30,000円(税込)以上のお買上で送料無料!!

会員情報 {@ member.last_name @} {@ member.first_name @}様 ({@ member.stage_name @}ランク)
ご利用可能ポイント {@ member.active_points @}pt

ロゴ画像

list 詳細検索
ここにキャンペーン名
  1. TOP
  2. カテゴリ
  3. リハーモナイズで磨くジャンル別コード・アレンジ術

リットーミュージック リハーモナイズで磨くジャンル別コード・アレンジ術

商品番号 226286
  • 新品
イケベ特価 ¥ 2,200 消費税込 ¥ 2,420
ポイント: 242 PT

動画

商品説明

★“リハーモナイズ“は作曲やアレンジのマスト・テクニック!
リハーモナイズとは、簡単に言えばコードを置き換えるテクニックの総称です。例えば、童謡をジャズ風にアレンジするときは、 “ジャズの響き“を持つコードに置き変えることが必要になります。そこで活躍するのがリハーモナイズです。アレンジはもちろんのこと、作曲においても不可欠なアプローチと言えるでしょう。本書ではトラッドの名曲「The Water Is Wide」を、8つのジャンルにふさわしいコード進行に作り変えていき、その工程をできるだけ詳しく丁寧に解説しています。セカンダリー・ドミナント、ツーファイブ、リレイテッドIIm7、♭II7、オルタード・テンション、サブドミナント・マイナー、分数コード、平行調、4thボイシングなどなど、音楽理論書でおなじみの単語が“使える技“として繰り出されていきます。理論書に挫折した方もこの機会にぜひ、もう一度、コード理論に挑戦してみてはいかがでしょうか

CONTENTS
■INTRODUCTION リハーモナイズの基礎
≪リハーモナイズとは≫
◎ハーモニーの再構築
◎リハーモナイズの工程
◎楽曲全体の調和を大切にしよう

≪コード進行の基礎知識≫
◎楽曲のストーリーを形成する要素を覚えておこう
◎コードの種類

≪ベーシック譜~「The Water Is Wide」≫
≪「ベーシック譜」の概要≫
◎トラッドの名曲をリハーモナイズ元曲に採用
◎主要3和音でコード付け
≪「ベーシック譜」のコード解説≫
◎選択肢が多いときは“フィーリング“で
◎トニックの終止感をどこで使うかが重要

≪本書の活用方法≫
◎譜例と付属CDについて
◎思いついたことはすぐに試そう!

■PART 1 ジャズ
≪ジャズ・リハーモナイズ譜≫
◎CONCEPT コードの細分化とテンション感の付与
◎STEP 1 “ジャズ化“への第一歩はセカンダリー・ドミナント
◎STEP 2 セカンダリー・ドミナントを配置する
◎STEP 3 テンションでジャズ感を高める
◎STEP 4 ♭II7は“ジャズ感“の要!
◎STEP 5 分数コードでスムーズなベース・ラインを作る
◎STEP 6 サブドミナント・マイナーで楽曲に彩りを加える
◎STEP 7 ペダル・ポイントで楽曲にコントラストを付ける
◎STEP 8 アレンジ目線でのリハーモナイズ

■PART 2 ボサノバ
≪ボサノバ・リハーモナイズ譜≫
◎CONCEPT コード感をあいまいにするモード的なアプローチ
◎STEP 1 コードの種類を減らす
◎STEP 2 4度堆積のボイシングを作る
◎STEP 3 クリシェとサブドミナント・マイナー
◎STEP 4 ツーファイブ進行で終止感を作る

■PART 3 ロック
≪ロック・リハーモナイズ譜≫
◎CONCEPT 疾走感のあるギター・サウンドを目指す
◎STEP 1 ストレートな道を作るための機能変更
◎STEP 2 ♭VIIで予想を裏切る展開を作る
◎STEP 3 Badd9を軸に複数のコードを作り出す
◎STEP 4 テンション感の整理とエンディングで仕上げる

■PART 4 R&B
≪R&Bリハーモナイズ譜≫
◎CONCEPT マイナー・キーでリハーモナイズ
◎STEP 1 平行調の基礎知識と実験
◎STEP 2 機能変更と4和音でのコード・アレンジ
◎STEP 3 クリシェとツーファイブ進行で変化を付けていく
◎STEP 4 テンション感を整理してエンディングを加える

■PART 5 ファンク
≪ファンク・リハーモナイズ譜≫
◎CONCEPT 音楽理論を忘れて7thに集中
◎STEP 1 ベースとなるコード進行作り
◎STEP 2 ♭II7でファンク感を盛り上げる
◎STEP 3 テンションを加えてボイシングを整える

■PART 6 フォーク
≪フォーク・リハーモナイズ譜≫
◎CONCEPT あえてテンションを使わないアプローチ
◎STEP 1 シンプルな響きの美しさをフィーチャー
◎STEP 2 セカンダリー・ドミナントの使いどころを考える
◎STEP 3 モーダル・インターチェンジで彩りを加える
◎STEP 4 スムーズなベース・ラインとsus4で仕上げる

■PART 7 Jポップ1
≪Jポップ1リハーモナイズ譜≫
◎CONCEPT 楽曲構成を考える
◎STEP 1 トニックの多様性を考えた機能変更
◎STEP 2 サビのコードから置き換えていく
◎STEP 3 □Aセクションは前半と後半でメリハリを付ける
◎STEP 4 □Bセクションは4度ボイシングを中心に構成
◎STEP 5 □Cセクションはベース・ラインの半音下行を多用

■PART 8 Jポップ2
≪Jポップ2リハーモナイズ譜≫
◎CONCEPT 分かりやすいコード進行で踊らせる
◎STEP 1 機能変更と代理コードへの置き換え
◎STEP 2 分数コードでスムーズなボイシングを作る
◎STEP 3 セカンダリー・ドミナントでメリハリを出す
◎STEP 4 セクションやクリシェで楽曲を印象付ける

■著者 杉山 泰
■仕様 B5変型判/192ページ/CD付き

※説明文中の価格・スペック等は掲載時点の情報であり、現状とは異なる場合があります。また、商品は店頭及び外部ECでも併売しておりますため、ご注文のタイミングによっては完売となっている場合がございます。予めご了承ください。

関連商品

他にもこんな商品をチェック