会員情報 {@ member.last_name @} {@ member.first_name @}様 ({@ member.stage_name @}ランク)
有効ポイント {@ member.active_points @}pt

ロゴ画像

list 詳細検索
セール情報
  1. TOP
  2. カテゴリ
  3. ディズニー・ミュージック / ディズニー映画 音楽の秘密

スタイルノート ディズニー・ミュージック / ディズニー映画 音楽の秘密

商品番号 711590
  • 新品
イケベ特価 ¥ 3,000 消費税込 ¥ 3,300
ポイント: 90 PT
30

動画

商品説明

解説
1928年、ディズニーによる世界初のアニメ映画から2013年まで、使われている音楽を徹底的に分析した。論文ではなく、誰にでも読みやすく書かれており、ディズニー映画の歴史を知る読み物としても楽しめる。詳細索引付。

紹介
本書では、1928年から2013年までのディズニーのアニメ映画(ピクサー制作含む)で使われている音楽を徹底的に分析。論文ではなく、誰にでも読みやすく書かれており、ディズニー映画の歴史を知る読み物としても楽しめる。ウォルト・ディズニーが制作した初のトーキー・アニメ映画『蒸気船ウィリー』から『アナと雪の女王』、ピクサー制作の『モンスターズ・ユニバーシティ』まで、70作以上の映画音楽について詳細に解説。ウォルトがどのように音楽と出会い、いかに音楽を重要視していたかがよくわかる。その音楽がそのシーンで使われるに至ったエピソードなども紹介。軽い裏話から、音楽形式からの分析や和声進行からの専門的な分析、当時の情勢なども分かりやすく紹介されている。さらには、ディズニー映画で使われた革新的な技術の数々も解説。例えば、音楽に合わせて歩くシーンなどはどうやって作っていたのか。キャラクターの動きに合わせて音が出るという手法を考え出したのは何がきっかけだったのかといったことも解説されている。本書を読むことで、ディズニー映画にとって音楽がどれほど大切でどれほど重要視されているかがわかる。豊富な参考文献や、詳細な索引も付した。カバー装画は、三越が発行する『GINZA STYLE』の表紙画や、『シンデレラの告白』(角川春樹事務所)、『美食倶楽部』(文藝春秋社)等のカバー装画で知られる、長谷川洋子氏。

目次
もくじ
第1章 短編映画の音楽
 はじめに
 短編アニメの音楽
 トーキー映画とトーキー・アニメ
 音と映像のシンクロ
 ウォルト・ディズニーと音楽
 音と絵がシンクロした初のトーキー・アニメ
 初期短編に使われた音楽ジャンル
 初期短編における音楽の使われ方
 シリー・シンフォニー
 まとめ
 初期短編映画における音楽監督・作曲家たち
 《コラム》もっと短編映画を楽しみたい

第2章 クラシックディズニー(1)
 『白雪姫』
 『ピノキオ』
 『ファンタジア』
 『ダンボ』
 『バンビ』
 『ラテン・アメリカの旅』
 『三人の騎士』
 《コラム》第二次世界大戦中の短編映画

第3章 クラシックディズニー(2)
 『メイク・マイン・ミュージック』
 『こぐま物語』『ミッキーのジャックと豆の木』
 『メロディ・タイム』
 『イカボードとトード氏』
 『シンデレラ』
 『ふしぎの国のアリス』
 『ピーター・パン』
 『わんわん物語』
 『眠れる森の美女』
 『101匹わんちゃん』
 『王様の剣』
 『ジャングル・ブック』
 作曲家紹介
 《コラム》『南部の歌』と『メリー・ポピンズ』

第4章 ウォルトの意志を引き継いだ時代
 『おしゃれキャット』
 『ロビン・フッド』
 『ビアンカの大冒険』
 『くまのプーさん』
 『きつねと猟犬』
 『コルドロン』
 『オリビアちゃんの大冒険』
 『オリバー:ニューヨーク子猫ものがたり』
 作曲家紹介
 《コラム》80・90年代アメリカの長編アニメの音楽

第5章 新生ディズニー映画の旗手たち
 アシュマン=メンケンのコンビ
 『リトル・マーメイド』
 『ビアンカの大冒険:ゴールデン・イーグルを救え』
 『美女と野獣』
 『アラジン』
 『ライオン・キング』
 『ポカホンタス』
 『ノートルダムの鐘』
 『ヘラクレス』
 『ムーラン』
 『ターザン』
 『ラマになった王様』
 『アトランティス:失われた帝国』
 『リロ&スティッチ』
 『トレジャー・プラネット』
 『ブラザー・ベア』
 『ホーム・オン・ザ・レンジ』
 まとめ
 《コラム》『ファンタジア2000』

第6章 3D時代のディズニー
 『チキン・リトル』
 『ルイスと未来泥棒』
 『ボルト』
 『プリンセスと魔法のキス』
 『塔の上のラプンツェル』
 『くまのプーさん』
 『シュガー・ラッシュ』
 『アナと雪の女王』

第7章 ピクサー映画の音楽
 『トイ・ストーリー』
 『バグズ・ライフ』
 『トイ・ストーリー2』
 『モンスターズ・インク』
 『ファインディング・ニモ』
 『Mr.インクレディブル』
 『カーズ』
 『レミーのおいしいレストラン』
 『WALL・E/ウォーリー』
 『カールじいさんの空飛ぶ家』
 『トイ・ストーリー3』
 『カーズ2』
 『メリダとおそろしの森』
 『モンスターズ・ユニバーシティ』


前書きなど
 本書は2006年に出版した『ディズニー映画音楽徹底分析』をもとに大幅な修正を加え、その後に公開された映画を含め、大幅に加筆したものです。また本書には『徹底分析』にはなかった人物索引と曲名索引が付けられています。
 修正・加筆を行った結果、『徹底分析』が256ページだったのに対し、本書は400ページにもなりました。新しく扱った作品には、まず2005年の『チキン・リトル』以降のディズニー作品があります。そして年代的にはもっと前に遡るのですが、『モンスターズ・ユニバーシティ』に至るピクサーの作品も加えました。特にピクサー作品に関しては、前書を刊行した後「ピクサーは入っていないのか」と尋ねられたこともあり、ディズニーとピクサーの関係が非常に近い現在、この声に答え、両方を含めるべきだと考えました。ただピクサーは歌の使い方がディズニーとは違いますし、作品によっては歌を全く使わずスコアのみで進めていくというものもあります。そのため執筆内容も、ディズニー作品のものとは若干違っています。
 人物索引と曲名索引についてですが、今回作成したこの2つの索引によって、ディズニーに関わった、あるいは影響を与えた人たちの存在が見えてくるでしょう。また、「あの曲はどの映画の曲だったかな」ということが調べられるようになりました。これらの索引を眺めますと、本当に幅広い音楽スタイルの音楽が、いろんな人によって作られ、そこに至るには、多種多様な音楽の影響を作曲家たちが受けていたことが見えてくるのではないかと思います。
 前作『徹底分析』と共通した特徴には、できるだけ音楽に焦点を絞って書くという方針があります。ディズニーに関しては、ビジネス関係の本や、ウォルトの人となり、あるいはディズニー・ランドを含めたパークについてなど、様々な本がありますが、この本では、できるだけ個々の映画作品と音楽について書かれた資料に触れるように心がけました。映画のあらすじなどが書かれていないことが不親切だと感じられるかもしれませんが、そこはあえて省略し、その分いろいろな文献を調べたり、DVD等で繰り返し作品を観て探求することに注力しました。その執筆過程において、筆者はディズニー映画のクリエーターたちの豊かな創造性、そして映画の知識に圧倒されました。もちろん成功作品の背後には論理的には説明できない「魔法」のような作用があることは否定できません。しかし、そういうことが起こる素地として、スタジオに所属する一人ひとりがたゆまない努力をし、建設的な議論をしていることが分かってきます。すべての映画が順風満帆に制作された訳ではありませんが、やはり一定のレベルを保つことができるクリエーターたちに対する信頼が老舗の映画制作会社にはあるものです。


版元から一言
 この本は、ディズニーのアニメ映画(ピクサー制作含む)で使われている音楽を徹底的に分析したものです。論文ではなく、誰にでも読みやすく書かれており、ディズニー映画を概観する読み物としても楽しんでいただけます。
 本書で採り上げているディズニーのアニメ映画は、1928年にウォルト・ディズニーが制作した初のトーキー・アニメ映画『蒸気船ウィリー』から2013年の『アナと雪の女王』、ピクサー制作の『モンスターズ・ユニバーシティ』まで70作以上。著者はこれらの大量のディズニー映画を実際に観て研究し、その音楽を分析しました。
 それぞれの作品ごとに簡単に映画を紹介しつつ、登場する音楽を詳しく説明しています。また、その音楽が使われるに至った、あるいは作られるに至ったエピソードなども紹介されています。ちょっと専門的に、音楽形式からの分析や和声進行からの分析が出てきたり、過去の作品の有名な音楽がこっそり使われているといったエピソードも紹介。
 さらには、ディズニー映画で使われた革新的な技術の数々も紹介されています。どのようにしてシーンとぴったり合うように音楽をつけていたか、例えば、音楽に合わせて歩くシーンなどはどうやって作っていたのか。そもそも、キャラクターの動きに合わせて音が出るという手法を考え出したのは何がきっかけだったのかといったことも。さらに、あの名曲を実はウォルトは気に入っていなかった? セリフはアフレコではなかった? などといった興味深い話がたくさん出てきます。
 この本を読むと、ディズニー映画にとって音楽がどれほど大切な存在であるか、重要視されているかがわかります。そして、それは最初の作品からずっと続いていることがわかります。本書を読むことで、ディズニー映画を何倍も興味深く観ることができるでしょう。
 アメリカ音楽の専門家として日々の研究のほか、CD評やコンサート評などの執筆活動や企画でも活躍している著者ならではの、細かく的を射た分析は、一般のディズニー愛好家の方はもちろん、ディズニー映画音楽をテーマに卒論やレポートを書いてみようとする多くの学生さんにも参考になるはずです。豊富な参考文献や、詳細な索引も役立つことでしょう。
カバー装画は、銀座三越が発行する『GINZA STYLE』の表紙画や、『シンデレラの告白』(角川春樹事務所)、『フィッターXの異常な愛情』(小学館)、『蜜の残り』(角川書店)、『美食倶楽部』(文藝春秋社)等のカバー装画で知られる、長谷川洋子さんにお引き受けいただきました。長谷川洋子さんは、LIONのソフランAromaRichのパッケージ画及び広告画でも知られている夢溢れるイラストを多数描かれています。
 なお、本書は、2006年12月に弊社より刊行された『ディズニー映画音楽徹底分析』(256ページ)にその後公開された作品を加え、既存部分にも大幅加筆修正(本書は400ページ)をおこなったものです。


著者プロフィール

谷口 昭弘(タニグチ アキヒロ)
富山県富山市出身。東京学芸大学大学院にて修士号(教育)を取得後、アメリカ・フロリダ州立大学にて博士号(音楽学)を取得。専門はアメリカのクラシック音楽。『レコード芸術』『音楽現代』などへ、多くの書評やレビューを執筆。現在、フェリス女学院大学音楽芸術学科准教授、国立音楽大学音楽非常勤講師として教壇に立つ。

※説明文中の価格・スペック等は掲載時点の情報であり、現状とは異なる場合がございます。
※商品は店頭及び外部ECでも併売しておりますため、ご注文のタイミングによっては完売となっている場合がございます。
※在庫は遠隔倉庫に保管している場合もございますので、表示されている取扱店舗にご用意が無い場合がございます。

ご一緒に、各種アクセサリは如何ですか?

レビューのご投稿は、事前に「 会員規約 > 」をご確認・同意の上ご利用をお願いします。 レビューの書き込み方法は「 ご利用ガイド:レビューについて > 」をご確認ください。

この商品をおすすめしている
スタッフの投稿

スタッフレビュー

  • 新着順
  • 人気順
  • スタッフ一覧

スタッフランキング

岡部 オカベ 161cm アンプステーションアングラコンテンツ、全部持つマンの生みの親 トンチキでもレビューは出来るのかという実証実験でここに降り立ちました ギターよりも魚を捌く方が得意です 髪色がコロコロ変わりますが勘弁してください。そういう習性です。 大体南国の鳥みたいな色をしてます。南国と鳥は好きなので。 真空管アンプ、大好きなのですが家で鳴らそうものなら家を失ってしまいますので、プライベートではAxeFx IIIを使っています。 エフェクター・アンプはもちろんですが 趣味でSNSに演奏動画を投稿していたりするので 「そういうのやってみたいな〜」的なお問い合わせも大歓迎(՞ . .՞) 休日はアウトドアをしてるか、ギターを弾いているか、お酒を飲んでいるか、横たわっているかです。 2:2:2:4の感じです。 みなさんとお話して、合うものを一緒にみつけられたらいいなーと思っています。 よろしくお願いします(ᐡ >  ̫ < ᐡ)‬ 【my gear】 ◎Guitar ・Sago new material guitars / 雪風Custom ・Shabat guitars / Lynx 004 ・K.yairi / LO-K7 ◎Effecter/Amp ・Fractal Audio Systems / Axe Fx III ・WALRUS AUDIO / VOYAGER ひらがなVer ・Animals pedal / Custom Illustrated Surfing Bear Overdrive by 文 ・Animals Pedal / Custom Illustrated 031 RELAXING WALRUS DELAY by まつだひかり ・Effects Bakery / Croissant Distortion Ikebe MUSIC アンプステーション
冨岡 紗奈 トミオカセナ プレミアムギターズの冨岡と申します! かわいいギターが大好きです♡ ”かわいい楽器屋さん。”という特集ページも担当しております♪ 楽器屋さんのエプロン姿ではなく、あえて実際に使う時のイメージで、私服での撮影を試みておりますので参考になれば幸いです。 宜しくお願い致します! Ikebe MUSIC 心斎橋プレミアムギターズ
本田 真一 ホンダシンイチ 173cm 男性 音楽、ロックが好きなアンステスタッフ。 真空管アンプやデジタルプロセッサー、エフェクターなど、 お困りごとありましたら何なりとご相談ください。 Line6 Helixエキスパート Fractal Audio Systems コンシェルジュ [equipment] Bogner Uberschall,Kemper,Line6 HX Effects etc.. Ikebe MUSIC アンプステーション
會田 空 アイダソラ 160cm 男性 池袋にありますコンパクト・ギターエフェクター専門店「ゲットストンプ」の会田です! 当店にあるスーパー・ナイスなエフェクター達についてレビューしていきますので、気になるものがあったらお気軽にお問い合わせ下さい!( ´ ▽ ` )ノ☆ 店頭での主な担当業務:中古エフェクターの買取&販売、お客様とのお喋り 好きなギター:GRETSCH / Princess  etc.. 好きなエフェクター:滅多に見られないレアもの中古品  etc.. 好きなアンプ:Fender / Blues Deluxe Reissue  etc.. 好きなジェダイ:クワイ=ガン・ジン 好きなモビルスーツ:RGM-96X ジェスタ Ikebe MUSIC ゲットストンプ
峯田 ミネタ 168cm 男性 業界歴30年以上 細かい事はあまり考えたくない年齢となりました。 ここ十数年はアコースティックギターを担当しておりますが、元々はエレキギターから弾き始めており、その他にもベースやドラム、アンプ&エフェクターや録音機材等の担当も経験しておりますので浅く広く色々と聞きかじっており、皆様の雑談のお相手には最適かと己惚れております。 Ikebe MUSIC アコースティックステーションリボレ秋葉原
鈴木 健太郎 スズキケンタロウ 男性 極上品御用達の渋谷ギターズステーション 店長 鈴木です。 音の入り口であるギターから、出口となるアンプまではもちろん、音となるまでの機材やアクセサリーまでトータルでサポートします! 店頭には厳選した機材や、カスタムオーダーのギター等、こだわりの逸品を多く取り揃えておりますので、是非お問い合わせ下さい! Ikebe MUSIC ギターズステーション

もっと見る

この商品をみた人はこんな商品もみています

他の商品を検索

詳細検索Detailed Search >>

この商品に関連した商品

イケベ耳寄り情報

【人気ブランド多数】ポイント最大20%還元
イケベ・オリジナルで実現“華麗なる戦慄のFERNANDES ZO-3”登場!
Universal Audio USBオーディオインターフェイス『VOLTシリーズ』

耳寄り情報をもっと見る