Gibson Generation Collection |Ikebe MUSIC
会員情報 {@ member.last_name @} {@ member.first_name @}様 ({@ member.stage_name @}ランク)
有効ポイント {@ member.active_points @}pt

ロゴ画像

list 詳細検索

「ジェネレーション・コレクション」は、このアメリカのモンタナ州ボーズマンにあるギブソン工場にて熟練のクラフツマン達のハンドメイドで仕上げられていながらも、シンプルなルックスやサスティナビリティーに優れたウッドマテリアルの選定等からコストパフォーマンスを高めたモデル達をラインナップしております。

ボディサイドに搭載されたサウンドホール”プレイヤー・ポート”は、ギブソンのアーカイブにある1964年の設計図を元に、ギブソンのクラフツマン達により改良が加えられ誕生しました。それによりプレイヤーは自身の奏でるギターの音色を、よりはっきりと明瞭にモニターすることが可能になり、これまでにない没入感のあるサウンド体験を実現します。ギブソンではこの新体験を多くのプレイヤーに知ってもらうプロモーションとして、”Hear More of You”(あなたの音に耳を澄ませ。)を全世界のテーマとして展開していきます。

『ジェネレーション・コレクション』には、G-00、G-45、G-Writer EC、G-200 ECの4機種が含まれ、いずれのギターも、ギブソンのその他のアコースティックギターと同じく、アメリカ モンタナ州ボーズマンにあるギブソン工場の熟練のクラフツマン達のハンドメイドで仕上げられています。

鮮明で響きの良い音色が特徴のギブソン『ジェネレーション・コレクション』のアコースティックギターは、軽量なため持ちやすく、長時間演奏しても疲れないように設計されています。さらに、僅かに胴厚を薄くしたボディ、弾き易さを追求したスリムなネック、ウォルナットの単板サイド&バック、シトカ・スプルースの単板トップ、そして美しいナチュラル・フィニッシュを採用しています。

G-200 ECとG-Writer ECには、深みのある低音と透明感のある高音を増幅するLR Baggs エレメントブロンズ・ピックアップ・システムを搭載しています。『ジェネレーション・コレクション』は、ギブソンのアコースティック・ラインアップの中で最も手に取りやすい価格を実現しています。

今回、『ジェネレーション・コレクション』のアーティスト動画に登場するのは、時代をつむぐ女性シンガーソングライターとして音楽シーンをリードし、世代を超えて愛される数々のヒット曲を持つmiwa、迫力あるギターアレンジと、繊細で芸術的なギタープレイで世界中で活躍するギターマエストロ押尾コータロー 、卓越したソング ライティング スキルでこれまで数々の時代に残る名曲を生み出し、唯一無二の歌声を持つシンガーソングライター山崎まさよしの3アーティスト。

今回公開される動画では、各アーティストがそれぞれのスタイルで最新『ジェネレーション・コレクション』を使用した演奏を楽しむことができます。miwaはデビュー曲の『don’t cry anymore』(G-Writer ECを使用)、押尾コータローは芸術的プレイから生まれる美しい音色と旋律を存分に楽しむことができる名曲『黄昏』(G-00を使用)、そして山崎まさよしは90年代の名曲『僕はここにいる』(G-45を使用)を披露します。※各アーティスト動画は順次公開となります。

ボディサイドにホールがあることで、歌っていてもギターの鳴りや響きが損なわれずにダイレクトに感じられるのが素敵だなと思います。

miwa

ギブソンのノウハウが生かされているギター。ギブソンのオールドの良さも出しつつ現行モデルとして、この価格で実現できるギブソンの技術に圧倒されました。

押尾コータロー

ギターには珍しいウォルナット材が使われているのは画期的。ギターにホールが2つあることでモニターしやすいし、面白いなって思いますね。ずっと楽しんで弾けるし、ビギナーの人が始めるには向いていると思います。

山崎まさよし

Gibson G-00

1930年代にギブソンが開発したスモールボディのパーラー・アコースティックギターをモデルにしたG-00は、ブルースやフィンガースタイルのギター演奏に最適なモデルです。よりコンパクトなサイズにもかかわらず、G-00はふくよかでバランスのとれたサウンドを実現しています。G-00は、ギブソン独自開発のボディサイドのサウンドホール ”プレイヤー・ポート“ からの音色が加わることで、これまでにないより立体的な音の広がりのある演奏を楽しむことができます。

G-00は、ギブソンの他のアコースティックギターと同様にアメリカ モンタナ州ボーズマンのギブソン工場で熟練のクラフツマン達のハンドメイドで仕上げられています。さらに、美しいシトカ・スプルースの単板トップとウォルナットの単板バック&サイドを採用し、鮮明で響きの良いトーンを生み出します。

G-00の僅かに胴薄のパーラーサイズのボディは持ちやすく、弾き心地も抜群です。TUSQ®ナットとサドル、Grover® Mini Rotomatic®チューナーは、安定したチューニングを可能にします。また、ネック材にはマホガニー材と共通した特性を持つユーリー材が使用され、指板面はよりフラットにデザインされ快適な演奏性を実現しています。(”アドバンスド・レスポンス” プロファイルを採用)G-00はナチュラル・フィニッシュ仕上げで、ギグバッグが付属しています。


Gibson G-45

G-45は、ギブソンで最も売れているアコースティックギターであるJ-45スタイルのボディに、ギブソン “プレイヤー・ポート“ を搭載したラウンド・ショルダーのギターです。G-45は、あらゆるスタイルやテクニックの演奏に対応できるギターとして、よく働く”馬車馬“に例えて”ワークホース“と呼ばれています。またG-45は、エレガントなミディアム・ボディサイズでありながら、ソフトなサウンドからアグレッシブなサウンドまで驚くほど幅広いサウンドレンジを持っています。

G-45は、ギブソンの他のアコースティックギターと同様にアメリカ モンタナ州ボーズマンのギブソン工場で熟練のクラフツマン達のハンドメイドで仕上げられています。さらに、美しいシトカ・スプルースの単板トップとウォルナットの単板バック&サイドを採用し、鮮明で響きの良いトーンを生み出します。

G-45は、僅かに胴薄のラウンド・ショルダー・ボディを採用しており、持ちやすさと弾きやすさは抜群です。TUSQ®ナットとサドル、Grover® Mini Rotomatic®チューナーは安定したチューニングを可能にします。また、ネック材にはマホガニー材と共通した特性を持つユーリー材が使用され、指板面はよりフラットにデザインされ快適な演奏性を実現しています。(”アドバンスド・レスポンス” プロファイルを採用)G-45はナチュラル・フィニッシュ仕上げで、ギグバッグが付属しています。


Gibson G-Writer EC

ギブソンのスクエアショルダーのギターは、ロック、ポップス、フォーク、カントリーなど様々なジャンルのアーティストに、その表現の豊かさにおいて人気の高いギターです。G-Writer ECは、力強いラウドなサウンドから、ソフトでスウィートなサウンドまで、幅広いサウンドレンジで、コードをかき鳴らしても、複雑なソロを指で弾いても、どんなスタイルにも対応できる優れたギターです。

G-Writer ECは、LR Baggs™ “エレメント・ブロンズ“ピックアップ・システムと、ボディサイドのサウンドホール ”プレイヤー・ポート“ を搭載し、ステージやスタジオでの使用に対応しています。

G-Writer ECはギブソンの他のアコースティックギターと同様にアメリカ モンタナ州ボーズマンのギブソン工場で熟練のクラフツマン達のハンドメイドで仕上げされています。さらに、美しいシトカ・スプルースの単板トップとウォルナットの単板バック&サイドを採用し、鮮明で響きの良いトーンを生み出します。

G-Writer EC は、僅かに胴薄のカッタウェイ・ボディを採用しており、演奏性が高く、ハイ・フレットへのアクセスも容易です。TUSQ®ナットとサドル、Grover® Mini Rotomatic®チューナーは安定したチューニングを可能にします。また、ネック材にはマホガニー材と共通した特性を持つユーリー材が使用され、指板面はよりフラットにデザインされ快適な演奏性を実現しています。(”アドバンスド・レスポンス” プロファイルを採用)G-Writer ECはナチュラル・フィニッシュ仕上げで、ギグバッグが付属しています。


Gibson G-200 EC

ギブソンがカントリー&ウエスタン・シンガーで映画スターのレイ・ホイットリーのためにカスタム・オーダーで製作した最初の「スーパー・ジャンボ」SJ-200は、サイズ、音量が大きく、深みのあるフラットトップギターでした。SJ-200は瞬く間にカウボーイ・シンガーなどの定番ギターとなり、その後カントリー・ミュージックや60年代のフォーク・スター、そしてさらに様々なアコースティックギターのジャンルに広がっていきました。

LR Baggs™ エレメントブロンズ・ピックアップ・システムを搭載した新しいG-200 ECのギブソン ”プレイヤー・ポート“ からの鳴り響くサウンドを聴いたら、レイも誇りに思うことでしょう。

G-200 ECは、ギブソンの他のアコースティックギターと同様にアメリカ モンタナ州ボーズマンのギブソン工場で熟練のクラフツマン達のハンドメイドで仕上げられています。さらに、美しいシトカ・スプルースの単板トップとウォルナットの単板バック&サイドを採用し、鮮明で響きの良いトーンを生み出します。僅かに胴薄のG-200 ECカッタウェイ・ジャンボ・ボディは、握り心地が良く、ハイ・フレットへのアクセスも良好です。TUSQ®ナットとサドル、Grover® Mini Rotomatic®チューナーは安定したチューニングを可能にします。また、ネック材にはマホガニー材と共通した特性を持つユーリー材が使用され、指板面はよりフラットにデザインされ快適な演奏性を実現しています。(”アドバンスド・レスポンス” プロファイルを採用)G-200 ECはナチュラル・フィニッシュ仕上げで、ギグバッグが付属しています。

<<お問い合わせ>>
アコースティックステーション リボレ秋葉原
ハートマンギターズ

  関連カテゴリから記事を探す