プレミアムベースがお届けする逸品!風格タップリなXoticの人気モデル"XJ-1T"をイッキに弾き比べ! |Ikebe MUSIC

30,000円(税込)以上のお買上で送料無料!!

会員情報 {@ member.last_name @} {@ member.first_name @}様 ({@ member.stage_name @}ランク)
ご利用可能ポイント {@ member.active_points @}pt

ロゴ画像

list 詳細検索

プレミアムベース小村&佐々木です!
本日は世界中で人気を集めるブランドを特集!

DSCF5428.JPG

Xotic XJ-1T 5st [Lacquer Heavy Aged]

トッププロからも多くの支持を集める、Xoticのベースです。
カリフォルニアに工房を構える当ブランド。海外製モデルに加え、日本国内で製造されるモデルの両方が世界中で支持を得ているのは周知の事かと思います。
今回ご紹介する”XJ-1T”は、日本国内の著名工房にて製造される、ブランドでも屈指の人気モデルで、トラディショナルなJBスタイルにブランドのこだわりを多く取り入れたモデルとなっています。

それぞれ風格たっぷりのエイジド仕上げが施された、似たような雰囲気を持つ3本ですが、実はそれぞれ仕様が違います。
今回はそんな違いを動画と音でもお楽しみ頂くべく、スタッフ佐々木による試奏動画もご用意しました。
それでは…各モデルに迫ってみましょう。


DSCF5429.JPG

XJ-1T 5st 3Tone Burst/Alder/Rosewood Lacquer Heavy Aged,Roasted Neck

まずはトラディショナルな印象漂う3TSの1本。

当機はアルダーボディ/ローズウッド指板のウッドチョイスの”王道60’sスタイル”を採用。
この王道スペックに、実績十分のハードウェアやウッド製PUカバーといったスペック面でのこだわりと、高音弦側を広くしてハイポジションの演奏性を高めたボディのカッタウェイ、蓄光ポジションマークといったプレイヤーの為に取り入れられる工夫、そして当モデルの大きな特徴となるアクティブ/パッシブに加え、細かなサウンドメイクやニュアンスの変化に追従する多彩なコントロールが備わった1本に仕上がっています。
また、近年ではPLEKセットアップも取り入れられ、演奏性に更なる磨きが掛けられています。

更に当機にはスペシャルなポイントがありまして…ネック材がローステッドメイプルとなっています。
近年、様々なブランドでも用いられるネック材の新たなトレンドとも言える当材。
程よくこなれた響きが新たに生まれ、しっかりと弾き込まれたかの様なサウンドをアウトプットします。

とまぁ文章はそこそこに、実際に音を出してみましょう。
それでは佐々木君、お願いします。

【コメントby佐々木】
ローステッドメイプルが採用されていることもあってか、ヌケがとにかく良いですね!
5弦なのにスラップも指も、アグレッシブなフレーズにしっかりついてきてくれるので、ゴリッとロックにも、細かいフレーズの多いテクニカルなジャンルにも合うと思います!


DSCF5431.JPG

XJ-1T 5st Vintage White over 3Tone Burst/Alder/Rosewood [Lacquer Heavy Aged]

続いてはこちらの白いXJ-1T。

こちらも同様に、風格たっぷりのエイジド加工が施されていますね。
一見するといい具合のヴィンテージ・ホワイトのボディですが、剥がれた部分に違う色が見え隠れするのが分かりますでしょうか…。

実はこちらは塗装にこだわった1本となっており、3トーン・サンバーストの上から色を重ねた”マルチレイヤーカラー”が採用されています。
エイジド部分から下の色がある程度は見えていますが、ここから使い込んでいった時の姿が楽しみな1本に仕上がっています。

なお、スペックは前述の3TSと同じくアルダーボディ/ローズウッド指板となっていますが、ネック材は普通のメイプルネックとなっています。
こちらももちろん、動画をご用意していますので、実際にご覧ください。
(ローストネックと通常ネックの比較…なかなか貴重ではないでしょうか。)

【コメントby佐々木】
メイプルネックになるとイナタさを感じるサウンドですね…
ローステッドメイプルネックと比較すると、スンと抜けていくというよりかは、おとなしくドッシリと構えたようなそんな印象。
しかし力任せにガッと弾くとよりカッコ良く聴こえるようなサウンドですね。

ベースを弾いていくにつれどのように鳴っていくか、育っていくかが楽しみなベースですね。
イナタさまんてんで、個人的は好みでした…笑


DSCF5435.JPG

XJ-1T 5st Sherwood Green over 3Tone Burst/Ash/Rosewood [Lacquer Heavy Aged]

最後はこちら。エイジド仕上げが良く映えるシャーウッド・グリーンの1本。

こちらもVWHと同じく、3TSの上から色が重ねられた”マルチレイヤーカラー”となっています。
こういった色味、加えてエイジド仕上げということで、前述2本とはまた違った”ヴィンテージ感”を感じますね。

パッと見ると色が違うだけかと思いますが…実はこの1本だけ、アッシュボディ/ローズウッド指板の組み合わせが採用されています。
(分かりにくいですが、剥がれて木地が見える部分を見比べると…確かに違います。)

通好みでありながらも根強い支持を得ているこの組み合わせ。
70’sのF社ベースや、MM社の代表モデルがお好きな方ならピンっと来ていただけると思います。
こちらも早速、音をお聴きください。

【コメントby佐々木】
アッシュボディとなるとやはり5弦でも低域が締まって程よくヌケますね!
5弦ベースはボディが少し大きくなる文、サウンドも大きく広がりすぎてしまうイメージもあるので、アッシュボディはまとまって聴こえやすく良いですね!
ローズウッド指板によってより倍音が出てふくよかに広がってくれるので、程よくバランスが取れていて扱いやすいです!


さて、今回はちょっと新たな形でお届けしてみました。
いずれも似たような雰囲気がある3本ですが、それぞれの違いはお楽しみ頂けたかと思います。

こういったキャラクターの違いがある中で、多彩なコントロールを駆使して色んな音を狙えるのも当モデルの大きな特徴にして、世界中から人気を集める理由だと感じます。

お客様方はもちろん、こういった比較が出来るのは僕たちスタッフにとっても貴重なタイミングです。
是非、この機会をお楽しみください。

心斎橋プレミアムベースのXoticベース・ストックリストはこちら!


プレミアムベース(大阪)
〒542-0086 大阪府大阪市中央区西心斎橋1-9-17 田万ビル 3F
営業時間 11:00~20:00
Tel : 06-6253-0061 / Mail : pb@ikebe.co.jp
Twitter : https://twitter.com/premium_guitars
Instagram : https://www.instagram.com/ikebe_osakapremium/