プレミアムベースがお届けする逸品!PJBブランド初のペダル型プリアンプ"PE-5"を早速インプレッション! |Ikebe MUSIC

30,000円(税込)以上のお買上で送料無料!!

会員情報 {@ member.last_name @} {@ member.first_name @}様 ({@ member.stage_name @}ランク)
ご利用可能ポイント {@ member.active_points @}pt

ロゴ画像

list 詳細検索

プレミアムベース小村&佐々木です!
今回は入荷したてのNewモデルをご紹介します!

DSCF5544.JPG

PJB(Phil Jones Bass)PE-5 Bass Pedal

人気のベースアンプブランド”PJB(Phil Jones Bass)”から登場した初のペダル型プリアンプ”PE-5″です!

DoubleFourやBassCubといった小型コンボアンプ、そして軽量コンパクトでハイパワーなヘッドアンプ”BP-800″等、既に支持を集めているモデルはもちろん、最近ではBluetooth搭載の超小型アンプ”NANOBASS X4″も、NEWモデルながら早くも多くのご好評を集めていますね。

そんなブランドからプリアンプが出る…アナウンスがあったタイミングでこちらも話題を集めました。
早速届いたNEWモデル、今回はスタッフ佐々木による試奏動画も交えてご紹介させていただきます。


DSCF5545.JPG

コントロールはレベル/ゲイン、そして5バンドEQにて構成されています。
EQの帯域は下記の通りです。

・LO-BASS(50Hz):±12dB
・HI-BASS(160Hz):±15dB
・MID(630kHz):±15dB
・LO-TREBLE(2.5kHz):±15dB
・HI-TREBLE(12kHz):±15dB

なお、こちらのレベルはバイパス時にも効くようになっています。
ゲインの幅は-6dB~+6dB。
うまく使えば、クリーンブースターのようなアプローチも実現可能です。

DSCF5546.JPG

DIアウトも搭載しており、レコーディングやライブでも使いやすい仕様になっています。
こちらはグランドリフトに加え、EQのプリ/ポストも選べるようになっています。

DSCF5547.JPG

一方、入力端子側には見慣れないものがいくつか付いていますね。
まず、このモデルの大きな特徴ですが…リチウムバッテリーを搭載しています!
こちらはアダプター、またはUSB-Cで充電可能となっており、最大8時間まで駆動可能になっています。
内蔵バッテリーで使うことはもちろん、アダプターで使用する際、万が一電源のトラブルが発生しても、音が途切れずに内蔵バッテリーで駆動できるというところは、他のエフェクターにはない大きな特徴でしょう。
(メインの電源スイッチが別途搭載されているのはこの為です。)

そしてインプットジャックの下にはPZ-MGと記されたスイッチが。
こちらは入力インピーダンスの切り替えスイッチとなっており、MGでは通常のエレキベース等のマグネットPUモードで、PZはピエゾPUモードとなります。
ウッドベースやアコースティックベースを使われる方だと、この機能はすごく嬉しいポイントだと思います。
(意外とアコやウッドを想定したプリアンプは大型なものが多いですしねぇ…。この大きさでそれが出来るのもストロングポイントですね。)


それでは文章のご紹介もそこそこに…実際に音を聴いてみましょう。
佐々木君、お願いします!

【コメントby佐々木】
クリアさを持ちながら、最近PJB製品らしいアンプっぽい圧感のあるサウンドですね…!
音の厚みがグッと出て、深みが増したような、楽器をつなぐだけでシンプルに良いサウンドになるという印象です!
このモデルはDIアウトが付属していますが、「この一台でしっかりとサウンドを完結させるぞ!」というPJB側の気合が感じられるような、
すばらしい仕上がりですね…!


そうそう、勘の鋭い方であれば…このモデルが頭をチラついていると思います。

DSCF5548.JPG

HAO BASS LINER (Silver Storm)

数々の名機を生み出したエフェクターブランド”HAO”、そしてPJBとのコラボレーションによって生まれた”Bass Liner”です。
ナチュラルなサウンドを持ち合わせ、グライコとは違い”アンプのEQ”のような操作性で触れるモデルとして、こちらも多くのご好評を集めています。
コントロールも似ているということで…こちらも試奏動画をご用意しました。
ではでは佐々木君、お願いします。(ちなみに彼はBassLinerユーザーです!)

【コメントby佐々木】
こちらはアンプらしさというよりかは素直、ナチュラルなラインサウンドというイメージでしょうか。
知っている方はPJBのアンプのD-600などのあのクリーンさのイメージが近いと思います。

素のサウンドと聴き比べると非常に些細な違いではありつつも、PJBらしいキラッとした爽快感のあるサウンドにしたい時や、
シンプルなEQとして、またはクリーンブースターとしても使用できます。
今回のPE-5と比べると良い意味で味付けが少ないのでBass Linerはエフェクターの1つとして、
PE-5は最後段のアンプシミュレーターのような形で使うという方法がありかもしれません…!


こうして聴き比べ/弾き比べが出来るのも、ちょっと貴重なタイミングかと思います。
サウンドで選ぶも良し、機能で選ぶも良し…僕たちもこうしてじっくり比べたからこそ、新商品の良さと共に、既存モデルの魅力を再認識することが出来ました。

それぞれ数量はごくわずか…PE-5は初回入荷が1台のみ、一方のBassLinerも限定筐体仕様で最後の1台です。
両モデル共に魅力たっぷりのプリアンプです。是非、手に取ってみてください!

心斎橋プレミアムベースの
PJB(Phil Jones Bass)ストックリストはこちら!
HAO ストックリストはこちら!


プレミアムベース(大阪)
〒542-0086 大阪府大阪市中央区西心斎橋1-9-17 田万ビル 3F
営業時間 11:00~20:00
Tel : 06-6253-0061 / Mail : pb@ikebe.co.jp
Twitter : https://twitter.com/premium_guitars
Instagram : https://www.instagram.com/ikebe_osakapremium/