小松崎です。
さぁ今回の『第一印象~』、フェンダープリCBS期の1964年製ストラト、左利き仕様ですよ!
でも、よーくご覧ください。

あれっ、これはまさか右利きセッティングでは…??


Fender
Stratocaster ’64 Lefty SB/R ¥ASK




そうなんです。
ストラップピンの位置と弦・ナット・ブリッジのセッティングでお分かりの通り、現在は右利き用でセッティングされているのです。
誰もが試したいと思ったことがあるでしょうストラトの左利き→右利き仕様変更。

なんと1964年製のヴィンテージストラトで実現してしまいました!

マルチレイヤ-マルチレイヤ-

1964年製、左利き仕様となります。
非常にレアなプリCBS期ストラトのレフティ仕様ですよ。
しかもこれまたレアなトートイズシェルピックガード仕様の1本です。
かつてプレイヤー誌のVintage Guitar Fileにて紹介されたこともある個体です


ブラックライトにて配線部の反応をチェック ブラックライトにて配線部の反応をチェック ブラックライトにて配線部の反応をチェック
ヘッド正面にはレフティ仕様独特のジグ跡が確認できます。ペグは1ラインのクルーソン。ネックデイトは「2 MAR 64 B」、指板側に逆さにデイティングが入っているのが面白いところです。

ナットは右利き仕様に交換済みとなります。フレットは弊社WSRにてボールエッジ処理された使いやすいものに交換されております。

(ボールエッジ処理の詳細はWSRブログ http://ikebe.lekumo.biz/wsr/2010/10/ を是非ご覧下さい)

ネック

当時のカスタムオーダーものらしい、トートイズシェル(べっ甲)柄ピックガード搭載で非常にレア度が高いですね。
電装系はPOTが2つ交換され、残り1つのデイティングは1964年22週目となります。

ピックアップはブラックボビンのデイト入り、「AY APR 23 ’64」(フロント)「IP APR 23 ’64」(センター、リア)となります。その他ストラップピン(もちろん右利き用)、ブリッジサドルのイモねじが交換済みとなります。



Fender Precision Bass ’69 Multi Layer BLK/R

Fender Precision Bass ’69 Multi Layer BLK/R

本来レフティ仕様ですので右で構えるとリバースヘッドとなり、低音弦側に強いテンション、高音弦側が緩やかなテンションのセッティングとなります。それにより太くハリのある低中音域と艶やかな高音域という独特のトーンをお楽しみいただけます。
これがまた独特で心地よいトーンなので、魅了されてしまう方も多いことでしょう。

 

いかがでしたか。
とてもダイナミックな仕様変更が魅力的なギターですね。
他では味わえない素晴らしいサウンド!ヴィンテージギターの楽しさが数多く詰まった1本です。

みなさまの楽器選びの参考にしていただければ幸いでございます。