近大胆な造形美を醸し出すボディ。一見して良質な木材を使用していると解る至高のウッドマテリアル。
近年、ハイエンドベースに興味をお持ちの方々の間で話に上る事の多くなったのが、輸入代理店Sleek Eliteでは無いでしょうか。KenSmithやBenavente等、造りやサウンドに定評の有るメーカーを多く取り扱い、きめ細かい対応が出来る、ユーザーからの信頼も高い代理店です。そんなSleek Eliteが、F-Bassの取り扱いを開始したと聞き、最初は「??」との印象でした。

もう何年も前の事ですが、当時でも国内入荷数の少ないF-Bassをたまたま手にする事が有り、その時の印象が「音は良いが造りの粗いベース」だったからです。しかし、Sleek Eliteから、「まずは試して下さい」と渡されたF-Bassを弾いて驚いてしまいました!質感がかなり良くなっているのです!!

さっそく話を聞いてみると、近年は質感の向上に努め、特にネック周りとプリAMPが良くなったそうです。
元々良質な木材を多く産するカナダに工房を構えていることも有り、木目が綺麗に通った柾目のメイプルを用いたネックは多弦ベースであってもしっかりとした剛性感があり、演奏者に安心感を与えてくれます。また、元々タッチ感の良いF-Bassのサウンドにナチュラルな効きのプリAMPを用いた事で、さりげなくもしっかりと存在感を持たせてくれています。
前衛的に見えるデザインも演奏時のボディーバランスを極限まで考えての事であり、F-Bassを弾いてみるとその意味が解かっていただけると思います。さすがは北米大陸を代表するGeorge Furlanetto氏と精鋭スタッフによる完全ハンドメイドで製作されるF-Bass!良質な木材のナチュラルなトーンを引き出すという基本ポリシーを持ち、製品を「良くする」という事を忘れない、まさにハイエンドと呼ぶに相応しいブランドです。


ジョージ・ファーラネット氏インタビュー


モデルのご紹介
F-bassの代表的モデルをご紹介致します。
F-bass全体の在庫状況につきましては、ページ最下部の「F-bass STOCK LIST」よりご確認下さい。

BN MODEL
●解説
 
"使える"JBサウンドを持つベースをお探しの方にご紹介差し上げる事の多い、F-bassのフラッグシップ・モデルです。安定した人気を誇るロングセラー・モデルで、ヴィンテージJBトーンを志向しながらも、クリア且つナチュラルな力強いサウンドを持っております。プロ・ミュージシャンにも愛用者の多い、安定感溢れるF-bassのスタンダードと言えるでしょう。




VF MODEL
●解説
 
'08 WINTER NAMM SHOWにて発表されたF-bassのNEWモデルは、なんとJBトーンにより拘ったモデルでございました。オープンタイプのポールピースを持つピックアップや、独特の形状のピックガード等、現在までに蓄積した豊富なノウハウを惜しみなく注ぎ込みつつ新たな要素を盛り込んだ、これからのF-bassを予感させる完成度の高いモデルです。




AC MODEL
●解説
 
高いテクニックと洗練されたフレージングで人気のベーシスト、アラン・キャロン氏とF-bass代表ジョージ・ファーラネット氏によって生み出された究極のフレットレス・モデルでございます。アラン・キャロン氏の音楽哲学を反映し、コントラバスやチェロ等のトーンとも比較される通常のフレットレス・ベースとは一線を画するアコースティックな響きを備えております。聴く者の琴線にふれる流れるような美しいトーンから"King of Fretless"とも呼ばれ、世界的に多くの賞賛を得ております。



BNF MODEL
●解説
 
F-bassのスタンダードなフレットレスとして位置づけられるこちらのモデルは、より正統的なJBフレットレス・トーンのニュアンスを持ちながらF-bassらしいクリアでナチュラルなサウンドを特徴としております。ACモデルにも通ずる快適な操作性と、BNモデルにも近い力強いしなやかなトーンは、よりオールマイティなフレットレスとして様々な場面でその実力を発揮してくれる事に間違いございません。



気になるF-bassの商品はコチラをクリックして下さい!
F-bass STOCK LIST!


F-bassをさらに深く理解する!
こちらのページもご覧下さい。
■F-bass工房レポート
■'06に行われてたイベントのレポートです。




お問い合わせ
ロックハウスイケベ池袋
03-3989-0069
rockhouse@ikebe.co.jp
担当/イダ
ベースコレクション
03-5428-5094
bass_collection@ikebe.co.jp
担当/オカザキ
秋葉原
03-3862-0069
revole_bass@ikebe.co.jp
担当/セキネ

copyright