KISSのギタリスト、トミー・セイヤーがやってきた!!

  デビュー40周年を迎えた今も尚、世代を飛び越え、今も尚世界中を席巻し続けているモンスター・バンド「KISS」。ギタリスト、そしてスペースマンとして活躍するトミー・セイヤーを迎えた「IKEBE presents KISS Tommy Thayer SPECIAL FAN EVENT」が、3月1日(日)に原宿CROCODILEにて開催されました。

  日本各地でのライブやプロモーション、前日の28日(土)には仙台公演を終えたばかりの中、お馴染みの「スペースマン」ではなく白いジャケットを着用したトミーが、様々な世代のお客様たちで満席となった会場に登場すると、割れんばかりの歓声が会場に響きます。そして、登場するや否やジャケットよりも“ホワイト”なエピフォン製レスポールを手に持ち、さっそく楽曲をフルコーラスで(!)披露します。

  「ホワイトライトニング」という名の通り、真っ白なボディ&ヘッドに、細やかに、そして鮮やかにデザインされたスパークルがキラキラと輝くこのギターは、2015年Winter NAMM SHOWにて発表されたばかりのトミー・セイヤー/シグネイチャー・モデル「Epiphone Tommy Thayer “White Lightning” Signature Les Paul」です。ソリッドマホガニー・ボディにメイプル・トップ、そしてピックアップにはセイモアダンカンのJBハムバッカー(なんと、ピックアップのホワイトも特別製とのこと!)を採用しております。トミーの並々ならぬ拘りは付属のアクセサリーにも反映されており、特別製の真っ白なハードケースやスタッデット・レザーストラップなど、「スペースマン」トミーを体現するかの如く随所に表れています。何より、シグネイチャー・アーティストであるトミー自らが目の前で解説し、ふんだんに楽曲を奏でるという贅沢な時間に、驚き魅了された方も多かったのではないでしょうか。正式な発売時期が確定次第、イケベ楽器Webサイトでもインフォメーションいたしますので、ご期待下さい!
  イベントの最初からトミーのプレイが炸裂するというサプライズの後も、随所でシグネイチャー・モデルを奏でつつ様々な質問に真摯に応えていく姿に、お客様もまさに釘付け状態。さらに、イベントの最中には、トミーが今さっきまで弾いていたレスポールを客席に渡し、実際に手にとって見てもらうというハプニングも。会場にはギターを弾かれるお客様も多くいらっしゃったようで、トミー本人が使用したギターをあちこちで試し弾く音が響いていました。

  事前にお客様から寄せられた質問、そしてイベント中に挙手制で寄せられた質問内容は、トミー自身のパーソナルなことやKISSメンバーのこと、そして音作りのことまで多岐に渡りますが、終演のギリギリまでトミーは丁寧に答え、質問や回答に出た楽曲を(いきなり)披露していきます。笑いの絶えないエピソードも満載の中、会場にいる全員が驚いたのが「基本、エフェクターは使用せずアンプ直である」という回答。もちろん、イベントでのセッティングも、エフェクターは使用せずアンプ直で行われ、そのシンプルなセッティングからは想像できない程の芯のあるサウンドを放つトミーのプレイに、会場中から感嘆の声が漏れていました。これは、トミーが信頼を置くギターの完成度やアンプセッティングなどもその要素ですが、何よりトミーが長年の経験から培ったものがあるからこそ奏でられるサウンドであるという説得力を見せ付けられた瞬間でもありました。

  和やかな雰囲気ながら非常に濃密な90分間はあっという間に終わり、名残惜しむお客様の握手に親切に応じながらステージから去ったトミーに、長らく暖かい拍手が鳴り続けていました。

  デビュー40周年を迎えた今なお世界中を魅了し続けるモンスター・バンドでありながら、今現在が最盛期かという程に精力的な姿に、改めて今後のKISSに期待せざるを得ないひと時でした。KISS史上11回目となるジャパン・ツアーのファイナルであり、トミー自身初となる東京ドーム公演で、その姿を見せ付けてくれることでしょう。
(文・写真:Ikebe CREATIVE)
イベント当日の様子
※画像クリックで拡大します。
  
  

イベント詳細

2015年3月1日(

OPEN/13:00 START/13:30

会場:原宿クロコダイル
〒150-0001 渋谷区神宮前6-18-8 ニュー関口ビルB1

イベント参加無料!!
イベントは終了いたしました。

2015NAMMで発表されました、
Epiphone Tommy Thayer "White Lightning"
Signature Les Paul

Tommy Thayer

Tommy Thayer:プロフィール

KISSの5代目ギタリスト。アメリカ合衆国オレゴン州ポートランド出身。
1981年にジェイミー・セント・ジェイムズと共にBlack 'n Blueを結成。
1983年、ゲフィンレコードと契約し、メジャーデビューを果たす。
1985年末、キッスのアサイラム・ツアーの前座を務め、ジーン・シモンズと親しくなり、90年代はパーソナルアシスタントとなる。
1996年から始まったキッスのリユニオン以降のツアーではツアー・マネージャーを務めた。
2002年、キッスのエース・フレーリー脱退後、後任としてキッスの第9期メンバーとなった。
以来、キッスの「SPACEMAN」として活躍中。
お問い合わせ TommyThayer-150301@ikebe.co.jp