会員情報 {@ member.last_name @} {@ member.first_name @}様 ({@ member.stage_name @}ランク)
有効ポイント {@ member.active_points @}pt

ロゴ画像

list 詳細検索
セール情報
ごきげんよう!ゲットストンプの会田です! 今回は、Westminsterの超名作オーバードライブ「1689」をレビュー--! 味のある歪みをお探しの方必見ですよ! ●サウンド 中域中心のレンジ広めな上質サウンドで、最大ゲイン量はチューブスクリーマー程度で万能的に使える十分な量。ザラザラ感は中粗目といったところで、設定によっては荒々しくも繊細にも可変できる、これまた万能的な質感を持ちます。 いずれもピッキングニュアンスに応じて音圧や表情を変えてくれるようなアグレッシブルな反応を持ちますので、オールドスクールなプレイが誘われる粋なサウンドと言えます! そして特筆すべきはクリア成分の多さ!ケンタウルス系みたいにギター本来の個性をそのまま増幅し出力してくれる様なクリアな音圧を感じます。 正にKlon CentaurとIbanez Tube Screamerのいいとこ取りをしたようなサウンドを持つ逸品ですね…! ●仕様 王道のVolume、Gain、Toneの3種に加え、クリア成分量を直接調整できる"Blend"コントロールが搭載された独特な仕様! これによってギターだけでなくベースにも最適なサウンドメイクをしていける優秀な設計がされていますね! また各コントロールの可変幅は思ったよりも広く、中央に搭載されたミニスイッチではクリッピングの具合を変えられたり等見た目以上に細かな音作りが出来ちゃう仕様。結構凄い事です。 実は本機、内部に昇圧機を搭載している為、9V駆動とは思えない豊満な出力とヘッドルームを得られているんです。 だからこその可変幅の広さやクリア成分の量、音圧感なんですね~! 入荷数はそんなに多くは無いので、在庫があるうちに是非一度は弾いて頂きたい逸品!お試し下さい!

掲載アイテム