会員情報 {@ member.last_name @} {@ member.first_name @}様 ({@ member.stage_name @}ランク)
有効ポイント {@ member.active_points @}pt

ロゴ画像

list 詳細検索
セール情報
何故かパワーレックでBig Muffの展示が始まりました。 え、、、何故……? と、僕も最初は思いましたが、本機はオーディオインターフェイスやハードウェアのプラグインとしても使えるとの事。本来のアナログ回路にプラスして、AD/DAが搭載されてるみたいですね。ギターを全く弾けない斉藤が、色々触ってみました。 まず分かりやすいのは、オーディオインターフェイスとして使う場合。 ドライバーを入れると、PCからは2in/2outのインターフェイスとして認識されます。 本体にもしっかり2ch分の入出力端子が備わっています。Big Muffを通した音を、その後にダイレクトにADCに通してレコーディングする事が出来ます。ファズサウンドをサクッと録れる手軽さが魅力です。 さて、面白いのは、オーディオ素材やソフト音源に対して、アウトボード的な歪みエフェクターとしても使える点です。この場合はインターフェイスは別でご用意して頂く事になります。 本機には、VSTやAUのプラグインが存在。他のプラグインと同様にインサートして使えますが、本物のBig Muffのアナログ回路を経由します。wesaudioの製品に近いですね。 PCとの信号のやり取りはUSBケーブル1本で行うため、DAW側のハードウェアインサート等の機能は一切使用しません。 ・録音済みのギターにリアンプ無しでファズをかける ・ソフト音源のシンセベースに過激な歪みとして使う ・TONEにオートメーションを書く ・ブレイクビーツの音を破壊する こういった用途で使えるようになります。 肝心の音についてですが、Big Muff初体験の斉藤、あまりに激しく歪むので笑ってしまいました。 飽和した…というのも生ぬるいくらいぶっ潰れて、歪みまくります。 M1系のオルガンベースにかけるとConfession系のFuture Houseや最近のG Houseっぽいベースが簡単に出せて、とても好印象でした。ドラムのルームマイクにパラレルで薄くかけて…なんてのも面白そうです。 プラグイン化する事で、あらゆる素材にBig Muffの音をもたらした本製品。 ギタリスト以外の方にも是非手に取って頂きたいです! P.S. ところで僕は5部が好きです!!!

掲載アイテム

Electro Harmonix Big Muff Pi Hardware Plugin

  • 新品
メーカー希望小売価格 ¥ 78,000 (税抜)
イケベ特価 ¥ 45,000 消費税込 ¥ 49,500
【半期決算タイムセール】

その他のコーディネート