会員情報 {@ member.last_name @} {@ member.first_name @}様 ({@ member.stage_name @}ランク)
有効ポイント {@ member.active_points @}pt

ロゴ画像

list 詳細検索
セール情報
(問1~4の答え) 全て「無限大∞!!」 ①330・370/12ペア オススメは定位を完全に分けたアルペジオ 左chに6弦、右chに12弦でユニゾンすると主弦の音程はだいたいセンターから聞こえ、複弦の音程は右側から聞こえる お手本はXTC『Mayor of Simpleton』 隠し味に左の330のみ薄っすらとリングモジュレーターを掛けると更に湿った英国風でご満悦 ②J-45・F-212ペア 12弦アコギは華やかすぎて、6弦のダブルのように12弦+12弦にすると歌の邪魔をすることがある そこでオススメは6弦ダブル+12弦1本 左ch、右chでそれぞれ1回ずつ6弦を弾いて普通のダブルに 更にセンター定位で12弦を1回弾いて、3本のバランスを ・左6弦、右6弦を同じ音量 ・センター12弦はゼロにして再生スタート、徐々にセンター12弦の音量を上げていく ・12弦らしい華やかさが出てきて、なおかつ歌の邪魔をしないポイントで固定 で完成 ③ST62-115・ASAT Classicペア オススメは定位を同じくしたアルペジオ 流麗なフレーズを12弦で弾こうと思っても、テクニック不足でどうにも無駄に力が入ってしまいジョニー・マーにはなれない あれ?そういえばマーって 「あれは12弦と思われてるけどEpiphone Coronetをナッシュビルチューニングにして重ねてるんだよ」 と何かのインタビューで言ってたような そんな訳で、お手本はThe Smiths『William, It Was Really Nothing』 隠し味にオクターブ上のASATにだけリバースリバーブを薄く掛けてみたら気持ち良すぎて病みつきに ④Mach 1・MC2940ペア オススメは定位を同じくした高域メロディと、粒立ち感を強調する低音リフ ハーモナイザーでオクターブ上を足す音作りでは出せない自然なうねり MC2940のベースEQはカット方向でMach 1の主音との干渉を抑えると一体感を出しやすい メロディを弾く際のリバーブは主音に薄め、ピッコロに深めにすると、そこはもう桃源郷 低音リフは使いどころが難しいがインパクトは凄い (余談) ・どんだけ「謎のこだわり」持っとんねん ・統計:宮永のギター/ベースは見た目9割で選んどる ・独りでペア、ペアて寂しないんかい

掲載アイテム

AKG C451 B/ST

  • 新品
イケベ特価 ¥ 105,900 消費税込 ¥ 116,490

その他のコーディネート