会員情報 {@ member.last_name @} {@ member.first_name @}様 ({@ member.stage_name @}ランク)
有効ポイント {@ member.active_points @}pt

ロゴ画像

list 詳細検索
セール情報
「店内BGM」 以前にふっと思った事がありまして 「いつ頃からソロギターってあるのだろう?」 恐らく、「Morris フィンガーピッキング・デイ」の開始や南澤さんの「ソロ・ギターのしらべ」の大ヒット、また押尾さんの登場なども大きな要因かと思いますので、世紀が変わる2000年あたり前後でアコースティックギターを指で弾く「ソロギター」というスタイルが確立されていったのではないかと思います。 ただ自分的に、エレキギターからブルース回帰してカントリーブルースに遡った者からしますと、打田さんのTAB系の流れから指弾きはカントリーブルースやラグタイムを弾くものと思っておりましたので、「ソロギター」と初めて聞いた時は少し新鮮な感じがしました。 そんな「指で弾く」という事を覚えたロックしか知らない若い時、遡ってチェット・アトキンスや古くはマール・トラヴィスなども気になって色々しらべる訳ですが、昔は詳しい人に話を聞いていると怖い先輩に 「ポール・サイモンのAnjiが弾けないと話にならないな」等と言われたものです。 ※すみません、今でも上手く弾けません・・・ ある時、フィンガーピッキングの名手マーク・ノップラーにたどり着くのですが、MTV世代の自分からするとそれまでダイアー・ストレイツの「Money For Nothing」ぐらいしか知らず、マーク・ノップラーのファンの方々からすると申し訳ないぐらい後に認知するのです。 そこでチェット・アトキンスと共演していた「Neck and Neck」というアルバムを知るのですが、 「あれっ!これどこかで聞いたことある?!」 池部入社当時の先輩が店内BGMでよく流していたのがこのアルバムで、当時は全然興味が無かったのですが耳が覚えているのですよね。 考えてみるとチェット・アトキンスやマーク・ノップラー以外にもタック・アンドレスなどもよく流れており、知らず知らずに聞いていたようです。 するとやはり懐かしさでマーク・ノップラーは名演「Sultans Of Swing」より、チェットとの共演「I'll See You in My Dreams」の方が二人とも楽しそうで好きなんですよ。 という訳で、その映像でのギターが不明でしたので、マーク・ノップラーが最近手にする事もあるMartin D-18の紹介です!