会員情報 {@ member.last_name @} {@ member.first_name @}様 ({@ member.stage_name @}ランク)
有効ポイント {@ member.active_points @}pt

ロゴ画像

list 詳細検索
セール情報
「CAE OD-100」このアンプの新品中古の売買において色々なお客さまとのご縁が生まれました。個人的なファーストコンタクトは、20年前ぐらいに「冬に真夏の歌を作る4人組」でお馴染みの、名前に季節が入ったギタリストが売却したいと秋葉原店に2台預けて頂いた時だったと思います。 そこから始まったかのようにCAE、CAA好きのお客様方々との流れが大きくなり、以後OD-100 Rack、OD-100SH、OD-50など数種類のODを通じ、中々の苦楽を経験させて頂きました。 このPT100は、当初はブルーフェイスでしたね。初入荷のタイミングで欲しい方が現れ、お渡しする際の検品でしか試していませんでしたので、ほぼ記憶ゼロ。久々に時間を取って向き合える事になり、じっくりチェックしてみました。 いきなり感銘を受けたのは「チャンネル1」。ゲインとEQの上下で作っていくのは当たり前ですが、この上下の振り幅がまず広い。まだ「BRIGHT」も「BOOST」も「CRUNCH」も押していないのに、装備なしのすっぴんでこの幅か。 全て5ポジだとフラット目で華のあるグラッシーなトーン。ゲイン低めではよりクリアー。非常に綺麗な音です。ゲイン高めでは、大きなダイナミクスのままバキっと踏み込んでくる力強さが気持ち良いですね。 「BRIGHT」:オンでPlexiの様なクリスピーなトーンに。例えばRC-BoosterをBass下げ目でオンにした様なイメージでしょうか。 「BOOST」:目盛り1~2程度の音量が上がります。CH1のままリードを取られる際に。 「CRUNCH」:ガラリと顔が変わり、壁を叩く様なゴツゴツした無骨なトーンに。例えばDSL50のClassic Gain CH(CRUNCH側でGain低め)にCOT50をオンにした様なイメージでしょうか。 と言う様にこのチャンネル1だけでも非常に多い手数となっています。1台のアンプの中に性格の違う2台が入っている様な感覚を覚えます。 バックパネルにある「DEPTH FULL/OFF」スイッチ、「PRESENCE」、「FEEDBACK」のツマミでアンプ全体で出す帯域もコントロール可能です。さ、文字数制限でドライブCHに届かないままこのお話しは終了です。まあ、ドライブCHはわざわざ説明しなくてもと思ってます。

掲載アイテム

Suhr Amps PT-15 Head

  • 新品
イケベ特価 ¥ 430,000 消費税込 ¥ 473,000

Suhr Amps PT15 I.R.

  • 新品
イケベ特価 ¥ 520,000 消費税込 ¥ 572,000