会員情報 {@ member.last_name @} {@ member.first_name @}様 ({@ member.stage_name @}ランク)
有効ポイント {@ member.active_points @}pt

ロゴ画像

list 詳細検索
セール情報
先日、久々にGibsonの60s J-50 Original が入荷しましたのでチェックを含めてポロポロと弾いていますと、頭の中に何かが舞い降りてきました! ここで、オジサンが多いアコースティックステーションでは若手の浅野君に登場して頂きましょう! 峯田「浅野君、ジェームス・テイラー って知ってる?」 浅野「知ってますよ、エレキの高いブランドですよね」 (浅野君、君は逸材です!) 峯田「あっ・・・、まぁいいや、とりあえずギター持って撮影しようか」 浅野「はっ?」 峯田「とりあえず、ここに座って、ちょっと猫背気味でマイクに向かって歌うようにしてね」 浅野「なんなんですか!!」 峯田「そーそー、良い感じだねー! 次はギターケースにもたれ掛かる感じで」 浅野「こんなんですか」 峯田「もっと真面目な顔で、外人っぽくして!」 浅野「はぁ」 という感じで完成しました! トップ画像はジェームス・テイラー風画像です! ピックガードが邪魔ですが、剥がすことはできないのでご了承ください! (注意)峯田枠の記事ですが、被写体は浅野君です。 2枚目は良い感じでSweet Baby 風ですが、もはやギターが写っていません! ※勿論、被写体は浅野君です。 しょうがないので、手元に写っているケースはNoah’sark ASH-BLACK とご紹介いたします! こんな風に扱っても、クニャっとしない逸品です。 最後に、自分の記事ですので、自分でギターを持った画像も、一応載せておきます。 そんなこんなでJames TaylorをYouTubeで観ていましたが、当時のJames Taylorは20才チョイなんですよね。 今、撮影した浅野君より若いんですよ! しかも手にしているJ-50も確か60年代半ばぐらい製造の物だったと思いますので、映像の時には数年前の物なんですよね。 それであの味わい深い歌声と枯れたギターのサウンドは、何なんでしょうか!! J-50はJ-45よりも音が良いという意見もありますが、どうなんでしょう。 まぁ、あまり深く考えず、しばしJames Taylorに聞き惚れておりましょう。

掲載アイテム