文:峯田 斉
協力:トーラス・コーポレーション

コリングスの、あのヘッドシェイプが好きです。

なぜなら、あの鋭角にピシッとエッジの立った造形からコリングスの職人魂が感じられるからです。このルックスを維持する為には、木材の削り出しから荒削りされた材を丹念に磨きあげ、確かな形に仕上がるまで、ひとときたりとも気が抜けないであろうことは想像に難くありません。

更に、これほど鋭いエッジ部であれば、磨き上げながら仕上げていく過程で塗装を落としてしまうリスクも高く、あれほど薄くした塗装面で、しかも平滑度の高い鏡面で仕上げる技術の高さには本当に感心させられるばかりです。

 不思議に思う事がひとつあります。

今では工場の規模も拡張し、それなりの生産本数を持ちながら、現在仕上がってくるコリングスの楽器達にも、このクォリティの高さが維持されているという事です。もちろん現代のギター工場では新しい技術を用いた工作機械も導入されているのでしょうが、あの造りの良さ、そして響きの良さにはコリングスを制作する職人達の心意気を感じずにはいられません。

 そこで、実際にコリングスを制作する現場を調べ、そのクォリティの高さの秘密に迫ってみたいと思います。

一本へのこだわり

 コリングスのこだわり。それは「製作する楽器の一本一本に責任を持っている」と言う事ではないでしょうか。量産品と高級品を明確に分ける事は難しいのですが、コリングスはやはり高級ギターと呼べる手法で楽器を製作していると思います。
それは何故?と問われると、基本となるオーダーシートに沿って一本ずつ製作する手法をとっているからです。
人気の高いD2Hなどのモデルを作る場合でも、同じネックやボディをいっぺんに造り、それらを組み合わせるような事はせず、オーダーシートに沿ってそのスペックに最適な木材を選定、そのオーダーシートに対応した一本のみを造っていく手法です。
オーダーシートが完成した時点で既にシリアルは決定しており、セットされるボディとネックは予め決められてシリアル管理され、オーダーシートのスペックで最適な一本が仕上がるように造られているのです。
最後の梱包前の完成品にもオーダーシートが付いており、やはり作業工程の最初から最後まで、このオーダーシートが付いて回っているのです。

 木材を用いて制作する楽器だからこそ発生してしまう個体差を、高いレベルを維持しながらも少なくする、そんな強い意思がこれらオーダーシートに込められているのでしょう。
大量にストックされた上質な木材の中からオーダーシートのボディサイズやウッドマテリアルなどのスペックに最適な材密度の木材を選び、ネックやボディを製作していきます。コリングスの工場内でも、特に木材に精通したベテランの職人・ブルース氏の木材選定能力は高く、木材の密度や重さ、木目の通り方などから最適な材を選定していきます。トップ材は、一枚一枚が異なる個性を有しているため、完成時に最高の響きが得られるよう、その材が持つ響きやしなりを確認しながら少しずつ削り、最適な厚さに仕上げていきます。
このように完成時のサウンドを想定して制作する手法は、ある意味、個人工房のそれに通じるものがあると思います。


繊細な木材管理
 大量にストックされた木材はコリングス工場に到着した時点で細かく選別されます。
ネック材によく用いられるマホガニーやトップ材のスプルースなど様々な種類の木材は、木材の種類や材密度によって細かくグレーディングされていきます。
グレーディングされた後、工場で加工される前の最低3カ月以上の間は、華氏72度(約摂氏22度)湿度48%で保たれた工場内で保管され、この環境に木材を慣らしていきます。そして、これらの木材の中から、オーダーシートのボディサイズやウッドマテリアルなどのスペックに最適な材密度の木材を選び、ギターを製作していきます。木材の特性を見極めて製作する手法をとっている以上、このような管理が必要不可欠となります。

 マホガニーのネック材などは、強靭で目の詰まった良質な材を選別しても、同じように見えて重さにばらつきがあります。大柄なドレッドノートなどと小柄なサイズのモデルでは当然、選別の基準も変わります。またボディに用いられる材でも、この様に選別された材の中から更に厚みなどを調整、トップ材などでは全体を均一の厚さに仕上げるのではなく、外周にそって軽くテーパーをつけて薄く削っていきます。トップ材の中心部よりも外側が薄くなる事で、より良い響きと剛性が得られる構造に仕上げているのです。一枚ずつ木材の特性を見極めながら仕上げていくこのような手法では、本当に「職人の勘」が製品の出来を左右する世界です。これもコリングスサウンドの秘密の一部とも言えるのではないでしょうか。

 

グレーディングされた大量の木材。
熟練の職人たちの手によって楽器としての生命が吹き込まれます。


サウンドの”肝”の部分は人の手で。

 

コリングスは工場の規模を拡大し職人も増えましたが、造り方の手法は変わっておりません。
まとめて大量に作ることはせず、相変わらず一本一本を大切に仕上げています。工場全体の生産本数も増えたとは言え、アコースティックギターの他にマンドリンやアーチトップギター、最近ではエレキギターやウクレレまで生産しており、実際にはアコースティックギター自体の生産本数はそれほど増えていないのです。

作業風景を見渡しても、CNCルーターやUV塗装ブースなどが「最新の」と言えそうな機械ですが、この辺りは現在、他の工場でもよく見かける機械で、個人クラスの小さな工房でさえ導入している所もあるぐらいです。コリングスでは手作業で行うよりも高い精度で効率良く作業できる部分ではこのような新しいマシーンを取り入れておりますが、最終的に細かな調整等は職人の手で行われております。その他の機械も、ボディサイドを曲げる機械は昔ながらのスタイルですし、ジョイント部を加工する際には「機械」と言うより「冶具」と言ったほうが近い物を用いたりしております。

ネックを荒削りする際のテンプレートやボディを制作する際の型など、他メーカーの工場でもよく見る、製作現場に詳しい方にはお馴染みの冶具などで、「最新の」と言うには程遠い長閑な雰囲気を醸し出しております。一本一本をこだわって制作するためには、人の手で感じながら造り上げる、この手法が似合っているのかもしれません。


美しい仕上がりの塗装
 コリングスの塗装の美しさ、そして質感の高さはギターを手にした時、即座にご理解いただけることでしょう。非常に薄いフィニッシュでありながら平滑度の高い仕上げはスムーズな手触りが有り、造り込みの良さを感じさせてくれる要因にもなっております。この仕上がり、この感触を得る為には、かなり手間ひまを掛けた作業が必要となります。まずは塗装以前の木部の仕上げから入念におこなう事が大事で、木部を丹念に、滑らかな手触りになるように磨き上げ、そして木材の導管を埋めるように施されたアンダーコートを塗り込んだ後にまた磨き、更に塗装を吹いては磨き、また吹いては磨きと、この様な作業を続けて薄い塗装面を造り上げ、バフを掛けてピカピカに仕上げます。この磨きやバフ掛けでは、塗装が薄ければ薄いほど、本来必要とする塗装面を剥がし落としてしまうリスクが高く、まさに熟練の技が必要な作業となります。
  この薄い塗装でありながらも塗装面の寿命を長持ちさせ、さらにギターらしい風合いを保つ為に、コリングスではUV塗装とラッカー塗装を上手く組み合わせて使っております。堅牢で薄く仕上げる事が可能なUV塗装をシーラー代わりに用い、その後に吹かれるラッカーが木目に染み込んで目痩せしないようにしております。この手法により、手間は増えるのですがオールラッカーの塗装よりも薄く仕上げる事が可能で、トータルでも約6ミル(6/1000インチ)と驚異的な薄さに仕上がっております。しかもラッカーらしいアンティークな風合いを持ちつつ、目痩せやウェザーチェックなどの塗装クラックもオールラッカーより起こり辛くなっております。

考えぬかれたネックジョイント

 

 コリングスのネックジョイント部はボルトジョイントされており、この構造に興味を持っている方も多いと思います。この部分がわかり易く見える見本がコリングスの工場にありました。この画像を見ていくとコリングスのボルトジョイントの構造が解り易いと思います。
このジョイント部を見ると、ネック側もボディ側もかなりタイトに、そして正確に造られているのが見てとれます。2本のボルトが通る辺りなど、かなり正確な造り込みが必要になります。そしてこのボルトを止めるワッシャーも考えぬかれた構造を持っており、通常の平たいワッシャーの他に、お椀状になったワッシャーを2枚、貝殻を合わせる様に組み合わせて常にテンションを掛け、ボルトを固定するナットが緩まない構造になっております。シンプルでは有りますが、良く考えられており、これによって強固なジョイント部を形成しているのだと思います。

 ネックのジョイント部は塗装前に精密に加工されますが、冶具に取付けて加工されます。この時点でかなり正確な形状まで加工されておりますが、塗装後に最終的なくみ込みの時には、更に微調整され、挿し角などネックセットの状態にずれはないかを慎重に見極めながら組み合わせていきます。
コリングスの職人による切削技術の高さから、ジョイント部のネック側の凸部とボディ側の凹部は密着度が高く、更にこの強固で緩みのないボルトでジョイントされており、しかもメンテナンスの際には従来のジョイントよりも圧倒的に手間の掛からない、優れた構造であると思います。 
アコースティックギターの伝統的なダブテイル・ジョイントとは異なり、ボルトを用いたジョイントということで、ネガティブなイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、このジョイントの正否は何よりもコリングスギターのサウンドが雄弁に物語っているのではないでしょうか。






ハートマンギターズ
(アコギ&ウクレレ専門店)

〒150-0031東京都渋谷区桜丘町2-3 
富士商事ビル1F-2F

TEL/03-6415-4169

■e-mail:heartman-aco@ikebe.co.jp
店舗詳細ページ


| コリングスページに戻る |


copyright