月刊サハシブMONTHLY SAHASHI × IKESHIBU SHOW

「月刊 サハシブ」とは?

イケシブをはじめとする池部楽器店の店舗を舞台にミュージックシーンを長らく牽引してきた日本を代表するトップギタリストの一人である佐橋佳幸さんが、毎月、プロ・アマ問わず音楽を愛するミュージシャンをゲストに迎え、みなさんの抱える「悩み」や「問題」などを軽快なトークを交えながら解決していく「視聴者参加型ストア連動楽器バラエティプログラム」です。なおこの「月刊 サハシブ」ですが、ひとりでも多くの方にご視聴していただければとの思いから、「Ikebe Channel」にアクセスして頂いた方はどなたでもご覧になることが出来ます。

また各回のゲストは、視聴されている方からの応募をもとに決定される視聴者参加型のプログラムとなっており、記念すべき第一回目は、青山学院大学の新入生をゲストに迎え、彼女にとっての「初めてのアコーステックギター」選びを、佐橋佳幸さんがサポートする様子をお送りします。

プロフィール

佐橋佳幸(Yoshiyuki Sahashi)

佐橋佳幸(Yoshiyuki Sahashi)

70年代初頭、お小遣いを貯めて買ったラジカセがきっかけで全米トップ40に夢中になり、シンガー・ソングライターに憧れ、初めてギターを手にする。中学3年生の時に仲間と組んだバンドでコンテストに入賞。高校受験を控えつつも、強く音楽の道へ進むことを志す。1977年春・都立松原高校に入学。一学年上の”EPO”、二学年上の”清水信之”という、その後の音楽人生を左右する先輩たちと出会う。デビューを控えた”EPO”とのバンドと並行して、ロックバンド”UGUISS”を結成。1983年にエピック・ソニーよりデビューする。
バンド解散後、セッション・ギタリストとして、数え切れないほどのレコーディング、コンサートツアーに参加。
高校の後輩でもある”渡辺美里”のプロジェクトをきっかけに、作編曲・プロデュースワークと活動の幅を拡げ、1991年にギタリストとして参加した”小田和正”の「ラブ・ストーリーは突然に」1993年に手掛けた”藤井フミヤ”の「TRUE LOVE」1995年の”福山雅治”「Hello」等が立て続けにミリオンセラーを記録し、クリエイティビティが高く評価される。
1994年には初のソロアルバム「Trust Me」を発表。”桑田佳祐”とのユニット”SUPER CHIMPANZEE”にて出会った、”小倉博和”とのギターデュオ”山弦”としての活動等、自身の音楽活動もスタート。

1994年「Trust Me」のエグゼクティブ・プロデューサーでもある”山下達郎”氏のバンドに参加。そのほかにも、”坂本龍一”、 ”佐野元春 & The Hobo King Band” ”亀田誠治””森俊之” ”Dr.kYon”などティンパン&ナイアガラ系のレジェンドから新世代のアーティストまで、現在進行形・且つ世代を超えたコラボレーションを展開中。

座右の銘は「温故知新」
愛器はフェンダー・ストラトキャスターとギブソン・J-50。
趣味は読書と中古レコード店巡り。

◇佐橋佳幸|note
https://note.mu/sahashi

お問合せ