらにその隣にはこのお二人が。 XOTICのXB-2の6弦と7弦を使用中の森岡克司氏と、ラリー・カールトン氏のご子息でプロベーシストのトラヴィス氏。
前日の夜にベイクドポテトでスコット・ヘンダーソンのショーでベースを弾いていたそうで(ベースは同社のXJ-1Tを使用)、安定感のあるグルーヴが素晴らしいと、見に行かれた森岡氏が絶賛されていました。
  ふと上を見上げると、DEANアーティストのレズリー・ウエスト氏と
ウリ・ジョン・ロート氏のお二人がいました。
その後、ふたたびPCI (XOTIC)のブースを訪れると、クリス・インペリテリ氏の姿が。
 
マイク・ルルでは、サンダーバード型のモデルを大フィーチャー! それ以外にもOPBスタイルのモデルやビッグシングルを搭載したモデルなど、トラディショナルな要素と道具としての機能性が融合されたモデルをラインナップ。
PAスピーカーの老舗、バグエンドとモデュラスの共同ブース。 モデュラスはQuantumとニューモデル”VERTEX”を展示。  
 
スピッツのPVにも登場した白いアレがコレです。 ギターもありました。 そしてこの方がマイク・ルル氏。ご自慢の楽器を手に。
 
 
  APHEXのブースに、Punch Factoryのニューバージョンが。 ロトサウンドのブースでビリー・シーン氏に遭遇!
左は、最近は画家としても非凡な才能を発揮しているギタリスト、エイドリアン・ヴァンデンバーグ氏。
ふたたびダンカンのブースに。 ジョージ・リンチ氏のサイン会が行われていました。
 
   
いぶし銀のベテラン・ベースプレイヤーを数多くエンドーサーにしているレイクランド。
ポスターにはギーザー・バトラー氏(BLACK SABBATH)の姿が。
   
 
 
  お次はアコースティックギター用アンプとして定番のAER。 2系統入力+AUXのミキサ/プリアンプや、デュアル・パラEQ等のアウトボード、“Pocket tools”シリーズが登場! エレクトリック・ベース用のamp one, amp twoに、 Amp threeまで登場。要はスピーカーの数が違うんですね。
 
 
SOURCE AUDIO から、ギター用、ベース用それぞれエンヴェロープ・フィルターが登場。早速ベース用をチェックしましたが、ミュートロンやアナログシンセ系の重厚なエンヴェロープフィルターをお求めの方には間違いなくオススメです!しかも軽い! なんと、フェルナンデスのブース前でスイサイダル・テンデンシーズがライブ・パフォーマンスを行っていました!ロバート・トゥルジロもかつてはここで活躍していたのでした。 メイン会場のコンヴェンション・センターからYAMAHAブースがあるMarriotホテルに向かう途中、ウリ様をふたたび発見。警察のお馬さんと触れ合ってらっしゃいました。白い馬が実に似合いますね。 ホテルの大ホールを借りたYAMAHAの広大なブース。  
 
マイアング・モデルが発展して4弦モデルも登場。 伝統のBBのフォルムを残しつつ大胆なアレンジが施されて生まれ変わった現代版BB。 ネイザン・イースト氏のシグニチャーモデルに限定仕様が登場。 ハードケースやストラップ等の
グッズも付属。
 
世界中で好評のサイレント
ベース“SLB”シリーズ。
SLB200に限定モデルが登場!! 限定復活のエボニー指板の採用や、豪華な美しい杢のメイプル・ネック、 ゴールドハードウェアや、 アクティブ/パッシブの切り替えが可能な点など、レギュラーモデルにはない特別なスペックが満載の完全限定生産モデル!イケベ各店のベースフロアに入荷予定ですので、是非お見逃しなく!!
 
最後の最後に大物が登場!!
ぼんやりしていてすみません・・
ラリー・グラハム師匠、そしてバケットヘッドの巨人3人衆が会場内を練り歩いていたところをキャッチ。この光景はアメリカでもNAMM以外では絶対にあり得ません。
    ブーツィーと    
 
・・・というわけで、新製品やアーティスト盛りだくさんでお送りしてまいりましたNAMM2011ベースレポートもこれでおしまい。長らくお付き合いいただき、ありがとうございました。
ちなみに、2011年のベースのトレンド(主にアメリカ)は、「ビッグシングル」、「サンダーバード」、「キャンディーアップル・オレンジ」といったところでしょうか。全て押さえていたルルは流石ですね。
今回会場で押さえてきた極上のショー出展モデルは以下の通りです。
これらの楽器は後日ベースコレクションに随時入荷予定となっておりますので、是非このチャンスをお見逃しなく!!
 
 
 

<NAMM 2011 ベースコレクション入荷予定モデル>

Alleva-Coppolo
Limited Edition LM5 Deluxe “1pc. Ash Body, Butter Scotch Color” -HOLD
LG5 Classic “D-Dart Green Metallic”
KBP5 “Walnut Neck & Body” -HOLD
LG5 / Tom Barney Sig “Natural-Ash, 18mm Spacing” -HOLD
Benavente
DCD5 “Buckeye Burl Top, Alder Back”
MTD
Andrew Gouche Signature 6st Bass #3
535-24 “Quilted Sapele Top, Makore Body & Neck with World MTD Logo”
Skjold Design Guitars
Estate 92 STD 4st “Camphor Burl Top, Wood Tuners & Knobs & Strap pins”
Veillette
Minotaur 4 “30 inch scale, Fretted Model”
ZON
Legacy Elite 4 “Curly Mango Top”
Legacy Elite 519 “Curly Myrtlewood Top”
Sonus Custom 519 “34 inch scale, Quilt Burl Maple Top”
 
   
   

▲このページのTOPへ


vol.01 - vol.02 - vol.03 - vol.04

お問い合わせ

ベースコレクション

tel.03-5428-5094


毎木曜日定休

■e-mail:bass_collection@ikebe.co.jp

■店舗詳細ページ