会員情報 {@ member.last_name @} {@ member.first_name @}様 ({@ member.stage_name @}ランク)
有効ポイント {@ member.active_points @}pt

ロゴ画像

list 詳細検索
セール情報
パーツ大好き! 特にピックアップが大好き!PU交換って、カスタマイジング感が強くていいです。 PUのセイモアダンカン編 ダンカンPUの話で欠かせないモデルは何と言ってもSH-4 JB。特に日本では今の30代~40代の方でSH-4を使ったことがある方が非常に多いです。それはハイスタンダードのKenYokoyamaさんを筆頭に様々なギタリストがリアに使用していて、特にLPタイプに取り付けるのが爆発的に広まりました。 このSH-4は倍音豊かにがっちり歪みますが、マグネットにアルニコ5を使用しており軽い歪みやウォームなサウンドも出せて、とにかく万能。メタル系のギタリストも使用しており、マイケルアモットはESPのモデルには搭載してましたし、 デイブムスティンもシグネイチャーが出る前はリアはSH-4です。 ここで、マグネットの話ですが一般的に「アルニコ2・アルニコ5・セラミック」の3つが有名。アルニコ2が一番ヴィンテージタイプでアルニコの数字が増える程よりモダンなサウンドになり、セラミックは一番モダンなタイプ。 「バキバキのサウンドが好きだからセラミック一択だぜ!」 という方もいるかもしれません。(私も昔そうでした) が、 コイルのターン数やボビンの高さや幅でサウンドも変わり、機材とセッティングで、実はハイパワーかつモダンなセラミックタイプじゃなくても、深く歪ませるサウンドに合うPUがあるというのをSH-4は教えてくれたのです。このSH-4をリアにしてフロントに何を合わせるかが悩ましく、定番はSH-1 59かSH-2 Jazzですが、もっとフロントでパワーが欲しい方はSH-6n DistortionやSH-10n FULL SHREDがお勧め。逆にヴィンテージ感を出したい方はAQ-HM-n ANTIQUITYやAPH-1n Alnico II Proにしてみるのも良いかもしれません。 因みにJBはリア用ですがフロントにPUザグリに余裕があれば搭載は可能です。個人的には悪くなく。スムースなフロントサウンドが引き締まったバキッとしたフロントサウンドになります。ただ、セイモアダンカンのPUロゴが逆さまになるので注意です。 その流れで私はレスポールにフロントにリア推奨のギブソンのバーストバッカー3を搭載しています。最高だぜ。 何でもチャレンジは大切ですね。

掲載アイテム