2015/8/2(日)
Vol.3 ビッグバンドside レポート

「ビッグバンドside」も2回目ということで前回の反省を活かしつつ、結論から言ってしまえば大成功だったのではないでしょうか。
エントリーを勝ち抜いたバンドの演奏もグッド!満員御礼のお客さんの盛り上がりも最高潮!お酒も旨い!みんなしあわせ!
喜んで頂けたのではないかと自負しております。

協賛

(株)ヤマハ・ミュージック・ジャパン
(株)ビュッフェ・グループ・ジャパン
(株)プリマ楽器
(株)Gottsu

粒谷区Jazz楽団 "Twizz"

https://www.facebook.com/2289bb
Twitter上のエア行政区「粒谷区」のビッグバンドジャズ団体Twizzです。2010年4月に設立し、ゆるく、広いつながりをベースにかれこれ5年活動しています。
IKEBE JAZZ SUMMIT's Comment >>
強烈なかぶり物している方がいらっしゃいますが(笑)。一曲目のタイトルにちなみ「チキン」であることを後から気づきました。学バンOB、つまり大学などのサークルOB・OGがバンドを組む事が発足のきっかけとして多いビッグバンド界において、Twitterで出会った仲間が始めたという珍しい経緯のバンド。ある意味現代的とも言えるかもしれません。みんなで楽しく笑顔で大迫力!のオープニングを飾ってくださいました。

Harbor Light Jazz Orchestra

http://ameblo.jp/hljo2005/
みなとJAZZ講座をきっかけに2005年に結成されたアマチュアビッグバンドです。港区新橋を中心に活動しています。吹奏楽経験者からジャズ研出身者まで幅広いメンバーで、みんなで上達することを目標に日々練習に励んでいます。
IKEBE JAZZ SUMMIT's Comment >>
黒で統一したステージ衣装が凛々しくカッコいい!バンドのテーマで始まり、バンドのテーマで締める構成はなんともニクイ。スウィング時代の古きよきビッグバンドを思い起こさせます。今回のジャズサミットでは唯一のヴォーカル曲を披露してくれました。なんとサックスの方が掛け持ち!歌うサックス吹きって素敵です。

Swing Hearts Jazz Orchestra

http://mmirippe.wix.com/swing-hearts-jo
13年前から新宿を拠点として活動しています。元々大宮高校OBが集まり結成したバンドでしたが、オープンなスタンスをモットーに、現在は学生から社会人、プロまで実に様々な人間が集まっております。6年前より横浜ジャズプロムナードに連続参加、定期演奏会の他に不定期にライブを行っております。スタンダードからジャズファンク、ビバップ、スカなどジャンルを問わず選曲していますが、バディ・リッチやサミー・ネスティコなど、主にアップテンポなJAZZを得意とします。
IKEBE JAZZ SUMMIT's Comment >>
代わって白で統一した衣装で登場のスウィングハーツ。基本とも言えるベイシーナンバーから、アマチュアバンドでは珍しい秋吉敏子やディストーションギター大活躍の曲まで、多彩という点では今回随一のバンドです。それでも曲目がカブるのは逆にすごい(笑)。メンバーの女性率も多い華やかなステージでした。

Happy Flight II

http://infohappyflight2.wix.com/happyflight2
明治大学Big Sounds Society Orchestraの、OB・OGを中心に結成。HMVP新御徒町スタジオを拠点とし、毎週水曜日に活動。毎月のスタジオライブ、都内ライブハウスでのライブなどを中心に活動しています。主なレパートリーはThad Jones、Count Basie、Bob Minzerのスコアや、オリジナル曲などです。
IKEBE JAZZ SUMMIT's Comment >>
前回のビッグバンドsideでトリを努め、今回ポスターにもメインで扱われたハッピーフライトII。ビッグバンドside2回目にして早くも「イケベ・ジャズ・サミットの顔」という貫禄です。完璧なアンサンブルに高度なアドリブソロ、そして軽妙なギャグを織り交ぜたMCとのギャップが楽しい(笑)。スローテンポどブルースのピアノソロが意外かつ熱い!

BRIHAMO

https://www.facebook.com/brihamo
横浜を中心に活動しているポップス・フュージョンビッグバンド「BRIHAMO」です。老若男女、学生からプロミュージシャンまで様々な人達が在籍しています。世代や立場などを越えて新しいバンドの形を目指し、模索しながら音楽の可能性に挑戦しています。そのステージを是非、ご覧になってください。
IKEBE JAZZ SUMMIT's Comment >>
今回の大トリ。いわゆるスウィングナンバーを扱わず、ファンクやラテンに軸足を置いたナンバーを中心にしたバンド。70年代以降のフュージョンで多用されるフルート・クラリネットが持ち替えではなくアンサンブルメンバーとして居るのがなんともユニークで、選曲・アレンジの妙もあり見事にサウンドしていました。観客と会話するような一体感あるステージで、ラストの曲はミディアムテンポにも関わらず盛り上がりは最高潮!締めくくりに相応しい演奏を披露してくれました。

IKEBE JAZZ SUMMIT's Thanks!

終演後は会場内で打ち上げ。
当日のうちに演奏CDとDVDを出演者に差し上げるのが当イベントのウリの一つで、
その為終演後少しお待ちいただくのですが、皆さん大盛り上がりで誰も(?)帰らない!
お酒を円滑油にして、バンド同士の横のつながりを作るのは楽しいですね。
みなさん、またこのステージでお会いしましょう!
<< Back to Index