2015/11/1(日)
Vol.4 ジャズコンボside レポート

今回「ジャズ・コンボside」と銘打つ4回目を数える当イベント、5バンドのジャズコンボが終結した夜でした。
一口に「ジャズコンボ」と言っても広うござんして、どジャズからほとんどロックなサウンドまで、
ジャズって言っても様々なスタイルがあるんだなぁと、バリエーションの豊かさを楽しんでいただけたのではないでしょうか。

協賛

(株)ヤマハ・ミュージック・ジャパン
(株)ビュッフェ・グループ・ジャパン
(株)プリマ楽器
(株)ホスコ
(株)Gottsu

Big Blue Orchestra

我々BIG BLUE ORCHESTRAは、多様化する音楽ジャンルの中で、その枠に縛られる事なく自由に演奏する事をモットーにしているインストバンドです。自分達がやりたいと思えば、バラードやスタンダードナンバーからテクニカルなフュージョン、プログレまでなんでもやります。
どんどん進化し続ける音楽シーンを自分達なりに解釈し、アレンジを加えたり、オリジナルとしてゼロから作品を構築していく事を活動の要としています。
今回はA.Saxを先頭にE-Gt.E-Bass.Drums.そしてVib&Percと、多少変わった編成になっております。メンバー各自の持つポテンシャルと楽器の特性の活かせるような選曲を行いLIVEに挑む予定です。よろしくお願い致します。

久保田貴大(b)
新津まどか(sax)
西田順次(gt)
小寺俊雄(ds)
秋元沙代(per)
IKEBE JAZZ SUMMIT's Comment >>
巷のジャムセッションではまずお見かけしないヴィブラフォンを加えた5人編成のバンド。しぶーいモダンジャズでもやるのかな…と思いきや!一曲目からバリバリの変拍子プログレ!いい意味で期待を180度裏切られました。プログレとヴィブラフォンって合うんですね。マイク前のめりな感じで。スタンダードナンバーのバラードあり、ギターぎんぎんのロック曲あり、ジャズという言葉の広さを教えてくれるバンドでした。

Bopper

大学JAZZ研究会のOBバンドです。「週末はジャズマン」の通り、社会人ながらも様々な音楽活動を行っています。'ど'JAZZのスタンダードを中心に、明るくswingyな音楽をお届けします。

谷口和矢(ts)
大木恵理(fl)
米重護(pf)
清家陽佑(b)
児島拓朗(ds)
IKEBE JAZZ SUMMIT's Comment >>
バンド名の通り、これぞジャズだよね!というビバップスタイルのモダンジャズバンドです。グランドピアノ、ウッドベースの組み合わせだけでもジャジーなサウンドが想像できますね。そこにフルートとテナーサックスというちょっとヒネったフロントが、アレンジの妙味もあり良いアクセントになっております。各人のアドリブプレイもすばらしい!

ナメれおん

そう、このバンドは音楽界の楽しんごと言われている、キーボードの太田卓真率いるナメナメバンド!!
スタンダードなジャズからグラスパーの様なコンテンポラリーな曲まで様々なジャンルを演奏し活動している。
ベースは26歳になって少し健康に気を遣いだした杉浦 睦、ドラムは音楽をこよなくナメナメしているナメ川 博生、そしてサックスには最近オシャレが大好きなアバンギャルド一岡 裕樹、の四人で構成されている。
メンバー全員がジャズを含めるすべての音楽をこよなく愛し、そして愛が止まらずナメナメしている。

太田卓真(key)
一岡裕樹(sax)
杉浦睦(b)
滑川博生(ds)
IKEBE JAZZ SUMMIT's Comment >>
↑このバンド紹介文を会場で読上げなければいけないのは、さながらバツゲームのようでした(笑)。反面、バンドはいたってシリアスでテクニカルなジャズ・フュージョンスタイル。高度なアドリブの中で行われるインタープレイが最高にスリリングで熱い!メンバーのソロプレイを存分に楽しめたバンドでした。

Daiki Trio

セロニアスモンクの変態?名曲を激しく現代風に弾きたおすバンドです。
モンクの名曲を新しいスタイルで現代に蘇らせます。
このバンドでの演奏は、主にジャズフェスへの出演となりますが、おかげさまで、かなり好評を頂いてます(笑)
バンドメンバーは各人とも他バンドやいろいろなセッションに参加しながら腕を磨いてこのバンドに参戦してます。

石渡清五(b)
杉山大樹(gt)
田中優(ds)
IKEBE JAZZ SUMMIT's Comment >>
鬼才セロニアス・モンクの名曲を弾くバンド、っていうと普通に聞こえますが…。ギタースリーピースでサウンドはハードロック!どこがジャズやねん!モンクに文句言われるようなロックアレンジに、三人が絡み合い燃え上がるようなテクニカルかつ熱いインタープレイはやっぱりジャズ!いややっぱロック!技術と情熱は両立することを教えてくれる演奏でした。

jive

http://jivetokyo.web.fc2.com/jive/home.html

押っ忍!
私共は、かっぱ橋を拠点とする六人組ジャズバンドです。
メンバーの普段の姿はサラリーマン。東は土浦、西は調布から、ジャズへのラブだけを頼りに、毎週末かっぱ橋に集って練習しています。
これまで、真夏炎天下で脱水状態の駅前広場、冷たい雨がしとしと降る寂しい公園、妖しい地下アイドルの前座などなど、様々な場所で不思議な現場に遭遇しながらも、しなやかに笑顔で順応しながらジャズ演奏を重ねて参りました。
俺の音を聞け!的な、ちょっと青臭いけどプリティなエゴイズムをこっそりこっそり胸に秘め、偉大なジャズマン達への畏敬と感謝の念を忘れずに、熱い暑いサラリーマンジャズを皆様にお届けします。押忍!

壽山陽介(gt)
小川一夫(tp)
小川透(tp)
功刀学(gt)
功刀直美(ds)
原田恵一(b)
IKEBE JAZZ SUMMIT's Comment >>
↑会場で読上げるのが罰ゲームのようなバンド紹介文がなぜか多い日でしたが(笑)、今回のトリを務めたjive。スイングしなけりゃ意味無いね!を地で行く王道スウィングスタイルバンドです。ツインギターによるザクザクとした4つ打ちのカッティングが実に気持ちよかったです。選曲もどスタンダードのオンパレード!ジャズイベントをきっちりジャズで締めくくってくれました。

IKEBE JAZZ SUMMIT's Thanks!

以上5バンドの饗宴でした!ご来場の皆様ありがとうございました!
<< Back to Index