マーシャルから新しく登場したブティックアンプ『ASTORIA』

サウンドや機能、そしてモデルにより、どのような違いがあるのか、疑問をお持ちのお客様も多いかと思います。進化を遂げたMarshall NEWモデルをご紹介いたします。
濁りのない開放的なクリーントーンから耳に心地良いサチュレーションした歪みまで、貴方のギターサウンドをピュアに表現します。
各モデルの試奏動画もご用意しておりますので、ご参考いただければ幸いです。 新しいMarshallサウンドを、是非ご体験ください。

ASTORIAシリーズについて

アストリアシリーズは、濁りのない開放的なクリーントーンから、耳に心地いいサチュレーションした歪みまで、アンプの音がピュアに出てくる、そんなアンプです。
玄人好みのハンドワイヤードで組み上げられたアストリアは、まさに現代のニーズと生々しい真空管トーンに拘る熱狂的なギタリストの為のアンプなのです。
本シリーズのうち、カスタムとデュアルはフットスイッチが付属。
エフェクトループの切り替えは両モデルのフットスイッチに共通で、ブーストスイッチはカスタムに、チャンネル切り替えはデュアルに存在します。 本体にあるパワーリダクション機能は3モデル共通です。

回路構成について

プリント基板とハンドワイヤリングが共存する革新的設計を採用。
特質すべきは、全てのアストリアのトーン回路は、音のクオリティと特徴にこだわってポイントtoポイントでハンドワイヤードされています

さらに、心臓部である真空管はECC83(12AX7)をプリ管に、GZ34を整流管に、KT66をパワー管に使用し、ネガティブフィードバック回路はパワー部ではなくプリ部で採用。
パワー部はカスケードバイアスしています。
加えて、アウトプットとメイントランスはアストリアのために特別に設計されており、ポットも効果的に機能するよう特別なものが使われています。
他に、インプットジャックにハイとローがあり、ハイインプットは多くのビンテージアンプの特徴である6dB高感度仕様となっています。これらの拘りを実現する為、3種のアストリアすべてがイングランドにあるマーシャルの工場でハイレベルの製品基準で、熟練したスタッフによりデザインされ設計され組立てられます。

外観について

アストリアシリーズはこれまでのマーシャルと異なる“ブティック”感のあるユニークな外観です。 本シリーズのコンボは、ビンテージアンプ同様にコントロールパネルが上面にあり、ヘッドアンプはフロントパネルがレターボックスのようなビンテージスタイルのデザインです。
アストリアのフロントパネルはアルミのヘアライン仕様でスイッチもインジケーターランプもスタイリッシュにしました。
60年代のごくわずかな期間にだけ使われた‘oxblood’と呼ばれるブロックロゴを各モデルのカラーに合わせてビンテージスタイルで‘Plexiglas’を使用し再現しました。
アストリアは、クラシックはグリーン、カスタムはレッド、デュアルはブルー、という絶妙な色彩のカラーを身に纏っています。

ASTRIA CLASSIC

ASTORIA CLASSICは、クリーントーンや生々しい真空管トーンに拘るプレイヤーや、エフェクターで音作りをするプレイヤーに向いた、完全にピュアなサウンド指向となっています。
“POWER REDUCTION”スイッチは、引くことで出力を30Wから5Wへ下げることができ、温かみのあるサウンドにすることが出来ます。
“SENSITIVITY”コントロールは、プリ部に採用されたネガティブフィードバック回路により、パワー部を変化させずにプリ部のボリュームを増減できます。これは“SENSITIVITY”レベルがどの位置であろうとトーンの質が変わらないことを意味しています。
"EDGE"コントロールは、パワー部の機能で、フェイズスプリッターとパワー管の間で高周波をカットする役割を果たし、一般的なプレゼンスコントロールと同様の効果があり、アンプのサウンド全体の明暗をコントロールします。なお、マスターボリュームレベルを上げると、エッジの効果はより顕著になります。

Marshall ASTRIA AST1C
▼Check The Movie▼
Marshall ASTRIA AST1H
Marshall ASTORIA AST1-112
ASTRIA CUSTOM

ASTORIA CUSTOMは、ブーストスイッチやトゥルーバイパス仕様のエフェクトループのような現代の便利な機能を持ったビンテージアンプを探しているユーザーに適したアンプです。
”BODY”スイッチは、引くことで120Hzから下の範囲での 8dBブーストし、サウンドに「Girth(モダンなハイゲイン)」を加えます。
“BOOST”スイッチをオンにすると、ソロに適した20dBゲインアップしたサウンドになります。
“BRIGHTNESS”スイッチを引くと4kHz以上の帯域を6dB増加させ、あなたのサウンドをよりブライトにしてくれます。
“POWER REDUCTION”スイッチは、引くことで出力を30Wから5Wへ下げることができ、温かみのあるサウンドにすることが出来ます。
“EDGE”コントロールは、パワー部の機能で、フェイズスプリッターとパワー管の間で高周波をカットする役割を果たし、一般的なプレゼンスコントロールと同様の効果があり、アンプのサウンド全体の明暗をコントロールします。なお、マスターボリュームレベルを上げると、エッヂの効果はより顕著になります。
ASTORIA CUSTOMはエフェクトループを装備し、つまみでレベルコントロールすることで外部FXのレベルとアンプのレベルのバランスを調整できます。付属のフットスイッチでオンオフの切り替えも可能です。また、このエフェクトループは、トゥルーバイパスで、有効にしていない時はトーンに影響を与えません。

Marshall ASTRIA AST2C
▼Check The Movie▼
Marshall ASTRIA AST2H
Marshall ASTORIA AST2-112
ASTORIA DUAL

ASTORIA DUALは、ビンテージクリーンから、心地よいオーバードライブ、ハイゲインディストーションまでを2チャンネル設定することで鳴らすことができるようにしました。さらにフットスイッチには、エフェクトループスイッチとチャンネル切り替えスイッチを備え柔軟なパフォーマンスを可能としています。
”BODY”スイッチは、引くことで120Hzから下の範囲での 8dBブーストし、サウンドに「Girth(モダンなハイゲイン)」を加えます。
"EDGE"コントロールは、パワー部の機能で、フェイズスプリッターとパワー管の間で高周波をカットする役割を果たし、一般的なプレゼンスコントロールと同様の効果があり、アンプのサウンド全体の明暗をコントロールします。なお、マスターボリュームレベルを上げると、エッヂの効果はより顕著になります。
"POWER REDUCTION"スイッチは、引くことで出力を30Wから5Wへ下げることができ、温かみのあるサウンドにすることが出来ます。
ASTORIA DUALはエフェクトループを装備し、つまみでレベルコントロールすることで外部FXのレベルとアンプのレベルのバランスを調整できます。付属のフットスイッチでオンオフの切り替えも可能です。また、このエフェクトループは、トゥルーバイパスで、有効にしていない時はトーンに影響を与えません。

Marshall ASTORIA AST3C
▼Check The Movie▼
Marshall ASTORIA AST3H
Marshall ASTORIA AST3-112

◆店舗情報◆

アンプステーション

TEL : 03-5459-6550

E-mail : amp_station@ikebe.co.jp

店舗詳細ページ>>