• header-1
  • header-2
  • header-3
  • header-4
  • header-5

カナダのサスカトゥーンにて組み込まれている『Dingwall Designer Guitars』の楽器は、それぞれの弦に対して本来与えられるべきスケールに着目し、特にローB弦を採用した多弦ベースにおいてはまさに理想的ともいえる "Novax Fanned-fret System (ファン・フレット・システム)" なる画期的なデザインを採用し、代表の "Sheldon Dingwall (シェルドン・ディンウォール)" による独自のアイデアと秀逸なデザイン、最高の加工精度をもって進化させることにより、世界屈指のハイクオリティーなハンドメイドベースとして日本でも非常に高い評価を得ています。そのサウンドは、数多くの有名アーティストのレコーディングやライブに参加しているファーストコールベーシスト "Lee Sklar" をも唸らせ、彼のシグネイチャーモデルを製作している程です。
ファンドフレット以外にも質量の異なる同一材(または異種材)を低音弦側と高音弦側にバランス良く使用することでサウンドや重量を的確にコントロールしたり、スウィートスポットと呼ばれるブリッジよりの位置に ピックアップを配置することで全体のレンジが広く、クラシカルなミッドレンジにフォーカスしたサウンドを構築するなどベース界の新たな先駆者として人気を博しています。特に近年は国内での人気も一層高まっており、NG2のシグネイチャーアーティストである Adam "Nolly" Getgood が属する Periphery のようなDjent系プレイヤーの注目の的であることは間違いありません。

break-line
prima-artist
pa_small_1
pa_big_1

Prima Artist 6-string (Mapleburl)

pa_small_2
pa_big_2

Prima Artist 5-string (Redwoodburl)

pa_small_3
pa_big_3

Prima Artist 5-string (Quilt Maple)

pa_small_4
pa_big_4

Parima Artist 5-string (Bubinga)

pa_small_5
pa_big_5

Prima Artist 5-string (Buckeyeburl)

pa_small_6
pa_big_6

Prima Artist 5-string (Buckeyeburl)

pa_small_7
pa_big_7

Prima Artist 5-string (Walnut)

pa_small_8
pa_big_8

Prima Artist 5-string (Ziracote)

pa_small_9
pa_big_9

Prima Artist 6-string (Spalted Maple)

Prima Artist

最上グレードの木材をボディトップ、バックに配し、ボディコアをFigured WalnutとFigured Soft MapleによるDual Density構造にすることで、低音弦側のウォルナットによるローB、E弦の素晴らしいサスティーンと清澄でパンチのあるサウンドに加え、高音弦側のソフトメイプルによるG、D弦のクリスピーで歯切れの良い高域が心地良く出力されます。

【スケール】

B:37”, E:36.25”, A:35.5”, D:34.75”, G:34”, C:33.25”

【特徴】

  • 最上グレードの木材をボディトップ、バックに配し、ボディコアをFigured WalnutとFigured Soft MapleによるDual Density構造にすることで、低音源側のウォルナットによるローB、E弦の素晴らしいサスティーンと清澄でパンチのあるサウンドに加え、高音弦側のソフトメイプルによるG、D弦のクリスピーで歯切れの良い高域が心地良く出力されます。
  • ネックはエキゾチックウッドのラミネート、指版は自由に選択可能です。
  • ピックアップはPrima Artistを使用し、配置をPA1またはPA2から選択できます。
  • ※PA1はスタンダードなジャズベーススタイルの配置となり、音色も多くの方に聴き馴染みのあるジャズベースサウンドです。
  • ※PA2は二つのピックアップをスウィートスポットに並べて配置することで、スタンダードポジションよりもミッドレンジに狙いを定め、Musicman Stingrayのようなサウンドもカバーします。
  • Glockenklang 3-bandによるActive/Passive切り替えが可能なプリアンプを備えています。
lee-sklar-signature
l-s-s_small_1
l-s-s_big_1

LSS5 (Candy Bruberry)

l-s-s_small_2
l-s-s_big_2

LSS5 (Light Chrome Blue)

l-s-s_small_3
l-s-s_big_3

LSS5 (Candy Green)

l-s-s_small_4
l-s-s_big_4

LSS5 (Tangerine)

l-s-s_small_5
l-s-s_big_5

LSS5 (Candy Apple Red)

l-s-s_small_6
l-s-s_big_6

LSS5 (Dark Candy Green)

l-s-s_small_7
l-s-s_big_7

LSS5 (Dark Candy Purple)

l-s-s_small_8
l-s-s_big_8

LSS5 (Dark Candy Blueburst)

Leland Sklar

Leland Sklar

Dingwallは10年以上に渡り、Lee Sklarが最も信頼をおき、ツアーでのメインやレコーディングでの最重要機材として使用されてきたベースを作ってきました。そして、Lee Sklarと共同で彼の好きなホットロッド(クラシックカー)のカラーリングや、パワフルでクリアーなサウンドとウッドマテリアルを持つ究極のシグネチャーベースを製作しました。彼のベースを一言で表すとすれば「Stunning!(※気絶するほどに衝撃的の意味)」と言えるでしょう。

【スケール】

B:37”, E:36.25”, A:35.5”, D:34.75”, G:34”, C:33.25”

【特徴】

  • 低音弦側のノーザンアッシュと高音弦側のアルダーのDual Densityボディにより、音色に過不足が無く、しっかりとした広いレンジとサスティーンを確保しています。
  • Lee Sklarの好みに合わせてマンドリンサイズのフレットを使用する事で、さながらフレットレスベースのような驚く程にスムーズな感触と、プレイスタイルにもよりますが、5~10年近いフレット寿命を併せ持っています。
  • Super-Fattyピックアップはネオジウムマグネットとスチールポールピースによって構築され、クリアなローとは裏腹にノイズレスなトーンを持ち、高音弦には暖かみと太さを加えます。そのサウンドは自然なオーバードライブサウンドにも適しており、強めに弾いた際にはヴィンテージチューブアンプを繋いでいるかのような心地良いサウンドとなります。
  • Glockenklang 3-bandによるActive/Passive切り替えが可能なプリアンプを備えています。
z-series
z-s_small_1
z-s_big_1

Z1 5-string (Fiesta Red)

z-s_small_2
z-s_big_2

Z2 5-string (Crotch Walnut)

z-s_small_3
z-s_big_3

Z2 5-string (Buckeyeburl)

z-s_small_4
z-s_big_4

Z2 5-string (Quilted Maple Stormy Seas Custom Color)

z-s_small_5
z-s_big_5

Z2 5-string (Stormy Monday Blueburst)

z-s_small_6
z-s_big_6

Z2 5-string (Trans Red)

z-s_small_7
z-s_big_7

Z3 6-string (Quilt Maple Indigoburst)

z-s_small_8
z-s_big_8

Z3 5-string (Ferrari Yellow)

z-s_small_9
z-s_big_9

Z3 6-string (Quilted Bubinga)

z-s_small_10
z-s_big_10

Z3 6-string (Macassar Ebony)

z-s_small_11
z-s_big_11

Z3 FL 6-string (Walnutburl)

z-s_small_12
z-s_big_12

Z3 5-string (Buckeyeburl)

z-s_small_13
z-s_big_13

Z3 5-string (Maple Burlburst Faded Blackburst)

z-s_small_14
z-s_big_14

Z3 5-string (Purpleburst)

z-s_small_15
z-s_big_15

Z3 6-string (Maple Burlburst Faded Black)

z-s_small_16
z-s_big_16

Z3 5-string (Sonic Blueburst)

z-s_small_17
z-s_big_17

AfterburnerⅡ 5-string (Burlburst Maple-Faded Blue Jean Burst)

Z3 Pickup Sound Clip "FD3"
Z3 Pickup Sound Clip "Super Fatty"

Zシリーズのネックやボディ形状は人間工学に基づいて設計されています。"Z1"はトラディショナルなピックアップ配置により、様々なジャンルに対応しやすいクラシカルなトーンとパワーを併せ持ちます。"Z2"は二つのピックアップを並べて配置し、クラシカルなシングルハムバッカートーンを狙いながら、オリジナルよりも、高域と低域にさらに広いサウンドレンジを持たせています。"Z3"のピックアップはZ1とZ2の要素と直感的な操作が可能なスイッチにより、全てのジャンルを網羅できるように配置されています。

【スケール】

B:37”, E:36.25”, A:35.5”, D:34.75”, G:34”, C:33.25”

【特徴】

  • 異なる密度を持ったアッシュを低音弦側と高音弦側に使用したDual Densityボディにより、低域に必要なパワーやサスティーンと高域に必要な明瞭さを併せ持っています。
  • オプションでトップ材の選択が可能です。マッチングヘッドストック仕様。
  • スタンダードはFD3ピックアップですが、Super-Fattyも選択可能。また、ピックアップの数も2または3から選択することが出来ます。
  • スタンダードはパッシブですが、オプションで2または3バンドのプリアンプを搭載できます。
DBird
dbird_small_1
dbird_big_1

Dbird

dbird_small_2
dbird_big_2

Dbird

dbird_small_3
dbird_big_3

Dbird

dbird_small_4
dbird_big_4

Dbird

dbird_small_5
dbird_big_5

Dbird

D-Bird Wenge Neck (Ducati Matt Pearl White)

Dbridは、DingwallがThunderbirdを基にランボルギーニからインスピレーションを受けてリデザインした新しいモデルです。ペグを2:2配置にし、ストラップピンの位置を背面に移動するなどヘッド落ちを防ぎつつもその特徴的なデザインを崩さず、FDVピックアップによるサウンドバリエーションとファン・フレットシステムによるタイトな低音弦がかつてない強力なサウンドを生み出すことでしょう。

【スケール】

E:36.25”, A:35.5”, D:34.75”, G:34”

【特徴】

  • FDVピックアップを搭載し、2PU仕様と3PU仕様から選択可能。
  • 現時点で4弦タイプのみ。
  • スタンダードはメイプルネックですが、オプションでウェンジネックも選択可能。
  • スタンダードはマホガニーボディ、メイプルネック仕様。オプションでウェンジネックが選択可能

※新製品に付き上記情報は実際の商品と異なる場合もございますので、予めご了承下さい。

super-j-series
s-j-s_small_1
s-j-s_big_1

SJ5 (Candy Red)

s-j-s_small_2
s-j-s_big_2

SJ5 CE (Madroneburl)

s-j-s_small_3
s-j-s_big_3

SJ4 (Black)

s-j-s_small_4
s-j-s_big_4

SJ5 (Dark Candy Purple)

s-j-s_small_5
s-j-s_big_5

SJ5 CE (Flame Maple Vintage Burst)

s-j-s_small_6
s-j-s_big_6

SJ5 CE (Flame Redwood)

s-j-s_small_7
s-j-s_big_7

SJ5 CE (Quilted Bubinga)

芯のあるクリアなサウンドが、歯切れ良く、タイトに響きます。外観からはハイファイなサウンドが想像されますが、程よい"いなたさ"や"隙"を残している印象で、ラインナップ中JBトーンを充分に意識したモデルです。"Super J Standard"は、ピックガード、クロームコントロールパネルを持ったトラディショナルなデザインを持ち、"Super J Custom Exotic"は、Super Jを基にトップ材を配したカスタムモデルです。

【スケール】

B:35”, E:34.25”, A:33.5”, D:32.75”, G:32”

【特徴】

  • AlderまたはSwamp Ashに22フレットのパーフェロー指板、オプションで指板材の変更やトップ材を選択可能です。
  • オプションでピックアップの数をJスタイルの2または3から選択することが出来ます。PJ仕様も選択可能です。
  • スタンダードはパッシブですが、オプションで2バンドのプリアンプを搭載できます。
  • マッチングヘッドストックも選択可能。
super-p
s-p_small_1
/s-p_big_1

SP4 (Ferrari Yellow)

s-p_small_2
/s-p_big_2

SP4 (Sonic Blue)

s-p_small_3
/s-p_big_3

SP4 (Fiesta Red)

s-p_small_4
/s-p_big_4

SP4 (Surf Green)

s-p_small_5
/s-p_big_5

SP4 (Fiesta Red)

s-p_small_6
/s-p_big_6

SP4 (Pink Pearl)

s-p_small_7
/s-p_big_7

SP5 (Natural)

s-p_small_8
/s-p_big_8

SP5 (Vintageburst)

s-p_small_9
/s-p_big_9

SPJ5 (Lake Placid Blue)

s-p_small_10
/s-p_big_10

SPJ5 (Sonic Blueburst)

プレベならではのダイナミクス溢れるサウンド感を十分備えながら、ファンフレットによりプレイヤーサイドに寄り添う実用的な演奏性、トーンをも実現させるモデルです。そのサウンドは太く弾力感のある低音。多少すっきりとした印象こそありつつも、あくまでPBらしいバリンっとした太さや粘り、コシのあるニュアンスを備えており、軸がありつつもふくよかなトーンを奏でています。

【スケール】

B:35”, E:34.25”, A:33.5”, D:32.75”, G:32”

【特徴】

  • AlderまたはSwamp Ashに22フレットのパーフェロー指板、オプションで指板材の変更やトップ材を選択可能です。
  • ピックアップにはSuper Pを搭載。PJ仕様も選択可能です。
  • シンプルなヴォリュームとトーンのみのパッシブ仕様。
  • マッチングヘッドストックも選択可能。
afterburner-series
ab-s_small_1
ab-s_big_1

ABZ 4-string (Redburst)

ab-s_small_2
ab-s_big_2

ABZ 5-string (Blackburst)

ab-s_small_3
ab-s_big_3

ABZ 5-string (Midniteburst)

ab-s_small_4
ab-s_big_4

ABZ 6-string (Greenburst)

ab-s_small_5
ab-s_big_5

ABZ 6-string (Natural)

ab-s_small_6
ab-s_big_6

ABZ 6-string (Quilt Maple Trans Redburest)

ab-s_small_7
ab-s_big_7

AfterburnerⅠ5-string (Ferrari Green)

ab-s_small_8
ab-s_big_8

AfterburnerⅠ5-string (Ferrari Yellow)

ab-s_small_9
ab-s_big_9

AfterburnerⅠ6-string (Bleached Mapleburl Whalepoolburst)

ab-s_small_10
ab-s_big_10

AfterburnerⅠ6-string (Mapleburl Dallas Stars Green)

ab-s_small_11
ab-s_big_11

AfterburnerⅠ6-string (Mapleburl Charcoal burst)

ab-s_small_12
ab-s_big_12

AfterburnerⅠ6-string (Wenge)

ab-s_small_13
ab-s_big_13

AfterburnerⅡ5-string (Buckeyeburl)

ab-s_small_14
ab-s_big_14

AfterburnerⅡ5-string (Burlburst Maple-Faded Blue Jean Burst)

ab-s_small_15
ab-s_big_15

AfterburnerⅡ5-string (Candy Apple Red)

ab-s_small_16
ab-s_big_16

AfterburnerⅡ5-string (Ducati Matte White)

ab-s_small_17
ab-s_big_17

AfterburnerⅡ6-string (Burlburst Maple)

ab-s_small_18
ab-s_big_18

AfterburnerⅡ6-string (Macassar Ebony)

カナダメイドながらシンプルなスペックにより優れたコストパフォーマンスを持つアフターバーナーシリーズ。スタンダードスペックはトップ材なし(Afterburner IIはBubinga)、パッシブ仕様ですが、オプションで選択可能です。
・ABZ...スワンプアッシュを使用した軽量で明瞭な音像を持ったモデル。
・Afterburner I...ソリッドアルダーを使用した中域の粘りや暖かみを持ったモデル。
・Afterburner II...チェンバー構造のウォルナットボディにスクロールホールの開いたブビンガトップ仕様。

【スケール】

B:37”, E:36.25”, A:35.5”, D:34.75”, G:34”, C:33.25”

【特徴】

  • モデルごとに2Pc.のSwamp Ash、Alder、Walnutボディを採用。
  • 全てのモデルに対してオプションでトップ材を選択可能です。
  • ネック材は全てのモデルが共通でメイプルですが、指板はモデルによりメイプルまたはウェンジ。
  • ピックアップはFD-3 4Lを使用し、ピックアップの数を2または3から選択することが出来ます。
  • スタンダードはパッシブですが、オプションで2または3バンドのプリアンプを搭載できます。
FD3 Modify Pickup Shopping Page
combustion-ng2
c-ng2_small_1
c-ng2_big_1

Combustion 5-string (Natural)

c-ng2_small_2
c-ng2_big_2

Combustion 5-string (Transparent White)

c-ng2_small_3
c-ng2_big_3

Combustion 5-string (Vintageburst)

c-ng2_small_4
c-ng2_big_4

Combustion 5-string (White)

c-ng2_small_5
c-ng2_big_5

Combustion 5-string (Black)

c-ng2_small_6
c-ng2_big_6

Combustion 5-string (Blackburst)

c-ng2_small_7
c-ng2_big_7

NG2 (Ducati Matte Pearl White)

c-ng2_small_8
c-ng2_big_8

NG2 (Metalic Black)

c-ng2_small_9
c-ng2_big_9

NG2 (Ferrari Green)

c-ng2_small_10
c-ng2_big_10

NG2 (Ferrari Red)

c-ng2_small_11
c-ng2_big_11

NG2 (Lamborghini Matte Pearl Orange)

c-ng2_small_12
c-ng2_big_12

NG2 (Ferrari Yellow)

NG-2 Pickup Sound Clip "FDV"
NG-2 Pickup Sound Clip "Super Fatty 2"
Adam Nolly Getgood

Adam "Nolly" Getgood

北米で入手した木材を中国にて加工し、最終セットアップをカナダで行うことで、究極のコストパフォーマンスを持ったモデルが"Combustion"です。実際に試して頂くと想像以上のクオリティに驚くことでしょう。
Periphery のベーシスト Adam “Nolly”Getgood のシグネチャーモデルである"NG-2"は、Combustionシリーズを基にブリッジ寄りのスウィートスポットに配置した二つのピックアップによりミッドレンジにフォーカスし、Darkglass Tone Cupselプリアンプとの組み合わせにより歯切れの良いアタックと明瞭な音像、豊かなサスティーンを持たせています。

【スケール】

B:37”, E:36.25”, A:35.5”, D:34.75”, G:34”, C:33.25”

Combustion【特徴】

  • スタンダードは2~4Pc.のAlderボディですが、オプションでSwamp Ashも選択可能、平均重量は8.65lbs(約3.96kg)付近になるように調整されています。
  • 指板はローズウッドまたはメイプルから選択可能。
  • ピックアップはFD-3N、プリアンプにはEMG 3 Band。
  • Swamp Ashを使用する際にはサンバーストやシースルーホワイトのカラーが選択可能。

NG-2【特徴】

  • 2~4Pc.のAlderボディ。平均重量は3.96kg付近になるように調整されています。
  • 指板はメイプルのみ。
  • NG-2のみ選択可能なオリジナルカラーとマッチングヘッド仕様。
  • ピックアップはFD-3N、プリアンプにはDarkglass Tone Cupselを使用。
FD3 Modify Pickup Shopping Page
ng2-3x-modify
ng2-3x-modify_small_1
ng2-3x-modify_big_1

NG2 3x Modify.

ng2-3x-modify_small_2
ng2-3x-modify_big_2

NG2 3x Modify.

ng2-3x-modify_small_3
ng2-3x-modify_big_3

NG2 3x Modify.

ng2-3x-modify_small_4
ng2-3x-modify_big_4

NG2 3x Modify.

ng2-3x-modify_small_5
ng2-3x-modify_big_5

FD3 for NG-2/Combustion After Burner (4-strings & 5-strings)

Combustion、NG-2モデルに3つめのピックアップを搭載する(3X仕様)モディファイ用ピックアップが発売となりました。こちらを搭載し、ピックアップセレクターと組み合わせることで、Z3と同様(シリーズ/パラレルの選択次第では異なる)サウンドを構築することは出来ます。

<モディファイにあたってのご注意>

  • 掲載画像はサンプルです。
  • ピックアップの入荷数は極小となりますので、2~3ヶ月程度納期を頂く場合も御座います。
  • Afterburnerモデルへ搭載する場合には本体のザグリ加工が必要となりますのでご注意下さい。
  • NG-2モデルとCombustionモデルへ搭載する場合には、本体のザグリ加工とピックガードの加工が必要となりますので注意下さい。
  • ザグリ加工後は戻すことが出来ませんのでお気をつけ下さい。
FD3 Modify Pickup Shopping Page
break-line
break-line
Sheldon Dingwall
CEO FullName / Sheldon Dingwall

1986年から3年ほど、卓越した楽器製作と金属加工技術を持ったAlfred Wilsonの元で修行するところから、Sheldon Dingwallのキャリアはスタートします。

1988年に楽器店のプライベートブランドとして始まった“Dingwall Designer Guitars”は、アメリカや香港の楽器メーカーのネックやボディ製作や、他のカスタム工房がそうであるようにリペアが初期の主な仕事でした。1988年から1995年まで、6000本を超える楽器を修理した履歴が残っており、この期間に得た経験は、Sheldonの『安定したクオリティを持ち、メンテナンスフリーな楽器を製作する』という目標にとって、大きなフィードバックとなっています。

工房を設立して程なく、彼の下に多弦ベースの製作依頼が舞い込むようになりましたが、このころは5弦ベースですら、色物と見られていた時期であり、それらの多くは、今日でも依然とした課題である、テンションとトーンに問題を抱えていました。Sheldonは、その問題の解決方法をピアノの構造に求め、様々な試行錯誤の中から、最適なスケールというものを導きだすという方法論を編み出すことに成功しました(彼は、これを”Speaking Length”と呼んでいます)。しかし、このアイディアの応用を試みたものの、結果としては、単に誰にとっても弾きにくい楽器しか産まれず、この革新的なアイディアは一旦は引き出しにしまわれる事となりました。

1992年のNAMMで、Fanned-Fret Systemの開発者であるRalph Novaxに出会った瞬間に、Sheldonは「これこそ自分が求めているものに他ならない」と、その場で採用する事を決意します。クリアーな低域、パンチのある高音弦、そして別次元の弾きやすさとバランスの良さ等、全てを兼ね備えている楽器製作の為の概念がそこにはありました。Dingwall初のFanned-Fret Systemを搭載したVoodoo Bassは、当初ヘッドレスデザインのNeck-thruとして製作されましたが、僅かな時を経て、現在のようなデザインを持ったBolt-onの楽器へと変更され、翌年のNAMMを契機とし、かつて無いほどの驚きと賞賛をもって北米の市場に受け入れられる事となります。1994年のNAMMにおいて、Novaxとブースをシェアしますが、この時にSheldonは、Dingwallの重要なアドバイザー/エンドーサーであるLee Sklarに出会う事となります。一方、ドイツ人プロデューサーのHolger MunchによってMusic Messeを介してヨーロッパ市場に紹介されたDingwallは、北米市場以上に好意をもって受け入れられ、1996年までに製作された楽器は同時にヨーロッパ市場にも数多く流通することとなりました。

1996年は色々な意味でDingwallの転機となります。2月に工房を移転し、Bass Player誌による、現在でも語り継がれている、5弦ベースばかりを50本弾き比べした企画では、”The B-string sounds like the voice of God!(Low-Bのサウンドは神の声そのもの!)”と評されるなど、他の追随を許さない素晴らしさと、個性を兼ね備えるものとして位置づけられましたが、同年10月には、火災によって工房が全焼するという悪夢にも見舞われます。14ヶ月後、Glenn MacdougallとByron Olsenの尽力によって工房を再建したSheldonは、あらたにCAD(Computer Aided Design)を導入した新しい楽器製作方法を導入し、これにより製作精度を飛躍的に向上させることに成功します(この頃(1998年)、1ピックアップの楽器にSheldon流の解釈を加えたZ2が正規モデルに加わります)。

2000年に入り、現在でもDingwallのユニークな特徴の1つである、マグネットによるバッテリーカバーを導入すると同時に、After Burner Seriesをリリースし、同年のNAMMでは、その初日だけで展示した全ての楽器を売り切るという快挙を成し遂げました。2001年には新たにCNCを導入します。このCNCによる精度の高さと、腕のある職人の手の融合は、現在のハイエンド楽器製作方法の主流の1つではありますが、この方法論を早くから導入し、成功に導いた工房がDingwallです。2002年には、新たにフラッグシップとしてPrima Artist Seriesを世に送りだします。このCNCの限界に挑戦したモデルは、依然として職人の経験と勘が、その成功の源流にあってこそ完成される楽器であり、この手法の最高傑作と評されています。また同年、Z SeriesとAfter Burner Iの中間的な位置づけのモデルとしてAfter Burner IIをラインに加えます。この頃Sheldonは、音の心臓部を自らの手で完璧にコントロールすべく、新しいオリジナルピックアップの開発にも着手し、FD Seriesを生み出して以降、OEMで多数のピックアップを製作しています。

多方面で非常に高い評価を得て、革新的ながら完成されたJazz Bass Styleの楽器として評価されているSuper Jは、2005年に登場します。Sheldonは、このモデルを製作するにあたり、従来のDingwallが採用している通常のFanned-Fretのスケールとは異なる、J Styleの楽器に最適なスケールを、念入りなリサーチと”逆算”によって決定します。伝統的なJazz Bass Styleのボディデザインの維持と、革新的なSheldonのアイディアの融合は困難を伴いましたが、彼の類い稀なる努力と強い意志によって、見事としか言いようの無い形で、Super JはそれまでのJazz Bass Styleの楽器が持つ欠点のほぼ全てを解消した楽器となりました。

Super Jは、Fanned-Fret Systemをより現実的かつ具体性のあるものにする為、100近くものアイディアの中から選ばれた美しいヘッドストックと体にフィットするボディデザイン、普通のJazz Bass Styleの楽器を弾いているプレイヤーが容易にスイッチできるフィンガリングを可能にした指板、音楽的なサスティーンの短さと力強さのあるG弦、透明感とVintageの楽器に迫るリアリティ、そしてサスティーンの長い低域等、必要とされる要素の全てを備えた別格の楽器となっています。2006年から2008年までは、それまでのラインのマイナーチェンジをはかりつつ、あらたにZ3 Series、そして待望のSuper J5をリリースすることとなりました。

そして、2010年には、初のSignature Modelとして盟友Lee SklarのLSSを発売します。安定感があり、どのような音楽や場面でも常に同じように全てのプレイヤーが、軽量で、その音楽性や技量を余す事無く発揮できる楽器を製作するというものが“Dingwall Designer Guitars”のコンセプトであり、その為に現状にとどまらず、挑戦し続ける姿勢に満ちあふれているのが『Dingwall』です。

break-line

掲載商品に関するお問い合わせ

ベースステーションリボレ秋葉原

03-3862-0069

revole_bass@ikebe.co.jp

ロックハウスイケベ池袋

03-3989-0069

rockhouse@ikebe.co.jp

ベースコレクション

03-5428-5094

bass_collection@ikebe.co.jp

プレミアムベース

06-6253-0061

pb@ikebe.co.jp