30,000円(税込)以上のお買上で送料無料!!

会員情報 {@ member.last_name @} {@ member.first_name @}様 ({@ member.stage_name @}ランク)
有効ポイント {@ member.active_points @}pt

ロゴ画像

list 詳細検索
ここにキャンペーン名

INFORMATION

  1. TOP
  2. カテゴリ
  3. MST2-TW LTD/NJ Thermo Wood Neck (NAT w/Gold Parts) 【チョイキズ特価品】

momose MST2-TW LTD/NJ Thermo Wood Neck (NAT w/Gold Parts) 【チョイキズ特価品】

商品番号 714635
  • OUTLET
イケベ特価 ¥ 148,000 消費税込 ¥ 162,800
ポイント: 4,440 PT

動画

商品説明

色焼け、金属パーツ腐食の為1本限りのスペシャルプライス!

サーモウッドネック採用の限定モデル!

その高い完成度によって人気を博すmomose(モモセ)から、サーモウッド(Thermo Wood)ネック採用限定モデルが登場!近年、他ブランドにおいてもRoasted等の名称で注目を浴びるサーモウッド。ネックウッドを高温加熱によって乾燥させる方法で、通常経年変化が起き難いより強固な材に仕立て上げることが出来、更には湿度による状態変化を抑制する効果があります。コチラは、アッシュボディーに最新ピックアップTWANG搭載の、MST2-STD/NJを基本としたMST2-TW LTD。熱処理が施された事による独特の褐色ネックによる個性的なルックスも見逃せないポイントですね。ヴィンテージスタイルを基本としつつも、210R指板にJESCAR FW9662-NSフレットの採用といった高い操作性、サーモウッドネック採用による高精度ネック等、モモセの更なる進化を予感させる、まさに「鬼に金棒」的な1本です!

momose Original Pickup TWANG
マグネット、コイルに良質の素材を使い、コイルを巻く密度を意識的に変化させ、音質や出力をコントロールしているハイエンド・ピックアップです。センターピックアップは逆巻/逆磁のキャリブレイト仕様。コチラのTWANG ST60は、明るいSTサウンドながらローズ指板にマッチするように重厚感を加えたヴィンテージ・サウンドが特徴。中域を中心にバランス良く枯れたサウンドが魅力です。(マグネット:ALNIC5、ワイヤー:MWSフォームバー#42)

SPECIFICATIONS
BODY : ASH 2P
NECK : MAPLE (THERMO WOOD)
FINGERBOARD : NEW JACARANDA 210R
FRETS : JESCAR FW9662-NS
PICKUPS : TWANG ST60 SET
TUNER : GOTOH SD91-05M MG
BRIDGE : GOTOH GE108TS
FINISH : TOP LACQUER

プロテクトケース、六角レンチ、保証書付属

『木の経年変化を再現する』 ~ サーモウッド加工を施したネック

「サーモウッド」とはフィンランドで主に建材への使用を目的として開発された木材加工の手法。近年音響的な特性にも注目が集まり、ギターへの使用が進んでいます。木材を無酸素状態において180℃近い高温で熱した後、乾燥されることで独特の褐色に変化します。画像はいずれもメイプル材のネックですが、サーモウッド・普通のメイプル・サーモウッドで並んでいます。白色のメイプルがここまで褐色になってしまうのもサーモウッド処理のなせる技と言えるでしょう。

この加工によるメリットは「寸法安定性」と「音質の変化」。
ネックはギターに組み込まれ完成した後も少しずつ乾燥が進みます。この間トラブルなく良い状態を保ちながら時間を経過したギターがいわゆる「ヴィンテージギター」。そのサウンドは「枯れている」「乾いている」などと表現され、多くのミュージシャンがこぞって求めています。
サーモウッド加工を経たネック材は通常生産に使用する木材に比べ水分量や脂成分が少なくなっています。これはヴィンテージギターのそれに近い状態。経年変化を強制的に進行させたこのネックを使用することで「新品でありながらヴィンテージのようなサウンド」を再現します。というプレイヤーにとって一種の理想的なギターが完成します。

サーモウッド処理は大きく分けて3つの段階を通過します。

1.乾燥工程
水蒸気で満たされた装置の中へ入れられた木材は、まず100℃近い温度まで上昇させながら、木材内の水分がほぼ0%という状態まで乾燥されます。この期間およそ18時間程度です。
2.熱処理工程
一定の時間を経過した後、そのまま更に高温の状態(180℃~200℃)へ急激に上昇させます。この期間10時間程度です。
3.冷却・調湿工程
材の含水率(木材内の水分)を調節しながら常温まで下げると処理が完了します。15時間程度の時間を要します。
この工程、各方面の資料を参考に記載させていただいております。
「木が200℃近く高温まで熱くなって焦げないの」と不思議に思いますが、「水蒸気で満たされ、酸素がほとんど無い状況のため高温でも燃えることがない」しくみになっています。このような状況で完成したサーモウッド。処理温度が上昇するにつれて、反りやねじれが発生しにくくなることが証明されています。

この寸法安定性はネックに使用された場合でも大きなメリットなのでは無いでしょうか。「新品でありながらヴィンテージのようなサウンド」というプレイヤーにとって一種の理想的なギターが完成します。

※説明文中の価格・スペック等は掲載時点の情報であり、現状とは異なる場合があります。また、商品は店頭及び外部ECでも併売しておりますため、ご注文のタイミングによっては完売となっている場合がございます。予めご了承ください。

この商品をみた人はこんな商品もみています

他の商品を検索

詳細検索Detailed Search >>

この商品に関連した商品

イケベ耳寄り情報

Cubase Elements及びHelix Nativeを無償提供
2021年10月10日「ドラムの日」の記念!
HX Messenger Bagをプレゼント!